cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

家事は誰がする?

女は家事が出来て当たり前!!
な~んて事思っちょりません。男性もすればいいし、
誰がやってもいいと思う。
でも、フランスに来てびっくりするのが“料理できない”
って女性に結構遭遇する事。“我が家の料理担当は父だ”
という人もいる。しないのではなくて出来ないのですよ!
“料理の仕方を知らないの・・”だって!
驚きじゃないですか???

見てるとフランスは男性がかなり積極的に家事をこなし
てます。水曜日は学校が休みなのだけれど子供をつれて
お散歩してるパパちゃんたくさん居るし(仕事は??)
子供と連れ立ってスーパーに来てる父子も良く見る。
メトロでは学校に迎えに行った帰りの父子もよく見る
光景。 今のアパルトマンのキッチンからは中庭を隔てた
向かいの棟のリビングが丸見えなのだけれど、子供と遊ん
でいるパパ、それが終わってから洗濯をたたんでいるパパ
の姿が。義兄も帰国の際には子供をお風呂に入れたり、
オムツを替えたり、みんなが遊びに行った時にはささっと
アペロの準備をしたり。分からなかったらパートナーに
聞きに来るも彼女は座って簡単に指示するだけ。そして
お喋り続行!
こういうのを楽しんでやっているのかと思えばそれは人
によりけり。luluと2人だとcocoが何でもやっちゃうの
を見てると男性陣、“いいなぁ~、日本式は”と必ず
いう。cocoも日本では家に遊びに来た女性人からは
“いいなぁ~仏夫は色々してくれて”っと言われる位
だから決して日本式って程ではないと思うんだけれど
“フランス式”と比べるとまだまだなんでしょうね。

フランスだと、テーブルについてると女性が男性に
これもう一度トーストしてきてとパンを差し出す。
食後にソファーでみんなでくつろいでると、彼に
私のお酒お代わり持ってきて。なんてよく頼んでる
人も見る。(笑顔で)
なんで自分で行かないんだろうなんて思いながら
眺めるcoco。

さて、前置きが長くなったけれど、数ヶ月をluluの
実家で過ごし、また1ヶ月以上伯母さんと過ごしてる
とこの2人の姉妹(luluママ&luluママ姉)の違いが
見えてきます。
同じ家庭で育っても他人格だしこれだけ生活が変われ
ば全く習慣も違うものとなってます。
luluママは料理は好きじゃないけれど子供も居たので
それなりにやります。でも好きじゃないから大して
手をかけない。適当適当で過ごしてきた。
掃除洗濯はluluパパ担当。シーツからパンツまでバシ
っとアイロンをかけるのが大好き。とっても綺麗好き
です。
細かい掃除はママちゃん担当。でも綺麗好きだけれど
掃除が嫌いだからイライラしながらいつも掃除して
ます。顔が怒っててマジ怖いです。

伯母さんはと言うと料理できません。全然。
一人暮らしなので二日に1回は友達やパートナーと外食。
なので一人の時はサラダを食べるかパンにバターだけ
塗ってかじってるか。
掃除は大嫌い。汚れてるのも全然気にならないから掃除
はしません。最後に掃除機つかったのいつか分からない
から使い方分からないってマジ顔で言ってた。。。
cocoは綺麗な部屋が好きなので毎週お掃除してます。
おじさんにcocoが居なくなったらここはまたどうなる
のやら、、と言われた
あんた、してあげたらよろしいのにとつぶやくcoco。
でも伯母さんはお洒落さんなので洗濯とアイロンがけだ
け以上に熱を燃やす。cocoのシーツも枕カバーもバシー
といつもアイロンかかってます。cocoはアイロンがけ
苦手なのでシーツになんかアイロンかけません。。。

日本でよその家の家事事情なんてあんまり聞いた事が
ないけれど、全然料理しないとか掃除は全部お父さんが
やってるとか聞いた事ないような。。。
色々見てると違いがあって面白いなぁ。

因みにluluはパパ譲りか掃除好きです。良かった、ママ
方の血が薄そうで

スポンサーサイト

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/28 23:34】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(10)

変化に合わせて

ヴァカンス明けから学校が恐ろしくレベルアップして
てんてこ舞いのcocoです。2時間で物足りないわと初め
は思ったものですが帰って復習したり朝は予習をしたり
と次のヴァカンスがもう待ち遠しいです。

先日の故郷小包の中に胡桃の佃煮があったのをご紹介
したのですが、実は生のくるみもたっぷり入っていま
した。なので最近のおやつは・・・
じゃん
DSC02213.jpg

胡桃です
以前からそうですが、スナック好きそして空腹が耐えら
れないcocoですので変なものを口にしないように手の平
サイズの小さいタッパに色々つめていつも持ち歩いて
います。お腹が好いたらどこでもむしゃむしゃします。
ここに入るのはたいていアーモンド、胡桃、ドライデー
ツです。ドライデーツ(なつめやし)はフランスでは
かなり安価で手に入ります。bioのものさえ日本より
かなり安い!!木の実類もフランスはとっても安いです。
でもそれはおつまみコーナーに売ってる味付けやフライ
されたものならって話。cocoが求めるのは塩なしで
ローストしただけのもの。もしくは乾燥させただけの
もの。これらはなぜか結構高いです。なんでだろう??
フランスってスナックはびっくりするくらい安いんで
すよね。アメリカほどではないけれどbigパックでも
1€台だったり。。。とは言えスナックには出来るだけ
手を出さないようにしてますので高いなぁと思いながら
もナッツを買っております。なので胡桃はとっても嬉し
い贈り物でした♪

さて、色々口にするものに気を使う努力をしてるけれど
日本と同じようには行きません。まずは食材が何もかも
違うのだから。。。。
cocoのバイブル的存在のこの本
31938720.jpg

これ皆さんにお勧めです。cocoの食人生がすっかり
変わってしまったと言ってもいいくらい(でもないか
・・・)のためになる本です。ところが、ここで推奨
されるのは基本玄米。これ難なくフランスでもクリア。
そしておかずは、蒸した魚に豆類やひじきをたっぷり。
お味噌汁も忘れずに。なんていうもの。ちょっとここ
では厳しいねぇ。どんどんかけ離れていく食生活の変化
に不安を覚えながらの生活を続けるcoco。パリではそれ
なりに好きにやってるけれど、luluの実家ではあんまり
主張や拒否するのもね。。。

