cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

紅茶とスコーン

ちょっと前まで“紅茶が無くては生きていけない”
と思うほど紅茶好きだった。どの茶葉が自分好みなのか
が分かったら今度はどこのメーカーの茶葉が好みなのか
を探し、以来ずっとそのお茶を飲んでた。
数年前から健康と食害について随分と興味を持つように
なってから少しずつそれも変わってきた。
詳しく書くとまた話がずれちゃいそうなのでここで
やめとこ

毎日朝から晩まで飲んでた紅茶は朝の1杯だけになった
し、夏の暑いときに至っては紅茶だと発汗が良すぎて
駅に行くまでに汗かいちゃうので朝は緑茶を飲むように
なった。夜はカフェインレスのお茶になったり、冬なら
体を温めるものや白湯だけだったりって事も。

そうやって少しずつ紅茶から離れるも、何となくフラン
スに来たら紅茶が多くなる。コーヒーを勧められる事が
多いからその反動かな? それとも緑茶などを飲みたい
と思わない食生活を送ってるからかな・・
フランスのカフェは紅茶がとっても高くてしかもティー
バッグ。ならばと外では家で飲めないものを頼むので家
に居る時はやっぱり紅茶。
色々思うところはあるものの今は体が欲しいと思うもの
を飲み続けてみよう。事実紅茶は体を温める作用がある
からね

ママちゃんも紅茶好きなのだけれど、好みも飲み方も
こだわりも全然ちがうのでまったく違うものを飲んで
いますが、先日頂いた紅茶を開けることになったので
いつもは参加しない午後のお茶の時間にこれを開けて
みんなで飲んでみる事に。
なぜだかフランスで人気のこのお茶。
DSC01981.jpg

味はちょっとcocoの好みから外れるもののやっぱり
大好きなアッサムティならではの味わいと濃さ!!
ミルクティしか飲まないcocoにはこれが一番です。
フランスで好みのお茶、また見つけられるかな?

さて、このお茶の為に午後からスコーンを焼きま
した。
初フランスでのスコーンです。
DSC01980.jpg

あぁ、やっぱりバターが良いんだと痛感。
すっごく美味しく焼けましたが、問題は水分量。
日本で入れてた分量で作ったら粉(Type45)のせいか
湿度のせいか全然足りなくてちょっと多めに足しまし
た。以前うどんを作ったときも実は同じく感じていた
んだよね~。(Type55使用)やっぱ湿度かな??
色々違いがあるから少しずつ身につけないとね。

スポンサーサイト

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/31 18:27】 | おうちごはん-sweets | コメント(10)

声をかける

ブログの右側にお天気表示出してあるんだけれど
今日見たらこんなになってた!!
DSC01939.jpg
気温が上がったと言えこれは無いでしょう
実際は10℃・11℃位。
これもまた高すぎでこの先が心配。いやいや過ごし易
いのはいい事だけれど2月が極寒とかイヤですよ~

さて、1人で森には入らないけれど近所ならお散歩
出来ます。のんびりぶらぶら歩くのにお供がいるのは
いいけれど運動不足解消に人がついてくるのはイヤ。
自分のペースでささっと歩きたいですね。
それに“おっ”って発見もあるし。
こんなのとか
DSC01852.jpg

パリの道端でってのはあんまり無いけれど、こんな
田舎では知らない人でも顔を合わせると挨拶するのは
当たり前。うっかり見つめちゃったりするとにっこり
と挨拶されるからびっくりする。

小さな男の子が自転車に乗ってた。
一生懸命立ちこぎして先に行ってしまったお父さんを
追いかけてる。かわいい~っと思ってじっと見ちゃうと
恥ずかしそうにはにかんで“ぼんじゅ~”

ベレー帽にバゲットだなんてtheフランス人な格好の
おじいさんが歩いていたので見ていると目をキラキラ
させて“ボンジュ~”。

美しいコートを着たおばあさんがゆっくりと歩いてく
る。いくつ位だろうと思って目を追っていると“ボン
ジュ、暖かいわね”

どこでもこんな感じ。
東洋人どころか白人しか居ないこの町でcocoは珍しい
存在なのだけれどそれとは別に挨拶は当たり前の事。
でも誰かと歩いているときはあんまりこういうのは
ない。一人だと声がかかるという嬉しい具合。

パリに出かけて1人でうろつく。道を歩いていても
誰かとすれ違い様に挨拶ってのは今のところないん
だけれど、どっちの道に行ったらいいだろうか、
どこの駅で降りたらいいだろうかとじっと案内版
などとにらめっこしてると必ず誰かが声をかけて
くれる。
電車が混んでいたので立っていると、ほら、あっちの
席が空いてるわよと座ってる人が教えてくれる。

“フランス人は意地悪”
お決まりのように言われるこの言葉。
今のところ感じた事はほとんどない。
人によりけりでしょ。
“日本人は親切”
そうかな?
それも人によりけり。
親切な人多いけれどそうじゃない人も沢山出くわす。
会社で、スーパーで、電車の中で。
シャイだという事もあるけれど、こうやって1人で
居るときにサッと声をかけてくれる人はそう居ない。

フランスのこういうところ、cocoは好きなのであ~る。






テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/29 17:00】 | 日々のこと | コメント(12)

森の散歩

以前も書いたけれど・・・
今住んでるのはパリからわずか20分程電車で北に上った
ところ。車でもSt. Denisまで30分だからさほど離れ
てはいないと思うんだけれど、気温も雰囲気も全然違う
この町。
森に囲まれてぽつんと存在するこの住宅地。
ここにあるのはパリからダイレクトに乗り入れする駅が
ひとつあるだけ。
綺麗に整備された住宅地を1本はずれるともう森の中。

今日は久しぶりに春みたいな天気だわ~とママちゃん。
7℃は“春”ではないと思うけれどマイナスが続いた
日から比べるとぐんと気温が上がって気持ちいい。
朝のお茶を済ませてから2時間程散策してきました。
家から10分も歩くともうこんな感じ。
DSC01964.jpg

DSC01965.jpg

森の中はひんやりしていてまだこんなに雪も残って
います。道もところどころ凍ってた!!
気温が高くなったとは言え手足は冷えるし鼻も止ま
らない

森の中にひっそりとたたずむ素敵な建物を発見!
DSC01966.jpg

DSC01968.jpg

どうやら昔の町役場らしいです。せいぜい1世紀程しか
建ってない様子。今では夏のみ営業のカフェ兼クレープ
屋さんというから何とも豪華なお店ですね!!
この建物の前はこんな風に湖がありまして
DSC01970.jpg

これがまた素敵だったのでじっくり周りを歩いてみる事
にしたけれど意外と大きかった。。。
どんどん歩きまして
DSC01969.jpg

こんな遠くまで来ちゃったよ
矢印のあるところが町役場ね。
DSC01975.jpg

この向こう側にはまた湖が広がり、更にこれがもうひと
つ続くんだとか・・・
DSC01974.jpg

湖の大半はまだ凍ってて鴨などの野鳥も沢山降りて来て
じっと静かにしてました。
寒さに震えていたとは言えたまには遠出してみるのも
気持ちいいね。
遭遇は出来なかったけれどいのししや鹿なんかにも
会えるんだって。足跡は発見したけれどね






テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/28 01:05】 | 日々のこと | コメント(4)

無料のコンサート

知り合いの方がアマチュアオーケストラに属しており
発表会的な物が教会であるので無料コンサートだから
是非来て頂戴と連絡がありウキウキと出かけてきました。
プログラムをもらってたので分かってはいたけれど、
プロのヴァイオリニストを迎えて(逆かな?)のコンサ
ートとは言え無料ってんだからそこまで期待してなかっ
たのだけれどリハーサルからお邪魔したらその素晴しさ
にびっくりした!!
教会という空間が作り出すその幻想さやステンドグラス
を通した光のやわらかさ。
DSC01960.jpg
(リハ中でまだラフな服装です)

DSC01962.jpg

そしてソリストのクールながらも気さくな人柄が
垣間見えると共に何とも言えない深みのある音色。
とても有名な人らしく(cocoは知りませんが)無料
とあって席はあっという間に満席。
こういうのがあちこちにあるようなので是非情報
を得たら足を運びたいなと思いました。
3月にも行きたいなって思うものを見つけたので日程
が合えば!!

