cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

期待値が高すぎたか・・・

サッカー残念でしたねぇ。
以前も書いたけれどcocoは興味なし!luluもそこまでファンではない
けれど、友人宅に集まりに行きたかった様子。ただ、日曜だし、
翌日は早起きなので断念して観戦仲間としては最もつまらないcoco
と一緒にTVを観てました。
面白いのは負けた瞬間にあちこちから聞こえるTVがさっと消された
事。ポルトガル系の人があちこちで騒いでいた事。この落差が激し
かったのが非常に印象的。大通りでは結構遅くまでクラクションが
聞こえていたけれど(多分ポルトガルサポーター)この程度で済んだ
のは良かった。。多分仏チームが優勝してたらお祭り騒ぎは比じゃ
なかったと思われます。。

さて、そんな日曜はものすっごい手抜きご飯をしちゃいました。
と言うより結果そうなっただけなのだけれど。
これこれ
114 001

以前、ラヴィオリの裏側みたいな食のドキュメンタリーを見て以来
まんまと戦略に乗ったcoco。ずっとこれが食べたくて食べたくて
しょうがなかった。(実際にはトルテリーニと言うらしいけれど)
そもそもフランスにはこういう詰め物パスタが冷蔵庫コーナーで
どーんと大量に売られています。メーカーが違うやら詰め物の
中身が違うやらもう色んな種類アリです。
以前から気になっていたものの実は“本物”さえも食べた事が
ない、、と思います。記憶無し。そんな中選んだコレ。
番組によると詰め物が粗悪、何物か分からないお肉を使ったもの
などなどとキロ単価の違いってやっぱりあるものだ、、という風な
ご紹介。
そこで出てきた“わが社の製品は!!”と自慢していたこれが
本当に美味しそうで♡ 材料はこんな物を使ってますよーと証明
ラベルを見せられたり。
そしてとうとう先日購入してしまいました。
このままバターで和えるだけでも良いようですが、トマトを大量に
購入したのでソースぐらいは、と手作りで。
114 002

口に入れると“ジューシーでうまぁぁい♡”という感想だろうと期待
しつつパクっ

パサパサ・・・・
生地も美味しくない。。。ハムの味なんて全然しないし、鳥ささ身を
パテにして詰めただけという感じ。残念そのもの。
結局工場生産品とはこういうものだわね、と思い知った夜でした。。
久しぶりにTVに踊らされてバカを見た。


スポンサーサイト
【2016/07/11 21:05】 | おうちごはん-洋 | コメント(2)

初めてのコロッケ

DSC05488-1.jpg

先日、人生初のコロッケなるものを作ってみました!
日本でもluluと一緒に食べたことが無い。
lulu曰く、そんなに好きじゃないとの事。
へ~、揚げ物も好きだし、ポテトは大好きなはずなのでなぜ??
まぁ、偏食の不思議は色々あるので深く追求しても無駄。
実はcoco自身もそんなにコロッケファンではない。なんせ芋。
ご飯のおかずとしてはボリュームありすぎで淡白すぎる。

なのに、なぜかとってもとっても食べたくなったのですよ、
ポテトコロッケ。
そんなわけで作ってみました。
よく“爆発したー”なんて聞くのでドキドキしながら慎重に。

cocoが読んだコツとやらは暖かいうちに形成し、しっかり冷やし
てから揚げると良いとの事で忠実に。

意外と手順も簡単で爆発もせず上手に揚がりました
炭水化物&炭水化物がご法度な我が家ですからこの日はコロッケ
が主食兼メイン。

cocoは大満足で頂きましたがluluはと言いますと。。。
もちろん美味しいけれど特にファンではないかなぁと微妙そう。
しかも言うには
“コレ食べるならアシ・パルマンティエの方が美味しいし健康的”
だって!!!! は?健康的??ポテトフリットLoveの君から
その言葉を聴くとは思わなかった
しかもおかわりしておいてよく言うよ!