それで最近読んでる本はこちら
31627682.jpg

これも日本に居るときから読んでたんだけれど、先の
本の方を好んでたのでちょっと端へ追いやってたん
だけれど、これが今はぴったりと当てはまるのです。

著者はイギリス人女性。
オーガニックダイエットだなんて大層な邦題タイトル
がついてるけれど、現代は“You are what you eat”
です。つまり“あなたはあなたが食べたもので出来てい
る”です。だらしない体や何らかの健康障害が起こって
いるのも食べ物で改善できますよって内容。
あれをどれだけ食べろ、これは食べては行けませんって
ことは書いてない。食べてもいいものはコレですよって
事がじっくり書かれてる。またその必要性も説明され
ている。患者モデルがイギリス人であるため、すすめ
ている食材もイギリスで手に入るものばかり。つまり
ヨーロッパですね。フランでも見渡せばそこらじゅう
にあるものばかり。
ストレスがたまったりしているとどうしてもだらしなく
食べてしまったりするもの。そうするといつまでたって
も元気になれなくてどんどんだらしない生活を送り
気分もなんとなく落ち込んでってのが続きますがそうい
う時、この本読むとまたシャキーンとする。
こうやってたまに堕落し、また復活しと繰り返すcoco
の食生活です。

因みにパリに来てからまた朝のレモン汁を復活しまし
た。すこぶるお腹の調子がいいですよ。
大き目のレモン1/2の果汁をしっかり絞りコップ1杯の
ぬるま湯に入れてグビっと目覚めの1杯。これだけ。
小さめなら1個絞っちゃってね。ポイントはぬるま湯
です。



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/28 22:40】 | 美容と健康 | コメント(6)

お母さんの味

2週間前に雪なんか降ったっけ?ってくらい何となく
日に日に気温が上がるんじゃないかしらなんて期待した
のもつかぬ間、また今週は寒いようで、春は遠いなぁ~

金曜の授業の後、久しぶりにluluの実家に帰ったら
家族の集いが容易されてて、伯父さんや伯母さん従兄弟
と帰国してる義兄家族などが終結。
とても楽しかったけれどまたluluママにイラついて。。。
こっそり白目むいてたらしっかり皆にはみられてて、色々
励ましの言葉をもらいました。。。義父サイドは本当に
みんないい人ばかりです

さて、今回楽しみにして帰って来たには訳があります。
日本の両親から荷物が届いてるよ~って連絡があった!
数日前に先日バレンタインにチョコを送ったのでお返し
にお母さんのクッキーを送りますって言われてて

胡桃がたっぷり入ったなつかしのクッキー
DSC02208.jpg

数日間のフライトで少し湿気を含んだようなので再度
オーブンで暖めなおしてサックサクに変身
coco以上にこだわり派のお母さんが作るクッキーは優しい
味と悪いものが絶対に入ってない事が分かってるのでそれ
だけでもうホッとします。義両親にも勧めてあげると
甘さ控えめと味わいが深いのにかなり驚いてました。
砂糖ってこのくらいで十分美味しいのね~っとか胡桃を
沢山入れるっていいわね~とか。真っ白なお砂糖と精白
された小麦粉だけのGI値を上げたいだけですか?っていう
ガトーとは訳が違うんだぜと心の中でつぶやく
孫が遊びに来ても(2.5歳)白いお砂糖なめさせて喜んで
るの見るとぞっとします。。

そしてこんなものも入ってました。
胡桃の佃煮
DSC02212.jpg

金沢は胡桃の佃煮が有名ですがこちらもお母さんお手製
です。早速パリで玄米ご飯に添えて頂きました。
んま~い
因みに今夜のご飯はにんにくたっぷりのオムレツだった
んだけれど箸休め的な物が段々ほしくなって来ました。
そういう歳なんでしょうかね~
他にも高野豆腐や関西うどんスープの素なども入って
ました!!!
日本からは中身の何倍も高い送料となってしまうので
気が引けます。今のところ自由に料理もしてないから
あんまり調味料なんかも消費してないけれど本当に
必要なものがあったら船便で送れるようなものをいつか
お願いしよーっと。
とは言え本当に嬉しいサプライズでした。
ありがとう、大事に大事に食べまーす
あ、クッキーはルluluと2人でペロっと食べちゃったけれ

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/24 20:52】 | 日々のこと | コメント(6)

フランスで玄米

日本に居るときから玄米派だったcoco。
フランスでも美味しくて安全な玄米を食べたいと思い
一応日本から10kg運んだんだけれど、まだ手を付け
てません
coco炊飯はお鍋でやってるんだけれど、luluが先日
実家からお鍋を運んでくれたのでパリでも炊飯を試して
みることに。
目を付けていた玄米をBIOショップで購入。
DSC02169.jpg

イタリア産の玄米です。
お米の種類は長細いのとか黄色いのとか香米とかいろ
いろあるけれど、これは日本のにとても似てます。
小粒でぷっくりしてる感じ。
水で溶いてると日本の玄米よりゴミというか籾殻の
残りだと思うんだけれどそういうのが結構浮いてくる
ので日本だと2.3回くらいささっと洗ってただけがもう
ちょっと丁寧に洗いましたよ。

IHでの炊飯は慣れませんが・・・何とか蟹穴と呼ばれる
ものも綺麗に出来て上手に炊飯出来た証拠かと
DSC02205.jpg

この夜は伯母さんが旅行から帰ってくるし、cocoも
金曜の授業の後にluluの実家に行くので冷蔵庫を
片つけようと余り物の掃除。
玉ねぎとにんにくをじっくり炒めて人参と白菜とトマト
を投入。
白菜の水分だけでじっくり煮てカレー粉で味付けし
豆乳でクリーミーにしてちょっと醤油をたらす。
和風なカレーの完成です!!
DSC02207.jpg

肝心のご飯の味はと言うと。。。美味しい~♡
フランスで白米を買うと大抵はちょっと粉っぽかった
り、ちょっと臭いを感じたりと微妙なのです。
(精米技術の問題だと以前聞きました)
そして結構高い。スーパーでお寿司用のお米も売って
るし、日本食材店にも売ってるのは前にも紹介した
けれど安心安全の美味しいお米が食べたい。BIO
ショップ本当に楽しいです。そしてお手ごろ。
“日本食だよ~”とか“日本のお米だよ~”って
売ると付加価値が高くつけられるだけあって割高なん
だよね。。。

ここで玄米のお話をちょっと。
以前のブログにも買いたけれど、玄米ってのは白米と
比べて精米してない。つまり栄養もたっぷり残って
いるけれど、その分残留農薬も心配。なのでやっぱり
無農薬や有機肥料などこだわりのある商品を選びたい
ところ。
さらに、炊飯についてですが普通白米はといだ後30分
くらい水にさらすけれど玄米は一昼夜。つまり12時間
はさらしてくださいね。
以前講習を受けた時に詳しく説明して貰ってとても
納得できる内容でした。簡単にこちらに書いて
あるので良かったら読んでみてくださいね。
玄米の浸水時間と圧力鍋のお話

さて、今回の炊飯を覚書として残しておきます。
【材料】
玄米 2合
水 400cc(1合180ccに大して200ccのお水)

【炊き方】Staub鍋使用
・お米の汚れをとってざっと洗ったら12時間浸水
(心配なら冷蔵庫の中で-夏は必須)
IHの場合
・お鍋に蓋をしないで一番強より1段階低い強さにする
・沸騰したらスプーンでぐるっとひと混ぜ
・全体がぶくぶくし、お米が踊り始めたら蓋をして一番
 弱い強さに変えてそのまま30~35分炊飯。
・炊飯が終了したら熱からはずして15分蒸らす
 ここまで絶対蓋を開けないこと
・蒸らしが終わったらさっくり混ぜて出来上がり

cocoはポロポロじゃなくてやわらかめが好きなので
こんな感じです。それでもまだ玄米のぷちぷちっと
した感触は残ってますよ。

さて、これでフランスの玄米事情は問題なしと判明。
白米を食べたいメニューの日もあるので白米の研究も
しますかね。。。
今度は日本から運んだ玄米の話をしま~す!


テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/21 23:49】 | 美容と健康 | コメント(4)

マーボー豆腐♡

luluのお兄ちゃんは海外で働いていますが3ヶ月に
一度休暇を取って帰ってきます。先週の木曜日から帰国
中~。なので家族の会がちょこちょこ続きます。
日曜はお兄ちゃんの家に呼ばれて美味しい中華料理を
ご馳走になりました。(カメラ忘れた~
そして火曜の夜はlulu達の従兄弟の家にお呼ばれ。
と言っても、luluのお兄ちゃんと従兄弟は同じ建物の
同じフロアに住んでます。もっと言っちゃえばお向かい
さんなので玄関開けてハロー!って感じですね。
なのでスリッパで行き来してますよ。羨ましい。

そんな訳で学校が終わってからluluと従兄弟宅へ。
泊まっていっていいよって言われたけれどcoco達
お世話になりすぎなので実はcocoは帰ろうと思って
いた。。。
集合は7時。アペロタイムから始まりまして食事が
始まったのはなんと10時・・・食事が終わったのも
1時っツー事で帰るのはあきらめました

さてこの夜は以前彼らのためにcocoが出来合いのソース
で作った麻婆豆腐がかなり気に入ったみたいで今度は
自分で作ってみたとまたマーボーにありつけました♡
東京生活からのブログをご存知の方はもうご周知の通り
cocoバカみたいにマーボー好きなのですよ
(只今、テンメンジャン探し中)
そしてグリルポークのココナッツサテソースがけ。
DSC02176.jpg
サテソースは従兄弟の十八番料理です。もう感激して
ガツガツ食べまくっちゃいました!!
DSC02179.jpg

みんなにもライスが出るときのcocoの食いっぷりは
別人だと言われた。ご飯がってよりはこのご飯に合う
おかずがより好みだという事ですのよ

ピリ辛どころかめっちゃスパイシー好きの義姉はこの
マーボーに心を奪われたみたいでどうやって作るのとか
あのお店で見つかるの?とかすっごい聞いてました。
彼女もほぼ毎日ご飯の人なので(グルテンアレルギー)
こういう食事が大好き。
ふふふ、どんどん広がりますね。マーボーの輪

そして翌日はcocoが帰る時に余ったマーボーを持たせて
くれました。帰宅後ちょっと遅いお昼にはまたもや麻婆
豆腐です。何度食べても美味い
DSC02202.jpg


テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/20 18:04】 | 日々のこと | コメント(4)

パリのキッチンから

本日のパリ。
只今気温8℃とは言うけれど風が強くて曇り空。
どよ~ん
DSC02163.jpg

風が強いので雲がどんどん流れて行きます。
でも正直言って雪国出身者にはこういう空ほんと落ち着き
ます。とは言え太陽も恋しいのだけれど

さて、こちらはキッチンからの風景。
こんな様子を眺めながら本日のお昼ご飯作成。
DSC02161.jpg

アボカドと豆乳のクリームパスタ。メッチャ簡単で
かなり美味です!!美肌パスタですが問題は炭水化物
取りすぎって事ですかね(パンも添えた)

一人は食材をどうしていいものやらと色々考えちゃい
ます。玉ねぎも出来るだけ1度で使いきれるように
小さめのをチョイスしたり。
ところが立派で綺麗な白菜を発見したので思わず購入
しちゃったのですが、消費が大変。毎日白菜尽くしで
すよ!!以前買ったのはスペイン産でしたが、今回は
フランス産でした。どの辺で作ってるんでしょうか
ね~。 
ある日は白菜・にんにく・人参・玉ねぎ・トマトを
炒めて豆乳でクリーム仕立てにし、上にソテーした
サーモンon。
木曜日

またある日は白菜、ハムをごま油で炒め煮して豆乳
スープ。ちょっと中華風な感じでがつがつ食べちゃい
ました。
DSC02159.jpg

あと2品程似たようなものを食べてます。白菜まだ
残ってるね・・・・調味料もあんまりないし何に
しましょ。。。

さて、6日間一人暮らしだと思っていたら今夜は
お呼ばれしてるのでそれに合わせてluluもそのまま
パリ滞在。明日からは学校だし一人のびのびの時間
は意外と少なかった・・・あ、別にluluが邪魔とか
そういうのでは決して。。。

ではもうちょっと学校のための予習しとこうか。
下にアボカドクリームのレシピ載せておきます。
一人のお昼ご飯の時などどうぞ~♡

【材料】一人分
アボカド(大) 1/2個
豆乳 ソースにしたい分だけ
塩・胡椒 適量
お好みで パルミジャーノ摩り下ろし
     トマト 角切り

【作り方】
1)パスタをゆでている間にフライパンに良く熟した
 アボカドを入れフョークでマッシュする
2)豆乳を注ぎ火にかける。豆乳が分離しないように
 火加減に注意
3)塩コショウで味付け
4)茹で上がったパスタの水をよく切ってまぜまぜ
 して出来上がり。

味にあまりパンチがないのでしっかり塩コショウする
と美味しいです。cocoは出来上がりにもまだ胡椒を
かけました。胡椒Loveですので。
ざく切りトマトを載せたりチーズを散らしたりして
食べるとアクセントあって美味しいですよ~。

因みにトマトはカット後にサッと火を通してあります
が生が好きな方はそのままで。

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

【2013/03/17 15:46】 | おうちごはん-洋 | コメント(4)

いざっ!!

朝は食べないcocoですが最近は果物を食べるように
してます。冬はリンゴを食べたいので先日のRoyal Gala
に続いて開拓中。
フランスのリンゴは小ぶりだから皮のまま食べたいので
(朝も楽だし)bioリンゴが欲しくて近所を探してたんだ
けれど数日見つからず。先日のbioショップも美味しそう
じゃなかったし。。。
それでマルシェの日に見に行ってみようと思いこの日を
待っていました。
cocoの近所にはそこそこのサイズのマルシェ(市)が
立ちます。毎週水曜・土曜の二日だけ。
今回はカメラ忘れちゃったので次回取りますね!