生の音ってやっぱりいいですねぇ。思っていたよりも
長い時間の演奏だったけれどあっという間。素敵な
日曜の午後でした



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/27 23:59】 | 日々のこと | コメント(4)

北アフリカ料理

と言ってもあれやこれやと食べた事がないのだけれど・・
意外とどれもイケるなぁって思ってます。
素材をさっと煮込んだだけとか焼いただけとか何かと
シンプルさが光ります!
手がこんでないのにほのぼのとしちゃう味わいが嬉し
くなる感じ。いや、、クスクスしか作ったことない
から実は他の料理はすっごく手が込んでるかもしれな
いけれど。
ただ、デザート類はものすっごく甘くてちょっと苦手
かな・・

今日はちょっと出かけた先でお昼を食べる必要が
あったのでふらりと入った北アフリカ料理のお店。
確か12€のセットメニューだったと思う。
前菜に半熟卵とケイパーのブリック
DSC01955.jpg

ケイパーの酸味が絶妙でした。ちょっと卵に火が通り
すぎだったかなぁ~という感じはあるものの美味しい
ので気にしない!
メインは北アフリカのミートボールケフタ入りの
タジン
DSC01957.jpg

ケフタたっぷりにトマトやパプリカ、オリーブが
どっさり入って優しい味
スパイスは効いてるものの、テーブルにハリッサと
いう練り唐辛子みたいのが置いてあるので自分で
調節してね~って感じで辛さは控えめが嬉しい♪
これでもかーって量のスムル(クスクス)が添えて
あるので心から満足&満腹。

お昼時にはどんどん人が入ってきて大繁盛の様子。
美味しいもんね~。古くからの常連さんも多いようで
店長さんから至れり尽くせりの挨拶を受けてる人が
沢山いましたよ。
それ以外にはかなりそっけない・・・
聞くところによると北アフリカ的サービスはこんな
もんだとか
ところがcoco達のテーブルはインドorスリランカ系
の方が担当してくれてこの方がまたと~っても優しく
親切でにこやか
次回行くとしてもこの方にお願いしたいですね!!
あぁ~、家で作りたくなってきちゃったぁぁぁ。

お店の中はこんな感じ。
DSC01958.jpg

インテリアも素敵でした。
お勧めです。
TIPAZA
155 Rue Saint-Charles, 75015 Paris

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/27 23:42】 | 外ごはん | コメント(4)

石の街@冬

ヤボ用の為木曜からパリへ。
金曜は1人時間がわずかにあったので用事があった付近
のJardin des Tuileries(テュイルリー公園)周辺を
楽しく散策・・・のはずでした。
美しい街だから写真ものんびり取ろうとカメラもスタン
バって来た、けれど写真なし。
あまりの寒すぎる気温に軽快にお散歩なんてありえない
し、手袋をとってカメラ撮影なんてもってのほか!!

この日の気温は日中でマイナス2℃。
多分1時間もうろうろしてないけれど、しっかり防寒
して来たから体は大丈夫!!でも足先も指先もかじか
んですぐに感覚が無くなる

この辺は観光客も多いので周りを観察するとみなさん
楽しそうにウィンドウショッピング・・・
こんなに鼻までしびれてるのはcocoだけか?それとも
寒さをこらえてみんな楽しんでいるのか???
チープなお土産を高額で売るお土産屋さんとか、
とんでもなく現実離れした高額商品を置くブティック
ぐらいしかなくて中まで覗く行動を取れないcocoは
寒すぎて美しすぎる景色もシラけてしまうぐらい。

luluの実家は森だらけなので同じように散歩していて
も空気が湿っていて肺まで心地のいい空気が入って
来る。パリは周りが石に囲まれているせいか、冷たく
乾いた綺麗とはいえない空気に肺がかわいそうな位。

いつかはパリ周辺にお引越しになるかもだけれど、
石畳の町の冬はさらに厳しいなぁと痛感。そうは言って
も東京だってコンクリートだらけでだったけどね
いつか暖かくなってからゆっくり美しい景色を見て
周りたいなぁ~。もう何度も来てる国なのに冬しか
知らないんだもん

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/26 12:28】 | 日々のこと | コメント(4)

Les Speculoos

つい先日から食べ初めてクセになったものがあります。
Speculoos(スペキュロス)という名のビスケット。
DSC01951.jpg

朝ごはんを食べないcocoですが最近は朝のお供に2枚程
食べてます。それくらいクセになるの!!
レシピはメーカーや家庭によって違うんだけれど、
シナモンがベース。その他グローブやナツメグ、生姜等
が入ってる事も。

このビスケットはもともとドイツやベルギーでクリスマ
ス頃に食べられてたものでスパイスは昔薬とされていた
ので昔なら豪華なもの。みんなの健康を願って食べられ
ていたんでしょうかね??
当然今は年中販売中。
cocoは朝紅茶を飲んでるんだけれど、これを食べてると
コーヒーかカフェオレが欲しくなってくるから不思議。

日本でもLotusビスケット流行ってますよね?

list-lotus021.jpg

でもこれはちょっとカサカサすぎて好きじゃない。
色々なメーカーを食べ比べしてみると好みがわかり
そうですね♪

かわいいCMを見つけちゃいました


今日からちょいと用事があってパリに行ってきます。
戻りは日曜の夜か早ければ土曜日かな??
更新なくても心配なく!

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/24 11:57】 | おうちごはん-sweets | コメント(4)

10年日記

雪が積もった後お散歩してるとあちこちに工夫を
凝らした雪だるまが♡
その中でもこれはっ!!と思ったのがこちらっ。
DSC01950.jpg

サングラスに麦わら帽子!!
季節感の無さがやけにお似合いな感じでした。
今日散歩に出かけるとやや溶け始めてしょんぼり下を
向いてたのがなんだか気の毒な様子

さて、フランスに来るにあたって始めようと思った
のがこちらの10年日記
DSC01893.jpg

以前から他の方のブログでちらほら見てて、いいなぁ
と思うものの始めるきっかけがなくて、でも興味が
あって・・と迷っていたらお友達のもんじちゃん
毎日書いてないよって言われてなんだか気楽になり
今年はきっと色々変化もあるだろうと思って決断!!
ちょいと高いけれどとうとう買っちゃいました。

結果毎日つけてないのだけれどちょっと思った事
とか感じた事とか記録的にささっと書いてます。
10年後と言わず、何年後かに見て色々感じる事が
出来ればいいなぁと思う。

今回購入するときに同じものを2冊かいました。
1冊は毎年きちんと手帳を買って記録をつけている
実家のお父さんに。
毎年買わなくてもいいし、これは便利だなぁって
思ったのと、10年後も両親そろって元気でいてくれれ
ばなぁと思ったから。 
10年後も新しい1冊をプレゼントしましょう。


テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/23 18:55】 | 日々のこと | コメント(2)

冬のお楽しみ

日本も冬になると熱々のお鍋が恋しくなるように
フランスでも先日紹介したチーズを焼き焼きするラクレ
ットが人気。 でもまだまだ人気の冬料理は色々ある
ようで、先日食べたのはチーズをぐつぐつ溶かした
Fondue Savoyade(サヴォワ風フォンデュ)チーズ・
フォンデュの事ですね♪
Fondue Savoyarde

作ってるところを見せて貰ったんだけれど、お鍋に
サヴォワの白ワインとみじん切りにした少量のニンニク
をぐつぐつさせてそこに薄く切ったチーズを3種類ばか
り投入。(名前忘れちゃった)とろけたところで小さく
切ったパンをつけつけしてハフハフしながら食べるって
お料理。 cocoが日本ではブロッコリーとか野菜も
つけつけして食べるよと言った事から、ママちゃんが
トピノンブール(菊芋)とフラスのさつま芋(あんまり
好きじゃない・・・)を茹でて一緒に出してくれまし
た。どれも炭水化物ってところがポイントかしら
実際cocoはパンよりもトピノンブールの方が美味しいと
感じました。チーズだけではちょっと塩分が強いので
トピノンブールの水分とあいまって丁度いい具合でした。

この日、早く処理してしまわなければならないチーズ
がもう1品あったので一緒に出してくれたのが、cocoの
大好きMont d'Or(モン・ドール)
とってもクリーミーな冬限定のチーズなんだけれど
こちらをオーブンでチンすると上のフォンデュ同様
さらにトロットロです♡
DSC01900.jpg

これもまたパンをつけて頂きます!!
日本のお鍋は野菜がたっぷりで体もほっかほかになり
ますが、フランスの冬料理は脂肪分たっぷり取って
寒さに強くなろうってことかな?

チーズフォンデュもモン・ドールもスイス国境に近い
地方の名産物。寒いところの人は何を食べるかよく
分かってるみたいですね~。

ちなみに、lulu家ではこういうものはお昼に出て
来ます。cocoが夜食べると翌日胃薬のお世話に
なることを知ってるので昼ならいいだろうと色々
気にかけてくれます。また、到着した頃からクリス
マス終了時まではしょっちゅう胃薬を飲んでいたの
が、最近はもう飲んでないことを知りとっても喜んで
くれた義両親。もう何食べても大丈夫だろうと思って
居るようですがそう簡単には慣れないのだよ・・・

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/22 13:32】 | おうちごはん-洋 | コメント(12)

小津さん映画

日本でもいくつか観た小津安二郎の映画。
それでも観てないものがまだ沢山ある。
たまたまluluの家にこんな物が!!
DSC01889.jpg

誰かからのプレゼントらしいんだけれど小津さんの作品
が5作入ってるDVDコレクション。
この中にまだ観てないものが2作品もあって、この週末
にのんびりと1人で鑑賞。
今回見たのは
小早川家の秋
動画見つからず・・

彼岸花(初のカラーなんだって!)