フランスお住まいの方はご存知と思いますがアシ・パルマンティエ
とはこんなもの(ネットよりお写真拝借)
hachis-parmentier.jpg

玉ねぎ等と炒めた挽肉にマッシュポテトを乗っけてオーブンで
焼いただけの簡単ながらも仏人のソウルフード。
確かに油で揚げないし意外とヘルシー(食べ過ぎなければ)

そんな訳でレシピ通り多目に作り残った分はcocoのお昼に。
コロッケサンドにでもしちゃおうーっと。


【2016/04/26 23:22】 | おうちごはん-洋 | コメント(2)

もちもちの手打ちパスタ

2129 002

最近立て続けにミートソース系の記事を目にしていた為、ずっと
作りたい作りたいと思ってやっと煮込んだソース。
1晩寝かせて翌日にはお友達から伝授された手打ちパスタで♡

かなり薄く薄くのばしたはずが茹でるとかなり太くなってしまった
ため、luluには不評
ラザニアなら良かったのにと言われる始末。
まだ初回ですから2度目はきっと、、、と言うとパスタはもともと
乾麺の方が好きと言われた。厳しい・・・
しかし、実は教えてもらったのは小麦粉で作るのだけれど、
手持ちがちょっと足りなくて半量をT65(中力粉)で作ったのが
失敗のもとじゃないかと思う。

今度は一人こっそりお試しして絶対リベンジしてやる!
うどんはあんなに手打ちを好いてくれてるのになぁ
【2016/04/13 21:06】 | おうちごはん-洋 | コメント(2)

にんにく

2310 002

昨夜は遅い時間に帰宅。
暖かいとも言えないけれど寒くも無い不思議な夜でした。
お友達が近所でとっても美味しいタイビストロを見つけたから
行こう行こうと。総勢8人で予約を入れて行ってきました。
(写真はありませーん)
http://www.parisfood.fr/lechappee-bistrot-thai/

coco達の予約は20時半。もう店内は一杯の人で食べ終わって
出て行く人も。2回転ぐらいしてて大繁盛。
店員さんもとーっても気さくで親切。お料理も文句なし!
cocoは前菜に魚介のレモングラススープ
メインにエビのココナッツグリーンカレー。
luluはチキンの串焼きサテソース
メインに牛肉のバジル&コショウ炒め。
他の人が食べてる前菜のサラダやメインもちょっとずつ味見
させてもらったけれどどれも本当に美味しい!
また行きたいけれど我が家からは結構遠い・・・
(お近くの方オススメ致します)
デザートはお値段の割りに普通かな・・・という感じだけれど
cocoは外ではあまりデザート食べないのでここはポイント外。
近所の友人宅に上がりこんで食後酒とお喋りを楽しみ、電車が
無くなってからの帰宅。
暖かくなるこれから、ますます外出が増えそうですね。

さて、そんな翌日。
数日前からちょっと怪しいな、という感じだったのだけれど益々
風邪っぽくなってきたlulu。
本格的にこじらせる前にこりゃガッツリとにんにくを食べておか
ないと!!
上の写真がそれ。
メインは鶏肉とポテトのアヒーリョ。スペインのお料理(風)で
これでもか!のにんにく。
オーブンで1時間じっくり焼いたトマト。こちらもにんにくスライス
を乗せてあります。

オーブンを1時間フル稼働させるとあって本当は揚げ焼きにする
ポテトを一緒にオーブンでロースト。隙間にその他の野菜を詰めて
それらも一緒に。じっくり低温で焼き上げた野菜はびっくりする位
甘くて美味しく仕上がりました。
はじめに"トマトにバジルを乗せるならモッツァレラも乗せようよ"
とぐずぐず言ったluluですがどれも美味しいとペロリと完食してくれ
ました。本当はトマトあんまり好きじゃないのだけれど調理法によ
っては好んで食べてくれます。