マルシェは勢いもあるし、対面だしちょっと冷やかして
るだけですぐに話しかけられちゃうしでドキドキですが
リンゴの為だ!!頑張るぞっ
長いマルシェを往復してbioマルシェを数件発見。
その中でも好みのリンゴがあるのは1件だけでした。
他のはcocoがあんまり好きじゃない梨みたいな色して
ジャガイモみたいにゴツゴツしたやつばっかりでした。

ちょいと人手が少なくなってる事を確認し、ドキドキしな
がらおじさんにリンゴ4つ下さいな、と言うと好きなの
選んでねと言われてじっくり吟味。ついでに立派なbio
レモンも発見。久しぶりに皮を摩り下ろしたい♡
測りに乗せてってところでおじさん他の人から声が
かかっちゃった。すかさず3.15€ですって日本語で。
ん???目を向けた先はもう一人のスタッフ。なんと
日本女性でした?!
ご夫婦なんだって。全然気づきませんでした
しばらくお喋りして帰ろうかなぁっと思い、水曜日も
居るかな?って聞いたら私達は土曜日だけなのよ、
また来てね~って。
が~ん
cocoはだいたい金曜の授業の後そのままlulu実家に
旅立つので土曜日はきっと殆ど居ないだろうなぁ~。
水曜日の分までと思いリンゴは4つだけ。。。
フランスでは珍しい北海道かぼちゃ(栗かぼちゃの
事かな)も売ってたのであれも買えばよかった~。
うぅ、水曜日また新しいお店を開拓してみましょう。

あんなにドキドキして行ったのに、仏語でも英語でも
なく日本語でお買い物出来るとは。。。

初のマルシェ収穫です
因みにリンゴはPink Ladyって種類ですよ。
DSC02160.jpg

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/16 01:18】 | 日々のこと | コメント(8)

今日から6日間

むひ、むひひ~
伯母さん、今朝からイタリアはローマに出かけちゃい
まして6日間一人住まいなんです
出かけてすぐにしたことは、掃除・・・
伯母さん掃除嫌いなのよ。。。でも3時間ほどかけて
cocoがピカピカに仕あげました。ま、帰国したらまた
3日間で汚されるんだろうなぁ~。
この話はまた別記事で。

朝から天気はよかったけれど気温は低い。
お昼ご飯を済ませた頃には気温が6℃と表示されて
のでよしっ!っとお出かけ。 地図を見て近所にbio
ショップがないか探してたのだけれど二つそろって
比較的近い場所に有名どころ2件があったので出かけ
て来ました。
BIOCOOP と NATURALIA
この地域に限ってかも知れませんが、個人的にBIOCOOP
の方が品揃えやお店の作り、清潔度なんかはcoco好み。
でも同じものが両方売ってるものなんかは値段の比較
が出来るからこれは、こっちで買いだな、これなら
あっちのお店だなってのをインプット。 どちらも
普通のスーパーと比べると格段にお客さんは少ないの
でbio野菜なんかは鮮度が悪そうでした。いくらbioでも
これはないだろう。。。と東京のNatural Houseを思い
出しちゃいましたよ
あ、でもNaturaliaはお豆腐コーナーが非常に充実し
てまして、こんなの見つけたんだけれどコレ食べた事
ある人います??
filets-de-tofu-taifun.jpg

豆腐フィレ???
詳しくはこちら→(web掲載情報
こんなのも発見!→ここ
う~ん、中身はただのお豆腐に見えますがそれなら
普通のお豆腐買ったほうが安上がり。

1パック2枚入りで1.50€。そう高くはないのでちょっ
と試したかったけれど何物か分からなくてあきらめました。
帰ってネットで見てたらバゲットにこれとアルファルファ
を挟んで作ったサンドイッチなどの画像が。。。
見た感じはさつま揚げでしたが。
情報お待ちしております。

さて、じっくり観察してまわって何も購入せず退散。
伯母さんの家何にもなくて(料理しない人だから)
本当に作りたいものを作るとなると一から揃えなきゃ
いけないので買いたいものがあっても迷うところ。。
先日はフライパンを持ち込みました。家からココット
鍋も持って来たいけれど重たすぎですなぁ~。
ご飯食べたい。。。

さて、そんじゃ買い物でもして帰ろうかね~と近所の
スーパーへ。なんたって6日間一人ですから♡
伯母さんのアパルトマン2件隣は便利な事にスーパー
です。でも伯母さんは5分離れたMonoprixっていう
スーパーに行きます。伯母さん曰く、生鮮食品が隣の
は粗悪・・・だそう。
お料理殆どしないのに良く見てるねぇ。
その通りでお値段安めですが生鮮品は伯母さんが言う通
り。なので重たい水とか加工品・既製品(パスタやティ
ッシュなど)はcocoはこちらで買って生鮮品や別に欲し
い物があるときはMonopurixへ行ってます。

そしてついにやっとやっと作ろうと思っていたこれを
作りました。
DSC02153.jpg
Monopurixお買い物ポイントカード!!えへへ。
何だか生活してるって実感が湧きます。
一人でカウンター行くのが怖くて出かける前に何て
言うのか何度も練習してぶつぶつ言いながら出発。
上手くいえました。オバちゃんも親切だったし♪
初めはめんどくさくて“英語でいいですか”って聞いち
ゃえばいいっかぁ~なんて思ってたんだけれどそれじゃ
イカンと思って

帰りには以前から気になってたスーパー内にあるカフェ
の計り売り茶葉も頑張って購入!!大好きなアッサム
はないとの事なのでこちらにしました。
DSC02154.jpg

ふぅ、また今日も達成感

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/15 01:11】 | 日々のこと | コメント(6)

今の住まいとパリの日本レストラン

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2013/03/14 18:13】 | 日々のこと

OFIIのフランス語レベルチェック

今日はGare de Lyon駅周辺にお出かけ。
しっかり下調べした地図と路線図片手に完全防備で出か
けます。
昨夜にはこんもりと積もっていたベランダも昼頃には
消えてしまい道路も殆どなくなっちゃいました。
DSC02151.jpg

とは言えマイナス1℃~1℃を行ったり来たりの温度
なのにこんなに早く無くなっちゃうんだね。。体感
的にはもうちょっと暖かかったんだけれど雪のお陰
でしょうか
出かける前には義母から伯母さんに電話がかかって
来てて、大丈夫、大丈夫よと何度も伯母さんが言っ
てる。cocoの様子を伺ってる事はすぐにわかった
のでまたちょいイラ。。子供じゃないんですけれど
ね~

さて、無視して気分良くお出かけしましょう~♪
結構早めに出たのでゆっくり通りの名前をひとつ
ずつ確認しながら通過します。
時間より早かったけれど回りには冷やかしに入れ
そうなお店もないしベルを押したらすぐに開けて
くれたのでホカホカな中で待つ事に。
お姉さんに“ありがと、ムッシュー”って言って
しまってからしまった~と慌てて口を押さえると
いいのよいいのよ、女っぽくしてるつもりなんだ
けれどねと冗談で慰めてくれました。
最近お店の人にもtu(タメ口語)と言っちゃった
しこういうのは自己嫌悪の連続でしょうな~。