どちらもお馴染み縁談にまつわるどたばた劇なんだ
けれど、人間模様や独特の世界、それから知りもしな
い時代だけれど何だか懐かしさがあってよかった

彼岸花なんかはthe昭和の家庭って雰囲気がすごく
出てて心地よかったのと、日本の母ってこういうの
だよな~と思いながらジンワリと観てました。
フランスの母はこいうのじゃないよなぁ

ところでluluファミリーには日本好き・日本びいき
って人が多いので色々嬉しい思いをすることがあり
ます。
亡くなったluluのおばあちゃんは小津安二郎ファンで
日本にも何度も来てるし、映画の仕事をしてる伯父さ
んは黒澤明の大ファンで日本酒&日本料理が大好き、
luluの他の叔母さん夫婦は日本のフィルムメーカー
に勤めてるとあって日本文化そのものに興味をもって
る。luluや兄弟、従兄弟たちは今時欧州人として当然の
事のように日本アニメで育ったので今でもコレクション
してるくらい日本の映画や漫画、アニメなんかからスタ
ートして文化面にも詳しい。
cocoが現れるまえからそんな家族だったのでcocoもすん
なり受け入れてくれたしベースがあるので違和感なく
こちらの話す事、思う事も理解を示してくれる。
それが日本の文化の中で養われたcocoなりの考えなの
だと思ってくれるみたい。

なんやかんやとあるものの、仲間入り出来たのがこの
家族で良かったなぁ~

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/21 11:18】 | 映画・音楽・アート・本 | コメント(2)

そんなに不思議ですかね~

luluの両親は、cocoがこの家に持ち込む異文化的習慣に
ついて怪訝な顔をしたり、おかしくて笑ったりなどせ
ずただ、それ何何何ぃ~って説明を求めたり理由を聞
いては、興味のある顔をして話を聞いてくれるので、
ただ“あ、違うんだぁ”ってさらりと自分でも知る
事が出来る。ただ、そんなにおかしくも無いだろうと
普通に流してしまう。

土曜の夜から泊まりに来てるluluの幼馴染は今日には
帰るはずが雪が酷いから・・・と今夜も泊まっていく
ことになりました。ってか、家近所だよね?!
この人は日月休みの仕事をしてるので関係ないんだろ
けど、ただluluと一緒に居たいんだと思う
この2人、朝から晩までべったりくっついてお喋りして
たり、ゴロゴロ転がってたりゲームしたりとそれはそ
れは仲がいいんだけれど、他にもこういう幼馴染達が
居るし従兄弟ともそう。luluがずっと海外に行ってた
からなのか子供時代から付き合いのある同士の仏男性
って大人になってもこうのなのかなぁ?

さて、ここぞとばかり1人の時間を楽しむcocoも食事
の時は同席しますが、cocoはちょっと寒かったので
夕食時にお湯を飲んでました。
昨日からずっと飲みっぱなしの彼らがマグカップを
置くcocoにそれ何?って聞くのでお湯と答えると
びっくりして聞き返し。。。すっごく笑ってた。
何でお湯なんて飲んでるのと聞くのでお水でいいん
だけれど体が冷えるから暖める為だよと。
お酒はもっと温かくなるよーって言われたけれど
それとこれとは別!!
そう言えば先月まだ来たばかりで寒がってたcoco
が夕食時にお茶を飲んでたのもママちゃんが不思議
がってたけれど、食事時に暖かい飲み物を飲むって
事が無いんでしょうか??? そう言えば夏でも
冬でもみんな水とワインだけだよねぇ?
すっごく笑われたのでそんなに変かしら???と
恥ずかしくなったものの、寒いのでまたお湯を
注ぎに行くとクスクスと可笑しそう。。。

そしてデザートタイム。
タルトにcocoが自分の分はフォークを用意すると
それもまた目を見開いてなんでフォークなの??
って。食べやすいじゃんと言い放つもスプーンが
食べやすいよって言われた。そのうち子供みたい
にスプーンだ、フォークだと言い合いまでしちゃ
いました
最後にいう事には、いやいや言葉だけ違うかと思っ
てたら随分と習慣って違うもんだね~、だって。
当たり前です
そう、フランスってどんなデザートでもスプーン
じゃないですか??しっかりしたサロンやレスト
ランだと物によってはナイフ・フォークを出して
くれるところもあるけれど、基本はスプーン。
これがすっごく食べにくいんですよねぇ。
タルトとか下の生地をスプーンでカツーンって
音たてて割るの好きじゃないし。
どんなに便利だよーっと言っても“デザートはスプー
ン”という固定概念は変わらず。luluも長い日本生活
ついぞ変わらずスプーンのままだった。。。

さて、今夜はチキンがまだ沢山残ってたのでチキンチャ
ウダーとカレー風味のご飯を作ってみましたがなかなか
カレー味ってあんまり食べないみたいで好評でした。
これもまたエキゾチックなんだとか。
日本ではカレー味ってもはや“日本の味”のような
気もするのでそんな発言も新鮮でした。

簡単に作り方など
写真撮り忘れちゃったので以前の画像から。
チキンカレーピラフ
e0146812_16554824.jpg

【材料】二人分
お米  2合
チキン胸肉  1枚                
トマト  小玉 5個
ニンニク 1片           
玉ねぎ 1/2個
人参  1/3本             
バター  大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1/2
カレー粉  小さじ2
ターメリック 小さじ1/2
塩  小さじ1
コンソメ 小さじ1
白ワイン  大さじ1  
パセリ  適量

【作り方】
1)お米は洗ってザルにあげておき、オリーブオイル
 をフライパンで熱し、透明感がでるまで炒める
2)フライパンにバターとオリーブオイルを熱しみじん
 切りにした玉ねぎ・人参・ニンニクをしんなりするま
 で炒める(焦がさないようにね)
3)2に一口大に切ったチキンを入れ両面に軽く焼き色を
 つけたらワインを入れて水分を飛ばし、カレー粉小さ
 じ1を入れ絡める
4)炒めたお米を炊飯器に入れ水を1.5合まで入れるそこ
 へカレー粉小さじ1、ターメリック、塩、コンソメを入
 れて軽くかき回し③をそーっと上に置きヘタを取って
 大きめにざく切りしたトマトを入れて普通炊飯でスイ
 ッチon
5)炊き上がったらよく混ぜ合わせ味見をして足りないよ
 うなら塩を足す
 お皿に持ってパセリを飾って出来上がり~

今はお鍋炊飯なのでそれに合わせて炊いてます。
野菜は何でも、パプリカとかピーマンを入れてもいい
ですね。




テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/20 23:03】 | 日々のこと | コメント(8)

嬉しいぃ ヽ( ´¬`)ノ

マイナスの世界をさまようフランス。
とうとう雪も本格的に降り始め、金曜の夜からボタン雪
が!これは積もりますね~と思ったら翌日の土曜には
こんなに積もっちゃいました。
DSC01933.jpg

パリからお友達カップルが週末泊まりにきてくれる
はずだったんだけれど、やめとくねって。
当たり前!!特別なタイヤもなしにこれは無理で
しょう。しかも粉雪がちらちらと降り続き日曜の朝は
またもこんもりと
DSC01947.jpg

来なくて正解。これは帰れなくなるところでしたね。

さて、この雪で身動き取れなくなった近所に住むlulu
の幼馴染が遊びに行ってもいいぃ~って。ちょっと遠方
にすむお友達も伴って土曜の夜からやってくることに。

さぁ、困った。。限られた食材で何が出来るかな??
何かアジアティックなおもてなしをしたかったけれど
食材ないし、中途半端に作りたくなかったので冷蔵庫
とにらめっこしフランス人なら普通に家庭で食べる物
を作りました。
じゃぁ~ん、オーブン祭り
DSC01943.jpg

お馴染みキッシュ・ロレーヌ
DSC01944.jpg

南仏風ケーク・サレ
DSC01945.jpg

クランベリーとアーモンドのマフィン
DSC01946.jpg

cocoとしてはド緊張だったんです。
まだフランスの食材で作ったことが無かったからちゃ
んと作れるかなってところと、日本から来たばかりの
新参者がフランス人のソールフードを振舞うなんて!!
ま、これしかないんです。しょうがないから食べてくだ
さいって訳でもあるんですが・・

結果は・・・
ものの見事に完売
このキッシュ、30cmのタルト皿なんだけれど、男性
3人でキッシュ、ケーク・サレ、マフィンとあっと
言う間に片付いちゃいました。
“Super Bon”“delicieux”の連発と“Cordon bleu”
の称号まで頂きました!!Cordon bleuは天才クック
さんってところでしょうか

あ、自慢しすぎですか?
でも自慢したいんじゃなくてこの嬉しさを伝えたいん
ですよぉぉぉぉ。
何でもママ自慢するフランス男子にママのより絶対
美味しいと言われるってのは最高の誉め言葉と
思います。
ま、口が上手いのでどこまで本当か分からないもの
の、何度もお代わりしてくれたので悪くはないだろ
うと思う。これでこの品々は自信もって作れます♪
人の家にもって行くのにとっても便利なんですよ
ね~。だから必須アイテムです。

こんな事で気をよくしたcoco。
翌日のランチも頑張り、デザートも作りました。
切り分けた後で見た目ボロボロになっちゃったんだけれ
ど・・
DSC01948.jpg

煮込んだリンゴとアーモンドクリームのタルトです。
家にあった“Red Delicious”ってリンゴを煮込んで
みたんだけれど、切ってるときに味見してみたら
紅玉のようにみずみずしい感じではなくサンフジ
みたいなちょっと粉っぽい感じでした。
ん~、どうかなぁと思ったら案の定形を成さずぐず
ぐずに煮崩れてピュレみたいになっちゃった。
しょうがないのでタルトの下に敷き詰めて上から
アーモンドクリームをかけたと言う具合。
形が綺麗に出てたら逆にしたかったんだけれど・・
フランスで煮崩れしないお菓子用のリンゴって何
使ったらいいのでしょうかね?