明日は誰にも会う予定もないしにんにく臭も気にせず楽しめた
夕食でした


【2016/03/26 23:25】 | おうちごはん-洋 | コメント(0)

手作り推奨派

2124 001

お肉屋さんでひき肉を買ったらお願いした重さよりちょっと多めに
挽いてしまった様で中途半端な量に。
少量なのでミートボールにしてトマトソースパスタに。
これがluluに大好評で!!
ソースは野菜たっぷり
ニンニク・玉ねぎはもちろん、人参、マッシュルーム、パプリカに
ほうれん草。これらを細かくしてじっくり炒めたら大きなトマト6個
でこれまたじっくり煮込みます。フレッシュなオレガノとバジルが
効いて香りも豊か!
仕込から煮込み終わるまで1時間半ほど。夕食の準備としては
妥当な時間だと思うのだけれど、
luluは“パスタに随分時間かけるね~”と言います。
luluにとってパスタという料理は茹でている間にソースの瓶を
開けて温め、パスタと和えるだけという代物“でした”。

二人で暮らし始め、cocoがミートソースを煮込んでいる時も
学生の食べ物だね、なんて言ってたし
食べた後に前言撤回したのは書くまでもないですね。

この言葉に悪気はない。cocoが知ってる限り、仏人の家には結構
な確立で瓶詰めのパスタソースが常備してある。ソースだけじゃな
く、スープもお鍋で温めるだけのものとか、チンするだけで既にセッ
トされたメイン料理と付け合せ野菜が出来上がるなんて冷凍食品
も常備されてたり。
共働きが当たり前のカップルがほとんどだし、料理が出来ない女性
も沢山知ってる。二人そろって料理が出来ないカップルは大変!!

luluの家も例外ではなく、義母はフルタイムで働いてきたし、時間が
あっても料理に時間を割くのは“女=台所”のイメージがあって嫌
だわと公言していた。料理する時間があるなら映画を観たり、本を
読んだり、友人と出かけたりしたいのだとか。
ライフスタイルや価値観が違うのだからそれは仕方ない。

対して、実家ではインスタント的なものが出た記憶はないに等しい。
出来合いのパスタソースなんて実家では食べた事もないし、お味噌
汁やお料理の出汁は鰹節を削るところから始まる。出来合いのお惣
菜なんてのも数えるほどしか登場しなかったのでそれがまた嬉しか
ったりもしたもの。母親が専業主婦だったかと言えばそれは違う!
自営業なのでそれなりの融通は利くものの、朝から夕方までしっか
り働いていたし学校行事にも顔を出してもらえないほど忙しいとき
もあった。それでも週末には梅干を漬けたり、お味噌を仕込んだり、
うどんを練ったりミートソースやベシャメルソースのストックを作っ
たりして工夫をしていた。あの時代の女性なら当たり前の事だった
のかもしれないし、母親が手作り(料理)が好きだというのもあるの
かもしれない。

子供の頃は、赤いウィンナーが食べたいなぁとか市販のシチュー
の素で作ったホワイトシチューが食べたいなぁなんて思ったけれ
ど一人暮らしを始めてそれらに手を出しても全然美味しくなかっ
たのを覚えてる。お惣菜コーナーで買ったコロッケで、レトルトの
ミートソースパックで胸焼けをおこしたり、MSGたっぷりの中華屋
さんで頭が痛くなったり。

インスタントは便利で助けたれるときも多々あるけれど、それが
当たり前の味だなんて思って生活するのは怖いなぁと思う。
他人の家をとやかく言うつもりがないし、味覚の好み、生活スタイ
ル違いもあるのだから好きな様に楽しめばいいと思うけれど、少な
くともcocoの家では極力手作り生活を心がけたいと思います。

でも市販のケチャップやお好み焼きソースは止められないんだけれ
どね。。。

【2016/01/29 23:36】 | おうちごはん-洋 | コメント(6)
次へ

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。