さて、テストのお姉さん登場。
テストじゃなくてレベルを確認するだけだから
分からなくても問題じゃないの。気楽にねって
感じのことを言われて口笛吹きながら(イメージ
ね)テスト開始。最後の1枚だけレポート書けみたい
な感じのがあって、何についての事なのかさっぱり
わからず白紙で提出。それ以外はまあまあいけたと
思います。
その後別室に通されて視覚で判断したものを口頭で
述べるというチェックがありましたがこれはダメ
ダメですね。目の前でお姉さんが最後に用紙に色々
記入するんだけれど、口頭のところはレベルA1つまり
初級、ペーパーテストはレベルA3とA4をつけられま
したので口頭よりはできてるって事ですね。

色々インタビューを受けて用紙を記入し、これを他の
セクションに送るから後日そこから詳しい連絡が
郵送で届きますとの事。
ちょっと不安になったので今のレベルで何時間位い
のレッスンが受けられますか? と聞くと、別の
セクションが判断するから分からないの、と。
じゃあ郵便はいつごろ届きますか?と聞くとそれも
こちらからじゃないので分からないけれど、2週間後
かもしれないし、1ヵ月後かもって言ったから驚いて
1ヶ月???って聞き返したら、もっと長いかもって
嬉しそうにニヤニヤしてました。こういう茶目っ気
たっぷりの人多いなぁ~。

まぁ、待つしかないという事で退散。退散するときも
ゲートがあるんだけれど、cocoはどうもこのセキュリ
ティボタン付きのゲートって今だ慣れなくてどっかに
留め金はずすところないのかとか押したり引いたりして
頑張ってしまいました
見かねて中から助けが来てくれましたけれど
luluの実家、伯母さんのアパート、どこもかしこも
敷地内から出るときは2箇所くらいボタンがあってそれ
を押さないとドアはびくともしない仕掛けなんですねぇ。
時々、ものすごく雑な電気システムとか電化製品とか
あるんだけれど、たまにびっくりする部分に力入れて
るなぁ、フランスって思います。 それだけ犯罪が多い
んでしょうね。。。

わずか30分程の簡単なものだったので帰り道はルンルン
と気分良くまわりを観察。
郵便局がとってもゴージャスだったり
DSC02148.jpg

消防署が美しかったり
DSC02150.jpg

その入り口を守る人形が恐ろしかったり
(これ絶対夜怖い)
DSC02149.jpg

知らない町はちょいちょい楽しい物が見つかります
ねぇ

まだ時間があったのでちょっとした用事を済ませに
初、日本大使館へも行ってきました。
東京の各国大使館もそうでしたがまぁ~立派なところ
にありますね~。
エトワールすぐ近くですよ、すぐすぐ。
これは別の手続きを始めてるのでまた改めて掲載しま
す。

日本の大使館も皆さんとっても親切でした。
やるべきことをささっと手際よく済ませて抜け落ち
があってもこちらで埋めておきますねってな感じで
そつがなくにこやか。でも、ここしばらくフランス人
のスタッフとやり取りする事が多かったのでそれと
比べると機械的なだなぁ~なんて。。。ね
ん~、でも久しぶりに懐かしい対応に出会ってなんだ
か気分は良かったけれど。

大使館の用事も終わりやっとお家へ
初めて一人で下調べして何度も乗り換えなどして
仏語でやり取りなんかも出来たし(タジタジと)
こうやって少しずつクリヤして生活に入っていける
んだなぁ~と実感。達成感もあり♪
あ、でも大使館からの帰りは反対方向の地下鉄に
乗っちゃって二つ目で慌てて反対に乗り換えに
ま、こういうのは東京でもよくやってたんで。。。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/13 21:53】 | 手続き関連 | コメント(4)

新しい幕開け

不適切かも知れませんが、
キュートで人の良さそうなオジイチャンが選ばれました
ね。


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2013/03/13 21:00】 | 日々のこと | コメント(0)

三寒四温というけれど


DSC02129.jpg

もうすぐ復活祭(Pâques)ですね。
パティスリーの前にはこれでもかー!!のチョコレート
が展示。大きな卵型は110€?!誰が買うんだろう・・・
質問したら中身は空っぽとの事。ますます謎だわ。。

クリスチャンスクールに通ってたcocoは復活祭と聞くと
兼六園に咲く桜の下を通って帰った記憶があるんだけれ
どフランスのそれはまだまだ遠いみたい。。。
先週は春が来るってムード満点。16℃や14℃って日々
が続いていて土曜の夜はお友達のさよならパーティー
にお酒も入り熱気も高まり窓を開け放して朝方までお
喋りしてたのに、日曜日は急に寒くなってしまい月曜
にはとうとう雪。。しかもマイナスの世界に逆戻り。
この温度差で学校の友達2人からも風邪引いた~なんて
メールが飛び込んで来た。そりゃ風邪も引くわさ。

やれやれ明日パリに行くのが大変だぁ~なんて簡単に
思って起きたらパリに行くはずだった義両親の声がす
る。
あれれ??と思って下に下りてみると今日は電車が
動いてないらしいのよ。。。と。
それは困る!!cocoは明日先日OFIIから指定された
フランス語レベルチェックのランデヴーがあるのだよ。
きっと午後遅くから動き始めるわよと言われのんびり
してたら今度はパリの伯母さんからパリの地下鉄あちこ
ち止まってて動いてる線も時間通りでなく激混みだと
ニュースでやってるわよ~って。
もう20分置きにあっちやこっちや順番にどうする
どうするとか大丈夫かとか電話がかかってくる。
うるさーい!!!!
君達は静かに状況を眺めるという事をしらんのかー!
luluもcocoも雪の中にジャンプしたいくらいうんざり
でした。第一に喋りすぎ!!!!(コレ今度またいつか)

フランスの鉄道は国鉄ですがサービスがいいんだか
悪いんだかよくわからなく。。今回みたいな雪の時
はWEBにも運行状況は載らないし、電話でも答えてくれ
ない。そもそもこういううっとおしい問い合わせがある
時は電話に出ないと決め込んでるかのよう。
よし、そんなら行ってみようじゃないか。
とパウダースノー20cm積もる中ワシワシと駅まで歩いて
行ってきました。あれこれ口うるさいくせにこういう時
は車出してくれないんだ。。とちょっとちょっと意地悪
に考えちゃいました。だって荷物重いし・・・
(luluが持ってくれたけれど)

さてさて、無事にしかもスカスカの電車にのって快適
にパリ到着。地下鉄大丈夫かしらねぇと思ったけれど
こちらも混雑・遅れなく余裕に座ってアパートに到着。
パリは雪が10cm未満。たった30kmで“北の国から”的
なところからやって来たと言うのにやっぱりパリは
都会でした。

準備万端。明日はテストの為また見知らぬ町に行って
きま~す!
現在マイナス4度・・・ 明日は少し上がるといいんだ
けれど

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/12 00:15】 | 日々のこと | コメント(2)