これも評判良くてやっぱり嬉しいcocoです

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/20 21:44】 | 日々のこと | コメント(6)

遅ればせながらの登場

昨日のすき焼き風煮込みの汁がちょっぴり余ったので
DSC01942.jpg

先日届いた荷物よりお正月に食べようと思っていたお餅
を引っ張り出してきて丁寧にオーブンで焼いてじゃぼん
と浮かべてみました。

お昼に2個も多かったかな・・・・と思ったけれど、
食べ終わったら“もう1個いけたかも”って具合。
(ところで最近のお餅ってあんまりミニョ~ンと伸び
ないんだね??)

さて、お椀的な物があまりないこの家。
使えるのはカフェオレボウルだけ。

家の中の食器を見回しても平たいお皿ばかり。
スープにはもっと浅くてメイン皿よりも2回り程小さ
いものだし、そのメイン皿はまったく持って平らでカ
レーも何だか食べにくい。

食文化が違うとこんなに食器って違うもんなんだね~。
luluはボウルとかカレー皿みたいな形のお皿に慣れて
しまったので恋しがってました。
人の習慣もまた食習慣からなるものが大きいですねぇ。
lulu、8年だもんな~日本に。cocoも8年後は平たい
お皿じゃないとね、なんて言ってるのかしら??

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/19 14:51】 | おうちごはん-和 | コメント(6)

Le chou chinois

数年前は中国人の商店にしか並んでなかったのよ
とママちゃんが言いました。
でも今となっては冬になればスーパーでも目に入ります。
chou chinois 直訳は中国のキャベツですが、白菜♡
DSC01929.jpg

スーパーで手に入ったのはこんなに小さいミニ白菜で
した。色々な野菜がとっても安いフランスにおいてこの
小さいサイズで2€越えはちょっと高めの野菜の部類で
しょうか??
さて、何して食べましょう。
鶏肉がありましたので、鶏団子を作り、ちょっと太め
のうどんを作りましてポアロ葱・玉ねぎと合わせて
すき焼き風煮込みにしました。
DSC01930.jpg

くたくたになった白菜は2人でひと玉ペロっと食べちゃ
いました。ここに生卵でも落とせばそれらしいかな?
でもlulu&cocoは生卵食べれないのでこれで十分なの
です
懐かしい砂糖と醤油の組み合わせでした。
今日はめちゃくちゃうどんをこねたのでかなりコシの
あるしっかりしたうどんに仕上がりました。
何となくうどんと上手く付き合えるようになって
きました♪

ちょっと汁が残ったので明日のお昼のお楽しみぃ~

簡単ですが、お鍋というか煮込みの作り方。
【汁の材料】2人分
砂糖 大匙3
醤油・酒 各大匙4

【作り方】
1)少量油を引いたお鍋にスライスした玉ねぎ1/2と
 葱1/2を加えてゆっくり香りがたつように炒める
2)白菜をどばっと加えて少量の水を加えて蓋をし
 ゆっくり水分を出すように煮る
3)十分水分が出たら欲しい分だけ水分をさらに
 加え、煮立ったところへ肉団子を落として火を
 入れていく。
4)上記調味料で味付け。足りなければそれぞれ
 加える。
5)味が整ったらうどんを加えて軽く煮込んで
 出来上がり。

薄切り牛肉で調理したい場合は①の段階で白菜を
入れる前にお肉を入れて火を入れるといいですよ。
個人的にはすき焼かなり好きなんですが終わりの
方は牛脂の臭いが鼻についてムカムカしてきます
が、今回初めて鶏団子で作ってみてさらっと
してて最後まで気持ちよく食べれました。
色んな発見がありますね~。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/18 23:02】 | おうちごはん-和 | コメント(0)

健康と食に関してはオタク的要素を少し持つcocoですが
食欲には勝てずついついだらしなく食べ過ぎたり、
スナック菓子やインスタントに手を出します。ま、たま
にはね~と言いながらたまにではないパターンですね。

そんなcocoなので毎日取る食事には気を使いバランス
を取ろうと頑張ってたわけですが、他人の家にやっか
いになっている以上はあれこれ口出すのは止めようと
思ってます。そんな迷惑な同居人は困るでしょう^^;

ママちゃんも色々気を使ってくれてます。
牛乳は朝の紅茶に入れる以外は取らないようにしてる
とかバター製品を沢山食べると体調崩すcocoの為に
ポタージュは豆乳で作ってくれたり、バターを極力
控えたり色々工夫してくれてます。(物によっては
ね)
そもそもの国・世代・食習慣が違うので感覚の違いや
お互いにこれがいいのだ、と思っている常識なんかが
違うのは理解できるし、これから永遠一緒に暮らして
いくわけではないのだからその考えを改めたほうがい
いなどと説明するつもりもない。
ただ、油に関してだけはう~ん・・・と思う事がある。
これもお国柄かな?
“パーム油”
これを極度に嫌います。これが含まれているものは
絶対買わない。かなり徹底してます。そもそもパーム
油ってのは植物性だけれど飽和脂肪酸が45%もあり
動物性脂肪より訳悪いトランス脂肪酸の酷いもの。
これの他に水素添加したものや粗悪な植物性油を使用
した加工製品ってのはどこにでも転がってます。
スナック菓子・焼き菓子・お惣菜系・インスタント麺
など等。フランスで言えばチョコレートなんかがかなり
問題視されてるみたい。
luluパパは色々健康に気を使い、こういうものに結構
厳しいけれど、ファーストプライス重視のママちゃん
はあまり気にしませんが、パパちゃんがうるさいので
この辺は気にしてるみたい。
と、思いきや・・・家で使ってるメインの油はひまわ
り油・・・・これフランスの家庭で割りとよく見ます。
ドレッシングも手作りなのでこのひまわり油・・・
そもそもこのひまわり油って1970年代はもてはやされ
たけれど、今となっては極力取らないようにしましょ
う、のn-6系油。でも、フランスでは未だによし
とされてるのかスナック菓子にもでかでかと“ひま
わり油使用”ってかかれてます。n-6系は上記にも
書いた加工食品にたっぷり含まれているので普通の
生活を送れば自然と摂取してるもの。なのでこれを
さらに摂取するのは危険です。私たちの細胞は油に
包まれていてn-6とn-3のバランスが取れている
事が必要。極度に少ないn-3系を出来るだけ摂取
するように心がけるのがよいのですが、なかなか
食物から摂取するのが難しいこの油。青魚に多く
含まれるけれどフランス生活でそれも難しいねぇ。
というわけで、日本でも毎日摂るようにしてたこれ
亜麻仁油をこちらでも購入!
BIOショップで7€程。日本の1/3価格!!
DSC01890.jpg
今ではパパちゃんと2人で積極的に取ってます。
ちなみに調理用油はcocoはオリーブ油(低温圧搾)を
使用してます。ここでも自分で調理するときは
それを使用。(オリーブ油はn-9系です)

オメガ3(n-3)がいいと言うのは最近フランスで
も言われること。でもママちゃん曰く“ファッション
よね~”だって。。。とは言え、パパちゃんの心臓を
心配してたまにこんなものを使ってます。
DSC01851.jpg

見た目マーガリン
バターの変わりに調理に使ったりするんだけれど
もっと最悪じゃと思ってマーガリンでしょって言う
んだけれど違う違うと。。でもオメガ3は常温で
固体になるわけがないのだよと思って原材料など確認
すると。。。
DSC01850.jpg

注目すべきは赤線を引いたところ
オメガ3は5.3%(たった・・)
水素添加した油は使用してないと2行目にあるけれど
原材料の1番目には植物油54%って。これ何の油だと
思います?次の赤線は乳化材(植物性)とありますが
その後に続くE471は科学性乳化材の隠し記号です。
その他香料やら着色料などが入っています。
これを使うくらいなら本物のバターを使ったほうが
よっぽど良いかと。。。
にわかの健康ブームって何を選んでいいかよくわから
ないのはどこの国も同じ。
表面にどうどうと“オメガ3”って書かれていれば
お、これは!!と思って手にとってしまうもの。
luluには絶対使うなとは言ってあるけれど、これ
買わないで欲しいな・・・

ちなみに同じく心臓に爆弾を抱えたパートナーと
暮らす叔母さんにそのひまわり油良くないよと
言うとnon,non,non!!これが一番体にいいのよ
と言われた。。。ま、いっか。。。

おまけ
こんな話をするcocoも先日中国人のお店で懐かしさ
から買っちゃいました。
ドイツ製の出前一丁
DSC01901.jpg

日本でも数えるほどしか食べた事ないので味の比較
はできないけれど、多分別物・・・
すっごくまずかったです。。。
どうしても食べたくなったら日本製を買おう。
でもフランスにいるとこういう誘惑から遠く
に居られるのでいいかも♡
(誰が健康オタクって??)

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/18 13:01】 | 美容と健康 | コメント(8)

とうとう呼出されました

めちゃめちゃ寒いですね~!!
今日はお昼でもマイナス1℃、一番暖かな14時でもたった
の1℃。夜の現在はマイナス7℃!!!!
冬真っ盛り

今夜はluluの希望によりNem(ベトナム風揚げ春巻き)
を食べました。なんてこと無い、スーパーオリジナル
ブランドの出来合い品です。以前から読んでくれてる
方、覚えがあるかも知れませんがluluは大のNem好き
なのですよ。cocoも出来合い品は初めてなのでどんな
ものやらと楽しみにしてましたが、一口食べてすぐ
に“粗悪な油”と口の中が認識
そうだよね、そうだよね。初めから揚げてあるんだも
んね。どんなにいい油を使っててもとっくに酸化して
るだろうし、もともといい油など使ってるわけがない。
4つほど食べてストップしたものの15分程してお腹が
シクシク
変なスーパーの揚げ物惣菜を食べた後や変な中華レスト
ランでランチを食べた後の様なシクシク具合。
間違いない、油だわ。。。
昨日に続いてなんともツイてないわ。。。
フランスはびっくりするくらい豊富に出来合い製品が
あるけれど、要注意ですね。

さて、本題。
フランスに到着して12月の1週目にはもう必要な
手続きを済ませていました。
必要な手続きとは・・・
cocoは滞在許可証を得ての入国をしたわけですが、
これは在日フランス大使館からの一時的なVISA。
フランスに入国してから3ヶ月間は有効ですが、この
時点ではなんの権利もなく旅行者と変わらない状態。
このVISAを有効にするにはフランスに入国後改めて
の申請が必要となります。
必要な書類は
在日仏大使館発行の移民局への提出書類
cocoのパスポートのコピー
フランス入国時のスタンプがある箇所のコピー
これらを書留郵便で移民局(OFII)に郵送します。
書留である必要は無いんだけれど、なんでも紛失
される郵便局なのでね。
これを受けて移民局がcocoを呼びだして色々次の
ステップが始まるという手順。(詳しくはその時に)

約1週間後に書留の受取が間違いなくあったとの知らせ
を受け取りましたが待てど暮らせど移民局からの呼出し
書類が来ません。。。ちょっと心配になり他の方の
ブログなどで情報収集。住まいによっても違うみたい
けれど、召喚もなく忘れ去られて3ヶ月経ってから
問い合わせをしたという人も居れば、ギリギリに来た
とかすぐに来たとか。。
まぁ、そのうち来るだろうと焦らず待っていると、
とうとう1月7日(月)郵送で来ました!!
でいつ行けばいいのかしら??と確認すると・・・
3月第1週・・・・
もうVISA切れとるやないけ
世に言う不法滞在者ですね!!!
移民局からの手紙のコピーを所持しておきましょう
ね、念のため。
しかもこの間“ただの旅行客”状態のcocoはluluの
健康保険にも入れず諸々の手続きも出来ずで何とも
心もとない感じです。
ま、今年の抱負は忍耐ですし。。。みんなも“あっと
言う間だよ~”って言ってくれるから気を持ち直し、
とにかく病気・怪我はしないようにっ!

さて、気になるのが初回に必要な費用なんだけれど。
今までは340€程だったんだよね。高いなぁと思うもの
の、諸々の手続きに加え初回はフランス語のレベルチェ
ックを受けて学校に行けるのでそれを思えば安いもの
だわと思っていたのだけれど、今回の書類に記載され
ていた金額は170€・・・
もしや、噂になっていたけれどフランス語受講は
なくなるんじゃないか????
大統領が変わってそうなるかもって噂が飛び交って
いたんだけれど、本当かもしれないなぁ。。
ま、これも真相はまだ分からないので3月までおとなし
く待つとしましょう。。

さて、cocoの移民局の手続きの時もそうだったんだけ
れど、お役所への提出書類は全て丁寧にコピーを取って
保管します。なんでいちいちコピー取るの??って
聞くと“無くなるから”だって
事実、luluが色々手続きしている中で、まだ
これが届いてませんとか、もう一度こちらの
セクションにも同じ書類を出してくださいとか
問い合わせの書類は受け取っておりませんとか
って事がしばしば・・・
luluからは“ね、こういう国ですよ”って。
なるほど、なるほど。
そんなわけで、luluのパパちゃんなんて自分が働き
始めてからの全ての書類を取っておいてあります。
給料明細から公共料金や税金の支払用紙の控えまで。
不動産関係なんかはもちろん生保系の書類もなにも
かもです。綺麗に綺麗にファイリングされてます。
ここまでくるとやりすぎじゃないの~って思ったん
だけれど、3年も前の○○の料金が支払われてない
ので直ちにお支払くださいって請求が来たりもした
んだって。控えがあったおかげで証明が出来たという
もの。
覚えておきましょう

ちなみにlulu家、パパちゃんがしっかり計画派の慎重
さんで、意外にママちゃんが行き当たりばったりの
気分屋さんです。luluはパパ似ですね

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/17 23:21】 | 手続き関連 | コメント(10)

驚きと発見ありの1日

雪は溶けず半分凍った様な状態でがっちり張り付いて
います。本日はピカピカ天気で気持ちよかった
けれど日中の気温は1℃!! 
放射冷却ってやつかしら??

さて、今朝はお茶を飲みながらポストに入ってた
スーパーのチラシを見てると、おや包丁が
DSC01924.jpg 

最近到着した荷物の中から自分のナイフを取り出し
心待ちにしていたので頬ずりしたいくらい嬉しい。
すっごくお気に入りで両親からのプレゼントでした。
これ一生大切にします!!
こう思うには包丁に対して、最近色々思うところが
あるのでこの広告も胡散臭くじっくりと眺めてみると、
思わぬ発見が!!
DSC01925.jpg

見て!SANTOKUって書いてあるよ!!!これ三徳包丁の
事だよね?日本の包丁も世界共通語になってるんだと
ちょっと感動。包丁は日本製やドイツ製がずば抜けて
すばらしいと思ってます!! 

さて、話は変わりまして、今夜は北アフリカ料理の
couscous(クスクス)にしました。
DSC01926.jpg

luluが日本に居るときから恋しがってたメルゲーズ
(merguez)と呼ばれる羊肉のソーセージを乗っけて
のバージョンです。以前パリでクスクスを食べに行った
時、luluがオーダーしたやつを一口もらったけれど
あんまり好きじゃないなぁ~と思ったけれどluluが
食べたいと言うので買ってみることに。
クスクスはいつも通り美味しく出来たと思うけれど
問題はこのソーセージ。
パックを開けた途端胸が悪くなるほど気持ち悪くて
酷い臭いが
luluが焼き始めると何となくいい香りに変わったから
大丈夫かと思ったんだけれど一口パクリ。
うっ。。マズイ・・・
これ食べられない。。羊肉が原因かしら??
食べなれてないので羊のせいだとは言い切れないけれ
ど、とてもじゃないけれど無理。。luluは軽快に
3本も食べてました。クオリティの問題じゃなさそう
なのでやっぱりこの食べ物がダメなんだ。。。
と言うわけでもう買わないでしょう。食べたいなら
lulu1人のときに買ってください、と言っておきま
した。加工肉製品は結構好きなんだけれどなぁ。。

そしてそして、今夜停電があったんですよ!!
バチーンと全部消えて外を見ようと思ったら既に
シャッター下ろしてたから見られず(電動式なので)
玄関のドアを開けて外をみると、どの家も真っ暗。
街灯も真っ暗。と言うことは町全体が停電。
luluは丁度隣町の友達と電話中でその人のところは
どうもなってなかったのでここだけの様子。
慌てて南に行ってる義両親に電話するといつもの
事だからしばらく我慢しなさいとの事。
しばらく・・・それはいつまででしょうか??
家のセントラルヒーティングも消えてしまい
ネットもない。。。なんだか心細いね。。と15分
ほどぼんやりしてると突然またバチンと音がして
電気復活!!
雷も落ちてない、天気は良好。いったい何が原因
だったんでしょうか????
よくあるって、何でだ??と不思議一杯でした。
手元にあつあつの湯たんぽがあってよかった
外はマイナス5℃。。このまま電気が無かったら
凍っちゃうところでした。

新しいパソコンの電源が突然落ちた為、不機嫌に
なったluluがしばらくぶりのフランスにちょいちょ
いイライラしてるのも面白い。
便利で行き届いた生活に慣れすぎちゃったみたい
ですね

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/16 22:11】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(6)

Galette Sarrasin

昨夜から降り始めた雪、今朝起きたらちゃんと積ってた
DSC01922.jpg

寒い寒いと感じるものの、外気は3度くらいなのでこれ
以上は積らないみたいね。雪遊びするほどではないけれ
ど、外は子供がキャーキャー言う声が聞こえてきてこち
らも何だかウキウキします。

先日購入したスーパーのブランドのお米。南仏産だった
んだけれど、リサーチしてネット上ではやや評判が
良かったから炊き立てをぱくっとしてみたら美味し
くなかった・・・
臭みとかはないけれど何となく粉っぽい。。
それはカレーの日に出したんだけれど、カレーと
食べればまったく問題なし、でもそのままおかずと
合わせて食べるにはあまりにもイケてない。。
luluを含め誰もが気にならないところをみると
cocoが神経質なだけかな???
とにかくピラフやチャーハンなどにすれば美味しく
食べられるのでその線で使い切ろう。(1kg)

昨夜はluluに先日の残りカレー。cocoは玉ねぎとベーコ
ンを混ぜ込んだケチャップライスでまたもオムライス♡
DSC01916.jpg

何度食べても飽きないわ~

さて、今夜はluluも食べたがってたそば粉のクレープ
Galette Sarrasin(ガレット・サラザン)
DSC01923.jpg

こちらは砂糖は加えずハム・チーズ・目玉焼き
を乗っけて食べました。そのほか、サワークリーム
とスモークサーモンの組み合わせとかベシャメル
ソースに炒めたきのこ類とかアレンジは無限ですね。
あっさりからこってりまでお好きなように
そば粉は体に本当にいいのと、必須アミノ酸がほぼ綺麗に
取れるので是非活用したい粉。出来れば一日1枚食べるな
んて出来たらいいかもね~。
フランスではとっても安くこのそば粉が購入できます。
レシピも日本で作ってたのと同じなんだけれど、粉の
挽き方が違うのか、フランスのそば粉で作ったほうが
香ばしく、そばの香りをたっぷり感じる出来栄えでし
た。フランス在住の方、是非フランスのそば粉で試して
みてくださ~い!!