情報の差異

もうすぐ震災から2年ですね。
先日バスティーユに行った時も複数の団体がいくつか
集まって行われる福島関連イベントのポスターを見て
あぁ~、もう2年か・・・と思いました。
地元の方にとってはもう2年も経ってるのに・・・等
私とは違った意味での時間の早さを感じていると思い
ます。
coco達にとっては全ての方向性が変わった出来事でも
あるので色々な事を思い出します。
地震の日の“大変だぁ~”位にしか思ってなかった
帰り道。次第に明るみに出る事の重大さ。その後の
避難や帰国後の大変な生活、そしてフランス移住
の決意などなど。。。
情報操作は簡単に行われていると知っていながらも
住み続けているとこういう神経って鈍感になるもの。
最近またネットで色々(憶測交じりの)情報を読んで
ブルブルと怖くなりました。
こうやって移住をできる場所があるだけでもありがたい
と思うべきかもしれないですね。

さて、先日yahooのトップニュースでこんな記事があり
ました。
http://www.fnn-news.com/speak/ss/articles/ss2013021325.html

その数分後、タイミンング良く友達が教えてくれた情報か
ら流れてこちらの記事。
http://blog.livedoor.jp/hardthink/tag/%E9%A2%A8%E8%A9%95%E8%A2%AB%E5%AE%B3

本当の意味で国民を救おうと思っている国政・行政の指導
者なんて少ないと思うけれど、もうちょっと何とかならん
か??と思ってしまいます。

先日から中国のPM2.5のニュースも深刻さを増してます
が、世界の空や海が繋がっている事を思えば、日本だっ
て垂れ流しなのだから中国批判なんておかしい話です。
他国の事ばっかり言わないで我がフリ直せ!!


テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

【2013/03/11 09:09】 | 日々のこと | コメント(0)

天国

以前から気になってたファーマシーがあります。
サンジェルマンにあるそうで場所を調べてみると歩いて
いけるなぁ~。しかもcocoご用達のお買い物通りのすぐ
近く!!これはもう行くしかない。
凄い人だかりとセキュリティー係まででて大盛況なので
すぐにここと判明
でもみかけは普通のファーマシー。
DSC02123.jpg

なぜ特別なのかと申しますと
DSC02124.jpg

読めます?日本語も張り出してありますが、ここは
“ヨーロッパ一安い”らしい。
フランスのファーマシー、セール期間中以外はあまり
値引きなどしてなくて定価が当たり前。
普通のスーパーや化粧品コーナーでは買えない薬局
専用の基礎化粧品やバス用品などがあるのでそういう
のが欲しい人にはもう嬉しいお店。
物にもよりますが大体2€位安いみたい。
cocoが愛用しているBIOコスメはなんと3€安でかなり
驚きました。(次回からここだな)
平日だと言うのに店内は女性でごった返してまして
ゆっくり吟味するという余裕はなかったのですが
品物も豊富、店員さんも多数でみなさん色んな質問
しては丁寧にお答え頂いてました。レジも何台も
あるんだけれどどの方もとても丁寧。笑顔付きです。

今回わざわざ買いに来たわけではないけれどせっかく
だしと購入したのがこちら。
DSC02126.jpg

以前、洗った直後からフケが出て困ると書いたけれど
エスカレートして頭皮がかゆくてしょうがない。
洗い立てなのに!! 2週間に1度スペシャルケアなど
して少しよくなってたけれどやっぱり毎日がこう
だと気が滅入ります。
それで色々調べててこちらのブランドが良いと教えて
もらい、更にはこの牡丹のシリーズが効果的って聞いて
から一度サンプル品を使ってみたらたった1度で改善。
これは買いだと思いっての購入です。
すこぶる調子がいいのでもう気分も上々です。

薬局にしか売ってないのだけれど、このお店のおかげで
1€安で購入。(こういうものは値引率あんまりね・・・)
フランスってスーパーのシャンプー高いくせに全然効果
ないし、久しく使ってなかった化学薬品臭さが気になって
しょうがないけれど、この製品は香りも優しくお値段も
スーパーのものとそう変わりません。ちょーっと割り高
かなってくらい。以前ひいきにしてるBIOブランドのも
試したんだけれど今度は洗浄が弱すぎて本来の役目を
果たしてくれなかったのでもうこれはなし。
日本から持ってきたスカルプケア度が高いのはしばらく
お蔵入りですな。。。。

さて、今夜は友達の家にお泊りして日曜はluluの実家へ。
パリにはまた火曜に戻ります!
月曜には予約投稿してるけれど上手くいくかな??

ではみなさん楽しい週末を~♪

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/09 14:45】 | 美容と健康 | コメント(4)

Jardin du Luxembourg

住まいから丁度良いお散歩コースにリュクサンブール公園があります。
DSC02134.jpg
DSC02133.jpg
DSC02135.jpg

先日脇を通りかかったときあれは梅かな??まさかね
って花が咲いていたのだけれど、お友達のブログで
梅が開花してたって書いてあったからもしやと思って
今日確認に行ってきました。
雨上がりで足元は良くないので公園内はいつもよりちょ
っと少なめでも、暖かくなったパリを楽しむかの様に
皆さん思い思いにくつろいでましたよ。
またお天気のいいときに隠し撮りしてきますね

さて、お目当ての木を発見!!
これ野生っぽいけれど桜だよね??
DSC02130.jpg
DSC02131.jpg

幹は細いんだけれどしっかり桜幹の独特な線が入って
たからそうだと思うんだけれどどうだろう??
でもって、こちらは梅??
DSC02132.jpg

どう思います??
どちらにせよ来週にはもっとパーっと咲いてる様な
具合だったのでまた見に行ってみよう

この木の前にベンチがあって(多分雨で濡れてるだろう
に・・)座ってる人が居たんだけれど怪訝そうな顔して
あっちからこっちからと花を観察してるcocoはきっと
変な東洋人だっただろうな

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/08 01:49】 | 日々のこと | コメント(2)

Creperie St Malo

パリの伯母さんは一人暮らし。
もともとluluが住んでいたアパルトマンなのでluluの部
屋が残されたまま。そこに今はcocoが滞在してます。
時々(今のところ結構)luluもやってきてくれるので
3人で食事をする事が多いのだけれど、毎週水曜日は
パートナーが訪ねてくる日。金曜から日曜日も来てる
んだけれど、coco達週末は友達の家かluluの実家って
パターンだからあまり気にしないんだけれど、水曜は
邪魔したくないなぁってcoco達の考え。
と言っても彼らの夕食は10時頃なので誘われてもお断り
するんだけれど。。。
余談ですが、60歳も超えて10時に夕食って大丈夫??