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/15 23:27】 | おうちごはん-洋 | コメント(4)

乾麺で焼きそば

昼ごろになってふらりとluluが帰ってきた。
友達もつれて来たのでしばらくまた喋ったりしてると
お腹も空いてくる。1人なら果物くらいで抑えておこう
と思ったけれど人がいるとやっぱり何か食べたくなる
のね~

先日スーパーでこんなのを発見
DSC01912.jpg

ベルギー製卵つなぎの乾麺。
フランスでは本当の日本食材見つけるのは難しいけれど
本格的な中華食材はいとも簡単に見つかる。
羨ましい・・・
これを買ったときからずっと考えてた。
なんとか美味しい日本風の焼きそばが作れないかなぁ
と。色々味をイメージして何とか仕上がりました。
DSC01913.jpg

かなりイケます!!!!
焼きそば好きのluluに好評。
日本通のお友達(luluと一緒に日本語学校にも
通ってた)も大喜び。
もうちょっと改良の余地ありだけれど初回としては
成功にしておきましょう。

ちなみにこちらの乾麺、日本のインスタント麺の様に
油揚げしてなくてただ乾燥させただけで良いですね♪
原料を見ると、強力粉・薄力粉・卵・塩のみでした。
(出来れば卵入りではないものが良かったんだけれど)


テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/14 22:48】 | おうちごはん-アジアン・エスニック | コメント(8)

ビビリ屋、ひとりぼっちの夜

このタイトルを記したら思わずYoutube検索しちゃった。

これ、永六輔さんが安保運動のデモの帰り道をイメージ
して書いた曲なんだって。。
と、全然話はずれちゃいましたね。

2人とチビちゃんが泊まってくれて日曜は17時頃まで
まったりと過ごしました。みんなが帰る前にluluから
もう一晩遊んでていいぃ~とお伺いの電話あり。
両親と居ても何かと気を使ってるluluなので、ゆっく
りしておいでと伝えると、みんなが1人で大丈夫かと
えらく気を使ってくれました。もともと土曜は1人の
はずだったので何てこと無いと言い、夕方にバイバイ。
さて、ビビリのcocoですので完全に夜になる前に全て
を済ましましょう。
1人の夜はパスタに決まり!
冷蔵庫にはロックフォールチーズがあったのでこれで
ソースを作りました。
本当はゴルゴンゾーラ使用なんだけれど、似たような
青カビ系だしいっか~と思ったらやっぱりちょっと
違ってた。。。次回は元祖で行きましょう。
DSC01911.jpg

作り方は簡単!!
1人分ならフライパンに50gのゴルゴンゾーラと
スプーン2杯くらいのフレッシュクリームを入れて
弱火で溶かし、茹で上がったパスタを加えて
ざっと混ぜるだけ。
お皿に盛ったらこれでもかっ!と白胡椒をふりかけ
て召し上がれ~。
お家には黒胡椒しかなかったので黒をぱぱっと。

さて、早めの夕食を済ませて下階は鍵もシャッター
(窓の雨戸みたいなやつ)閉めて電気を消し、もう
降りてくる用事がないよう念入りにチェック。
その後さっさとお風呂に入って自室に閉じこもる
だけという段取り。やれやれ、1人でもなんてこと
ないやね~なんて思っていたけれど、夜がふけるに
つけて何となく怖くなってくる。何だか下で物音が
したような。。。。何だか人の気配があるようなと
思いつつも部屋から出ることも出来ず耳を澄ませて
ドギマギ!!
さっさと寝ればいいもののネットに夢中で結局1時まで
起きてた
夕食も早めだったので何だか小腹も空いてくる
イカンイカンと思いつつ、luluの隠し財産のこちらを
寝る前に失敬しちゃった。。
DSC01914.jpg

翌朝起きたらほっぺにアレルギー反応あり。。。
cocoはこのチョコのせいじゃないかと思ったんだけれど
luluはロックフォールチーズのせいじゃ!!と言い張る。
真相はいかに。。。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/13 16:46】 | おうちごはん-洋 | コメント(0)

ガールズナイト&初のおもてなし

本日より10日間、義両親はお出かけです
南フランスに老後のための小さなアパートがあって、
1ヶ月の半分は南、半分はこの北で過ごすという生活
を送ってるんだけれど、12月はcocoもやってきたし、
クリスマスの準備もあるしと忙しかったようで行けなか
ったみたい。 また今月から行動開始なんだけれど、
coco達を置いていくのが申し訳ないと思っているのか
気になるのか分からないけれど10日間だけ。。。
ゆっくりしてきて、気にしないでと何度も本心から
言ったけれど、ダメでした・・・(残念
すぐ近所にluluの幼馴染が住んでまして、土曜の夜は
泊まりに行く事になったのでcoco1人でお留守番。
初めての自分だけの時間かぁ~
とは言え、家にひとりぼっち、大丈夫かなぁ。。
とやや不安。ビビリなもんんで。。。

cocoが一人ぼっちらしい・・・それを聞きつけた
義姉が泊まりに行くわっと意気込んで連絡してきた。
当然チビちゃん(2歳半)もつれてくるんだけれど、
今度はそれを聞きつけたママちゃんがずるいぃと
嘆いていた。あんまり会えない孫が自分が居ない時
にくるなんて、、と。知らんがなそんなのと苦笑。。

luluは2人兄弟。お兄さんが居ますが、もうひとり
兄弟と同じように育った従兄弟が居て、彼らはよく
3人でツルム。当然兄と従兄弟のパートナーも一緒
でcocoはいつも仲良くしてもらってる。
今回、義姉は従兄弟のパートナーも声をかけてくれた
ので3人で夜中まで喋りっぱなし。
本当に楽しく過ごしたのと色んな事を新たに知れた。
家族の問題ってのはどこにでもちょいちょいあって
この家(親戚含む家族全体)にも色々あるんだけれ
ど、cocoたちは家族だよと言われ家族同然に色々気に
かけてもらってはいるけれどやっぱり新参者なわけ
ですよ。3人ともこの家族に加わって6年程になるん
だけれど何となくもやもやする部分はあって聞ける事
もあれば何となく聞かないほうがいいかなって事なんか
もあった。3人それぞれ知ってる事もあれば断片的に
知ってるとか、ちょっと聞いたことあるとか、
不思議に思ってる事とか、お互いの情報を交換し合っ
て納得たりとみんなで新たな発見を喜び合った
cocoは沢山のフランス人女性と知り合いではないし
色々なタイプの人がいるだろうと思うけれど、こちら
に来て、知り合った中でも親しくなったのが、この
オープンで、気取りが無く、話す言葉に現実味が
あってエネルギッシュに生きてる彼女達で本当に
嬉しいと思う。心からcocoの事をいつも気にかけて
くれてて本当に感謝してます。
楽しい夜だったなぁ~

さて、来てくれると決まった時は既に買出しが終わって
いて、大したおもてなしも出来なかったんだけれど、
パパちゃんから好きなワイン開けていいからねとお許
しを頂いてたのでみんなで地下まで喜んで駆け下りま
した♪
義姉が極力取らないようにしてるってくらいの軽いグル
テンアレルギーなのでアペリティフに野菜スティックと
味噌ディップを用意(これすっごく好評!!今度upしま
す)。それからポレンタ(コーンの粉)で作ったピザ
味のカナッペ
DSC01902.jpg

ルーくらいなら大丈夫と言って貰えたので先日届いた
中より早速使用のカレーライス
DSC01903.jpg

2人ともアジアンやエスニックな料理が大好きなの
ですごく喜んで貰えました♪日本のカレーは万国に
愛されるかしら♡

サラダとデザートは持参してくれました。ありがた
や~

翌日のランチにはそば粉のガレットを焼きました。
ガレットorクレープはみんな大好きだもんね。
外れなく上手くやれたと思う

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/12 20:30】 | 日々のこと | コメント(8)

フランスの郵便局

めでたく全ての荷物を受け取れて一安心のcoco
実は最後の荷物で不思議な事実を知ったのでした。

今居るこのluluの実家の町は小さい。
小さいと言っても結構人が住んでる住宅地なんだけれど
商店が軒を連ねてるとかそういう“街”ではないんだよ
ね。リタイア組みを含め老人が多いのも現状。
そこでフランスの郵便局、ここでは大した利益はないの
で閉鎖しようとしますが町全体の反対にあって断念。
かなり少ない人数で運営してます。窓口スタッフは2人
だけ。小包配達と普通郵便配達に1人ずつ(他の町も兼務)
裏方数名というかわいいサイズ。よって昼を交代で
取るのが大変だから12-14時はclose。営業は17時まで。
それでもお年寄りには十分でしょうね。

さて、cocoの荷物。1日目に4箱配達するも運搬はパパ
ちゃんがお手伝い。あ、担当者おばちゃんなんですよ。
どれも20kg前後の重たい物なのでね。
で、2日目3箱到着したけれどパパちゃんお出かけだった
のでママちゃんが運搬を見守るのみ。3日目残りの1箱
を心待ちにしてたけれど来ませんでした。。。。
散歩から戻ってきたママちゃんがポストに不在表を発見
するもいやいや午前は居たし、と言うと備考欄には
“荷物が重たいので配達できませんでした”つまり
郵便局まで取りに来いと言うこと。。。
唖然とするcocoにママちゃんが“昨日チップ渡さな
かったからかしら、、、きっとそうだわ。。”と。
チップぅ?? 何ですかそれ?と尋ねると、いつも
お世話になってるからチップ渡すのよって。わずか
3€程らしいけれど気持ちね。それからクリスマスには
チョコレートボックスをプレゼントしたとか。。
だって、彼女の仕事でしょ?!お給料もらってしかも
公務員だし重たくて持てないなら他の人がそれだけ
持ってくるとか、女性とか歳だとかってのが問題な
ら担当替えるべきでは。。。
まぁ、そうだけれどね~と何となく納得するものの
彼らのお給料ってあんまり良くないのよとかとやや
同情的。とにかくびっくりしてるときにluluが来た
ので事情を話すと日本の生活にどっぷりひたってた
luluも目を飛び出してびっくり!!“腐ってる”
と一言。
二人とも働いてた我が家はとにかく郵便局のお世話
になってた。不在届けがあれば2回でも3回でも
配達してくれたし、オフィスの近くで受け取れる
様に転送サービスも利用してた。不在BOXの不調で
鍵がかかってなかった事も1度あって、我が家の
小包は宅配BOXに入れないでほしいとお願いすれば
どういうシステムで管理されてるのか我が家宛の
荷物は必ず手渡しとなった。
近所の簡易郵便局は親切で便利だったし駅前には
24時間開いてる窓口のある大きな支局もあって
郵便局事情はとっても良かっただけにこの驚きは
当然。

パリの小包事情は聞くところによるともっと悪い
らしいので(配達されないで放置・ピンポンだけ
おして不在通知を入れ逃げていく等など)こうやっ
て無事に届いただけでも感動して、“フランスの
郵便事情もそう悪くないじゃん”なんて思ってたけ
れど最後の最後に知った事実でやっぱりフランスの
郵便局ってどうなんだぁ??と思うのであります・・

とは言え届けて貰えるだけでもありがたいと思うので
パリに移り住んだとしても荷物の受取指定はこの
町にしたほうがまだ良さそうね

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/11 12:43】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(8)

最後の1箱!!

じゃじゃ~ん
DSC01895.jpg
最後の荷物を受け取りました
これで10月末に送ったものはすべて間違いなく受け取る
事が出来ました!!後は11月末にも1箱だけ送ってる
のでその到着を楽しみにしてます。
今回は書籍と食品で制限30kgのギリギリ29kgパック。
受け取ったダンボールはcoco達が出したものではなく
てびっくりしたんだけれど、大きく破損があったので
フランスで梱包しなおしました、と。
ドキドキしながら空けてみたものの嘆くほどではない
具合だったので満足です。それより、自分がもっと
山ほど送ってたと思っていたのに意外に食品が少なかっ
たのが残念。。そうね、最小限にしましょうと決めて
送ったはずだもんね。
この1ヶ月、日本食材店やBIOショップ、スーパーの
アジアンコーナーなんかを見てると意外とあれもこれ
もそこそこの値段で手に入るんだなぁってのを確信
したので初回はこれで十分でしょう。
しかも今はお世話になってる身なのであまりこれらは
使わないかもねぇ。賞味期限とにらめっとしながら
計画的に食べようっと。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/10 23:50】 | 日々のこと | コメント(4)

ジラされる

昨日の続きなんだけれど・・・
今朝は残りの船便小包が届いた。3箱・・・
8個発送して昨日4箱届いたから、今日届くとすれば
残り4箱届くと勝手に想像していたけれどまさかの
持ち越し

どれも急ぎのものはないとは言え、やっぱり箱を開け
ると、あぁ~届いたぁって嬉しくなる。
今回は1箱ヒドく破損していた。
ママちゃんが受け取ってくれたんだけれどあまりの
酷さにどこかにクレーム出来る?って聞いてくれた
らしい。郵便局員さんの答えは
“私たちの落ち度じゃないわ”
と、予想通りの答え。
中を空けてみると外観とはうって変わり大した損失
もなくまいっか~の程度。
高価ではないけれどひとつ気に入って新調したもの
がダメになってた。フランスでも安く買えるものだし
ガッカリはしたものの“○○でも売ってたわ”とか
“○○に見に行ってみましょう!”とがっかり顔の
cocoを見て励ましてくれるママちゃん。
日本にいたら絶対どこかにクレームしてやるぅぅって
息巻くcocoだろうけれど、箱が届いただけでも有難い
となぜか此処では謙虚な気持ちに。届くかどうか
不安だったからかな??

さて、残るひつとは・・・
なんと食料品がメインの箱!!!!
かぁ~、じらしてくれるなぁ。
食品や書籍など重いものばかりを入れた箱だったので
先送りされたかしら?それとも食品が問題だったの
かっ?!
明日届きますように!!!!

わずかに今回の荷物に忍ばせてた調味料達。
DSC01894.jpg

破損が酷かった箱に入ってたけれど、どれも無事で
良かった
みりんなんて破れたダンボールからニョッキリ顔を
出してたからどうなってるかと思っちゃったよ

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/09 17:30】 | 日々のこと | コメント(0)

1/2だけ

昨年10/31日に日本から郵便局の船便で発送した荷物が
到着しました~
2ヶ月と8日ですね。
数日前にフランスに入荷した情報を得ていたので今か今
かと待っていたのですがcocoがまだぐーすかと寝てる
間にパパちゃんが受け取ってくれたらしい♪
朝下に下りていくと玄関にど~ん
DSC01891.jpg

ひゃっほ~い!!残りの4個は??とキョロキョロ。
来たのはこれだけだよと
同じ日に発送したのは8個で今回は4個のみ。。。
ここの配達担当は長年同じ女性の方らしいので
重たいから明日になるんじゃないの?との事でした。
明日ならいいけれどトラブルがあって税関でストップ
とかは避けたいところ
このくらいは予想の範囲ではあるけれど、FRAGILEの
文字も悲しく箱がちょっとボロっとなってましたが
中身は大丈夫。
これなんかはちょっと凄いね・・・
DSC01892.jpg

念入りに中をチェックしたけれど、だめもとで送った
沢山の食器類のうち、4つだけ破損してましたがこれも
まぁ、よしとしましょう。内1つは和食器だったのが
残念なところ。
さて、8箱のうち、2箱が食品類入りなのだけれど
みごと今回は該当せず。
どうか無事に到着しますように!!!!!

ママちゃんいわく、これでluluが帰国したのが町全体に
知られるわね。。。と。
そんな小さな町でもないと思うんだけれど

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/08 16:52】 | 日々のこと | コメント(6)

BIOショップとABマーク

義両親がcocoをしょっちゅうBIOショップに誘います。
BIOとはAgricultule Biologiqueの事で日本ではオーガ
ニック(無農薬有機栽培)と呼ばれるのが一般的じゃ
ないかな?
cocoがBIO商品に興味がある、商品成分や添加物に拘り
がある(煩いとも言う)のを知ってるのと、BIOショッ
プには日本に馴染みのある商品が多く売ってるので、
何か恋しいものがあるんじゃないか?何か足りない物
があるんじゃないかと色々気を使ってくれるからだと
思うんだよね~。 それと二人とも引退してるので
いつも何か面白いものをみつけにどこかに出かけたが
ってるってのもあるけれど。

日本では農産物・加工品に対してのオーガニック認証
マークである有機JASマークを認定している機関は
農林水産省。以前から規定値の緩さが色々問題には
なっているものの、加工物で言えば一般の加工品と
比べると添加物含有量なんかは雲泥の差なので値段
に大差が無い、または手の届く範囲であれば出来るだ
けオーガニック認定を受けているものを買うようにし
てました。その大事な基準となるのが前出の有機JAS
マークです。
フランスでは農産物・加工品に対してABマークって
いう認証マークでオーガニック(BIO)商品か
どうかというのを確認出来ます。
こういうのね
logo-ab-agriculture-biologique.jpg

さて、多くのブロガーさん達が目一杯写真を載せてる
のと比べると、普段図太いくせになぜかこういう所
が小心なcocoはお店で大胆に写真が撮れないので
ちょこっとだけ紹介。
BIOショップでは色んなオーガニック商品を売ってて
目移りしちゃうくらい楽しい。
目を引くものが色々ある中でやっぱり気になるのは和食
材。普通のスーパーではあまりお目にかからないものが
そろってて嬉しくなる。
DSC01798.jpg