で、この日はクレープ久しぶりに食べに行かない?って
luluと2人外で夕食にする事にしました。
行ってきたのはRue du Montparnasse。通称クレープ
通りってくらい細い道を挟んで両側クレープ屋さんが
軒を連ねてます。月島のもんじゃストリートと同じ
ようなもんですよ。
人気店もあれば人の入りがそれほどでもないお店まで。

外でクレープって久しぶりなので折角だから美味しいの
にありつきたい♡ この通りにはフィガロにも取り上げ
られた"パリで一番美味しい"と有名なお店もあります。
店名は la creperie de Josselin
cocoここに行きたいわぁ~って意気込んでいたんだけれ
ど、行ってみると長蛇の列・・・しかも日本人と思わし
きグループがガイドブック片手に。。。あ、日本人以外
も居ましたけれどね。
中を覗くと非常に明るい。そして音楽が結構大きい。
更には込み合ってて会話も賑やかで窮屈そう。
luluに却下されました。こんなところで食べたくないと。
う~、う~微妙に腹立たしい。折角なんだからちょっと
混んでてもいいじゃんかーと思ったけれどやかましい
のはcocoも嫌。と言う訳でこの通りを往復し、程ほど
に盛況で美味しそうに食べてるお店に決めました。
lulu曰く、そもそもクレープはレストランならどこで食
べても美味しいしまずくなりようがないんだよっ!だっ
て。ふ~ん

外観取り忘れたのでwebから拝借
Creperie St Malo
DSC_0303.jpg

coco達が入った19:30はお客さんは50%くらい。
ほの暗い店内と気持ちのいい音楽でとってもリラックス。
店員さんはサーブ&調理のおじさん一人ずつのこじんま
りで過剰サービスもなく常に機嫌が良さそうで程よく丁
寧なサービスだいい感じ。
常連さんなのか何人か一人で食べに来てる人居ました。
クレープリーって一人で入るイメージはないんだけれど
きちんとシードルと食事クレープ、デザートクレープを
完食して退散。満足げでした

店内はこんな感じ。ごつごつっとしたのがまた可愛らし
いですね。
DSC02120.jpg
DSC02119.jpg
さて、以前フランスのクレープリーに行った時は
満腹でデザートにありつけなかったので今回は軽い
ものをと思い、ハム・チーズ・マッシュルームの
シンプルなガレット。
DSC02121.jpg
luluは毎度お馴染みコンプレ(卵・ハム・チーズ)と
こちらも軽め。ところが・・・2人とも半分食べた所で
限界ギリギリ
このお店、とってもカリっとそしてモチっとしてて
すごく美味しいです。でも完食するのが辛かった・・
ほんとギリギリでもう残そうかと思ったくらい。
それでも何とか食べ終わるもののデザートは断念。
しかしメニューを見つめながらluluが悔しそうにあれ
が食べたかった・・・と嘆いております。
cocoはシオバターキャラメルって決めてたのに!
残念・無念・・・
coco達が帰るときにはお客さんは90%位になってまし
た。皆さん夕食遅いのね。
Creperie St Malo
53 rue du Montparnasse, Paris

さて、"cocoのご飯を食べてると外のものあんまり食べ
られなくなっちゃった”とはluluの言葉。嬉しいかな
悲しいかな。
たまには美味しく外食もしたいけあれど、確かにフラン
スでのご飯は量がとっても多い、油分・塩分がふんだん
だとか自分で調整できないのが辛い。美味しい不味いだ
けではなくて○○過ぎってのは感動も薄れますね。
それと、luluがフランスのものに夢見すぎてたのかも。
8年離れている間にあんなものやこんなもの・・・なん
て懐かしい味を想像してはがっつくのを楽しみにして
たのに食べてみたらそうでもなかったっていう感じ
でしょうかね。
10年も前の外食と比べてもしかしたら今の外食産業の
クオリティが下がったっていうのもあるかもしれない
けれど、結局自分達のお好みの味付けで食べたい分だ
けで済ませるのが一番"美味しい"を感じるのかしらね
ぇ~。とは言えやっぱり外の味も色々試したい

さて、暖かな夜だったので(多分12度)久しぶりに
ゆっくりと周りを観察しながらの帰宅。どのお店もテラ
ス席には人がいっぱい。みんな楽しそうに友人達と飲ん
だり食べたり。
地下鉄でも道でもみんなむっつりした顔で足早に過ぎて
いくけれど、気持ちのいい夜、友達との時間にアルコー
ル。みんなとっても幸せそうでしたよ。
coco達も気持ちのいい夜の散歩と食べすぎだけれど満足
なお腹を抱えて幸せに帰宅しました

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/06 23:23】 | 外ごはん | コメント(2)

ホントの第一歩

本日朝早くに起床してバスティーユまで行って来ました。
DSC02107.jpg

起きたときはまだ外が真っ暗でシャッター開けたよね
っと確認してしまったほど。
そう、今日は待ちに待ったお約束の日。
DSC02106.jpg

移民局出頭の日です。
忘れ物はなし、必要書類は全てそろってます。
時間前に行ったら既に行列だった、OFIIのスタッフは
対応が悪い&冷たいなどなど聞いていたのでかなりの
意気込みでgo!と言いたいところですがぐうたらな
cocoは寒い外で並ぶくらいなら中で何時間も待たされ
たほうがマシだわさ、と思いのらりくらりと出発。
15分くらい前でいいやと思って着いたらまだ30分以上
前でした。並んでいたのは二人の中国人と思わしき
女性のみ。その後ろに並ぶcoco。そのうちバラバラと
人は集まりなぜか入り口を取り囲むように待機。
おいおい、並べよあんたら。と思ったら中から職員が
顔を出してこっちの方向に1列に並んでねと。
案の定そばに居たカバほど大きな黒人女性が一番前に
勝手に並んだ
想定通りでおかしくなったけれど、その一番に並んで
た中国人女性は何も言わない。。。cocoならフランス
語でなくとも突っかかるけれど意外と皆さん平和主義
なのね。。。。
まぁ良しとイライラしながらも待ってたら後からその
黒人女性の家族が3人も来て前に並び、その後の中国
人女性の友達が2人現れてあっという間に前方に人が
増えたという摩訶不思議な状態。
まぁ、外は寒くもないし(この日10度越えです
大した差もないだろうとぐっと我慢。
後ろのいかついオジサンも何にも言わないもんねぇ。。