右は普通の醤油でしょうね、そんで左はたまり醤油。
会社はオランダで多分購入元は日本ではないでしょう。
DSC01797.jpg

右はわかめ。フランスのブルターニュ産でした。
左は海苔。うっすらと日本語で“正真正銘日本の味”
って書いてあったけれど中国産でした。しかも色は
日本人なら買わないであろうすっごい緑色!写真のは
真っ黒な海苔だったのに惜しいね~。

まぁ、日本の商品を置いてるようで実は会社も購入元
も日本ではないというありがちな感じ。どこ産かなん
て買わないcocoにしてみれば気にもしないけれど、
味に関して言えば日本のですっ、て売ってるなら日本
の味をしっかり再現したものであって欲しいなぁ~。
日本の○○まずいよねぇ~って本来の味じゃないもの
を指して言われると何だか寂しいもんね。。。
あと、BIOっていう品質で言うならば最近、信憑性
を怪しむこの頃です。
というのも、ABマーク認証機関はプライベートな
企業らしく、以前は色々規制が厳しかったものの、
最近はお金さえ払えばABマークをつけてくれると
いうスキャンダラスな話が出ているとか。。。
まぁね~、安っぽいスーパーにまで“ピカピカの綺麗
な”BIO野菜が積みあがってるのを見ると本当かし
ら??と不思議になってくると言うもの。これについ
て知識のある方がいたら教えてくださいな。かなり興
味深々!!

さて、BIOショップはナチュラリストさんが多く来るの
で、天然素材を使った物も沢山売ってます。
もう帰ろうっと思って目に入ったのがこの子。
DSC01796.jpg

微妙に胡散臭いわね~なんて思いながら見て回った後
には、なんだか懐かしい人に出会った様な嬉しさがジン
ワリと込み上げました。
お値段4.5€ 高級なり・・・

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/07 21:40】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(6)

Galette des Rois(ガレット・デ・ロア)

ママちゃん手作りのガレット・デ・ロア
DSC01886.jpg

今日はガレット・デ・ロアというパイ菓子を食べる日
なのです
実際にはクリスマス頃から売られてて1月一杯は店頭で
見られるそうな。なので今日に限らずしばらく食べるチ
ャンスは続くでしょうね
特別旨くてたまらんって味でもないんだけれど、
シンプルで優しい味にホッとする感じ。
とは言え、cocoはこのガレットが好きです♡
中身はただのアーモンドクリーム。
DSC01888.jpg

ちょっとオーブンで暖めてホカホカのパイを頂くのは
冬の楽しみかも知れないですね~。
そして中には小さな陶器が1つ入ってて、それを当てた
人がロア(王様)になれるっていう食べ物。

これはキリスト教の公現節にまつわる行事から食べら
れてるんだけれど、宗教的意味はもう無いも等しい
ですね。お正月だからお餅を食べる!!くらいなもん
じゃないですかぁ??
詳しく知りたい方はwikiをどうぞ→ここ

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/06 10:35】 | おうちごはん-sweets | コメント(10)

Le bar(スズキ)

昨日から風邪が酷くなり寝込み中
一日ガウンでネットしたり、ちょっと眠ったり。
土曜は友達の誕生日会があったのに断念・・・

luluも調子はいまいちだし、パーティ続きでお疲れだか
ら二人そろっていかない事にしたとママちゃんと話して
ると“あら、行ってくればいいのに。ソーシャルライフ
は大切よぉ~”だって。。。健康あっての楽しみですか

フラフラして、ゴホゴホとしててどの薬にしようかと
お医者さんを呼ぼうかと心配してくれるものの、お出か
けはした方がいいのかぁ~? 確かにこちらの人たち
ゴホゴホしてて熱っぽいのだとか言っててもどこにでも
顔を出してるところをみると別のエネルギーがあるみ
たいですね・・・(だからあちこち風邪がまんえんし
てるんだよぉー)

とは言え、毎度フランスに来ては風邪を引いてるような
cocoですので、さすがに弱いなぁと何となく恥ずかしく
なってしまいます。イジイジとそんな話をしていると
全然違う環境・風土・食事の国から来て体を壊さない
方がおかしいくらい。少しずつ強くなるわよーと励まさ
れました。そうだといいなぁ~。日本では滅多に風邪
なんてひいた事ないのに・・・

さて、そんな日の夜ご飯はスズキの蒸し焼きでした。
ママちゃんが丁寧に3枚におろし、なんと小骨まできれ
いに取り除いてくれてました。
(予期してなくてすでにテーブルについてなかったの
でカメラなしぃぃぃ
用意されていたのはレモンバターソース。
cocoは食べないだろうとわかってたみたいで何で
食べたいか聞かれ、塩・胡椒とレモンだけでいいと
お願いした。たっぷりのレモンを絞って、頂きま~

うまか~!! 今思えば、醤油でもよかったなぁ♡

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/05 18:30】 | おうちごはん-洋 | コメント(2)

乾燥します-洗顔編 

室内の湿度35℃
luluの家の1階はだいたいこんな感じ。多分2階はもう
ちょっと低いでしょう・・・
がんがん暖房を炊いてる家ではなく、どちらかと言う
とcocoには薄ら寒いかなって感じ。とは言え今年は
暖冬で助かってます

もともと水分を多く取る体質ではないので来たばかり
の頃は気を使ってマメに水分を取ってたけれど、最近
はそう言えば食事の時位だなぁ。。。気をつけよう。

さて、乾燥する頭皮は色々対策を調べ、今のところ
落ち着いてます。が、肌も来たばかりの時は大変で
した
今までのフランス滞在も同じような症状だったけれど
“帰国すれば直る”と思って深く考えてなかった。
でもこれからはそうもいかない!!

cocoの毎度の症状はとにかく乾燥。
それからほっぺが赤くなってきて頬を中心に全体的
にもブツブツが出来始める。ストレスからくる内側
からの物とは違って何となく、これ表面だなぁって
感じのブツブツ&ザラザラ。

フランス女子に相談したところ、水道水の石灰の
せいよっ!と断言される。普段のお手入れを話すと
水で顔を洗っちゃだめよと。うわさのふき取り洗顔法
を伝授されるものの、cocoは肌が弱いのでコットン
でフキフキすると肌が荒れちゃうから洗い流したい
のだと主張。それならば・・・と進めてくれたのが
彼女が使ってるこれ。
DSC01754.jpg

彼女の場合、ふき取用のミルクタイプ化粧落しを
コットンにたっぷりつけて拭ったあとはこのスプレイ
をかけてさらにふき取って終了。そのままクリーム
ひとつつけてお休み~。なんだって。
cocoのバシャバシャ洗顔の跡にこれ吹きかけて水道水
を洗い落としてねと言われ、二日間使わせてもらった
ら固くなっていた肌がとっても柔らかくなっていた

何よりもお勧め!!と言われたけれど成分を見ると
結構色々入ってて水を洗い落とすだけなのにさらに
余分な物はonしたくないなぁと思い薬局へ相談に。
薬局のお姉さんは石灰を除去したいだけならこちら
のほうがお勧め、と。
DSC01757.jpg

日本でもお馴染みのアヴェンヌ・ウォーター。
(ただの温泉水ですな)
以前ニキビ肌だったときに化粧水代わりにお世話になり
ました
日本では300mlサイズが2千円越えだったけれど
さすが地元、こちらは300mlが2本セットで9€でおまけ
販売でした。これなら普段使い出来る価格ですね。

朝の洗顔の後、夜のお風呂の後とたっぷりスプレーし
ていますが肌の状態はすこぶる良好!! ブツブツも
ザラザラもなし、頬の赤みもなくてすべすべだし柔か
いし、ほぼ使用し始めて1ヶ月だけれどまだ1ボトル目
を消費してる最中です。

肌にお悩みの方試してみてくださいね~

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/04 12:14】 | 美容と健康 | コメント(4)

手打ちうどん


DSC01885.jpg

フランスで初のうどん作りに挑戦!
小麦粉の分類が日本のグルテン含有量の表示の仕方と
違うため区分が良くわからずお友達に聞いたり、色々
調べたり。結局フランスの小麦粉の分け方って胚芽の
含有量で区分してるみたいで中力粉に近い表示は
Type55と言うものだそうな。。。
実際バゲットを焼いたりピザ生地を焼いたりするのも
これとの事。日本なら強力粉を使うよね???という
疑問はさておき聞いたとおり55で作成。
しっかり腰のある美味しいシコシコ麺が出来ました!!
胚芽の含有量というだけあって小麦粉に当たるType45
よりはちょっと色がついてて茹で上げても真っ白な
うどんではないのですね~。
葱がなく、ポワロ葱というややパンチが足りない品種
を使いましたがお粥に続き、チキンの出汁にポワロと
生姜をたっぷり加えて実家から持ってきた味噌を加え
て美味しいうどんになりました
今回は粉を250gでテスト的に作ったけれど軽く3回分
に分けて保存できましたよ。
明日のお昼は焼きうどんにでもしようかなぁ~♪

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/01/03 21:05】 | おうちごはん-和 | コメント(0)
次へ

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。