外国人のフランスにおけるマナーなどまた機会が
あったら書いてみます。今はちょっと書くのにまだ
躊躇しちゃう感じなので・・・

さて、とうとう時間になって入り口で受付を済ませ、
フランス人の配偶者がいる人とそうでない人に分けら
れて(多分)お部屋も説明も別々。
まずはいっせいに簡単なミニ紹介映画。"フランスって
こんな国なんですよ~"を見てから係りの女性が入室
し、今後の事や社会保障制度について簡単に説明。
その後、お部屋の後ろに設置してあるスナックコーナー
で飲み食いしながら個別に始まる面談に呼ばれるのを
待ちます。
luluについてきて貰ったcocoはここからluluと合流。
因みにミニ映画はちんぷんかんぷん
映像とわずかな単語を拾っての想像ストーリーでした。
さて、面談では今後フリーの学校に行けるためのレベル
チェックの日取り(今日ではない・・・)を相談して
フランスの歴史を学ぶ日(日本語あり)とフランスって
国の紹介(英語)の日取りをそれぞれ決めて今後フラン
スで働きたいか、今までどんな仕事をしてきたかなど
詳しくお話します。後はluluが色々気になってることを
聞いてくれていったん終了。
その後健康診断へ。目の検査、身長・体重・レントゲン
と簡単な問診をしてまた待ち。
レントゲン以外はみんなすごく気さくで優しくて楽し
い人ばかりでした。問診のお医者さんはフランスで
困る事はなに?の質問から食事が重いんですって話を
したら"私もアジア旅行から帰ってきて2週間はフランス
の食事に慣れるまでに大変"って始まって季節にそった
野菜や穀物と野菜、お肉のパーセンテージの話や砂糖の
種類といった事を20分程も長話してしまった
若いお医者さんは新しい知識があっていいですね~。

さて、全ての健康診断が終わってまた面談の女性と
お話。最後にフランスでちゃんと暮らしますよーって
書類にサインをして1年間のVISAをget!!

1年間・・・には落とし穴が。
cocoがフランスに来たのは11/30なので5~4ヶ月前
には次の滞在許可書の為の手続きを始めてねと。
え~っと、という事は6月の終わりにはまた次の
VISAの準備???短いぃぃ

ま、いっか。
悪名高きフランス移民局。皆さんニコニコスマイル
で英語も話すしジョークも飛ばすし親切丁寧。
いつも"大丈夫?""分かる?""ちゃんとあなたのフラン
ス語分かるわよ"って色々元気付けてくれる。(実は
ダメダメなのだけれど希望を持たせてくれると言うか
・・・・)
そんなに働きたいならフランス語頑張ってって見送っ
てくれました。
帰ってきてふと思い出したのは日本の入国管理局の
随分ぞんざいで偉そうな対応の事。日本人には丁寧
だったけれど外国人には電話でも直接でもゴミみたい
な対応だったなぁ~と。しかも日本語一点張り。
どんだけ言っても日本語理解してない人にはわからない
のにドンドンいらいらをエスカレートさせて大声で
わめく。大きな声で言ったってわからんもんは、わから
んっちゅーに(怒)
cocoがゆっくり考えながら話してたら外国人だと思った
みたいで偉く対応が悪いので主人の話しで私は日本人
ですけれどと言った途端の手のひら返しは凄かった
なぁぁぁ。

さて、なんだか朝も早くて列ではイライラしてたし疲れ
ちゃったけれど12時前には地下鉄に乗り込んでたし、
スタッフは親切だし帰ってきたら伯母さんが朝のコー
ヒーも取らず出かけたcoco達のためにかご一杯のクロ
ワッサンとパンオレザンを用意してくれてたので暖かい
部屋でぬくぬくと楽しんでます。
フランス生活、みんな親切

何はともあれ、オフィシャルに滞在許可もらえたので
春に向けて色々始まる感じだな~。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/06 17:00】 | 手続き関連 | コメント(10)

またもGirls Night

嬉しい事にパリにはとても仲良くしてくれる友達が
何人か居ますがその中に多くの部分で共感をし合える
女性が一人居ます。彼女はもう何年もパリに住んでる
スウェーデン人。特にきっちりしてる北欧人の彼女に
とってフランスとは理解不能な部分が多く腹立たしく
なる事しばしば・・だそうな。
また食べ物に非常に気を使っている彼女は食物につい
てや食べ方についても色々話し合う事が出来てすごく
楽しい。
そんな彼女が彼女曰く"更にルーズな国"に今度引っ越
す事になった。その前にcocoがしてみたいと言ってた
チーズの食べ比べ会をしようという事になり女性だけ
であつまる事に。
DSC02093.jpg

更に他の子が新しく買ったマシーンを試そうと、ミニ
クレープの会に!!
DSC02090.jpg
DSC02095.jpg

小さなウズラの卵を乗せたり、ハム・サーモン、
それからチーズたちも色々試しておなかいっぱい!!
DSC02094.jpg

女だけのときにしか話せない話などもあったりして
こういうのホント楽しい。
いつもみんなパートナーといちゃいちゃと仲良さそう
にしてるのに色々不満あるのね
お別れはすごく寂しいけれど、暖かい国へ行くので
いつか本当に近いうちに遊びに行けたらなぁ~

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/05 23:53】 | 日々のこと | コメント(4)

La Gaîté lyrique

先日ちょっと面白いところに行ってきました。
luluのお友達の職場見学です。
場所はパリ3区にあるゲテ・リリック
(HP:http://www.gaite-lyrique.net/en

DSC02087.jpg

1862年に建築され、劇場として使用されていたもの
らしいのだけれど近年は閉鎖されたままだったのが2年
程前から美術館としてオープン。
パリ市の物だけれど実質は民間に運営が任されていて
とてもフリーで入れるスペースが沢山。
美術館と言っても古典ではなくて映像やデジタルなんか
を主体としたものばかり。
展示品はアート感覚に貧しいcocoにとっては"ユニーク
だね"・・・の一言。
DSC02085.jpg
DSC02084.jpg
DSC02083.jpg

展示物はこんなに"ユニーク"。アーティストは世界的に
有名な人ばかりらしい。。cocoが知ってたのはイッセイ
ミヤケだけ。観に来てる人も若者が殆どで皆さんファッ
ションは原宿風。まとまってこういう人達を見たのは
東京を離れて以来

館内にはものすごい機能を持つライブ&イヴェント
スペースがあって漫画やゲームのイヴェント、ちょっと
したコンサートなんかもやっているそう。
入館料は分からないんだけれどかなりのスペースが
無料で観られるようになっていたり、カフェスペース
で永遠お喋りしてる若者なんかも居てあんまり収益は
ないみたい。なのでこういうスペースを企業に貸し出
ししては収入の一部にしてるとの事。
古風でステキな建物の中はとっても不思議なスペース。
実は殆どの場所は壁やら床やらいじくりまくっては
いけないとの事。一応重要文化財のようですね。その
為ものすごく工夫されて内装をつくりあげてあるん
だって。
全く手付かずのまま見せている部屋もありました。
こちらのバー。
DSC02086.jpg

上手に写真取れなかったんだけれど、壁や天井、床板
までかなりゴージャスな作り。いわゆる"サロン"って
感じのゆったりした雰囲気をそのまま残しています。
歴史のある街だけにこういう旧新の融合はあちこちに
ありそうですね。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/05 22:57】 | 日々のこと | コメント(0)

雛祭

義両親は孫に会いたいのに義姉はなかなか連れてこない。
と言うよりも義両親も特に誘わないし、義姉にしたって
わざわざ近くもない場所に"遊びに行くわね~"なんて
言わない。それよりは自分の実家に行ったり友達との
予定を優先するでしょうよ。と言う訳でcocoが誘う事に
しました
義姉と従兄弟のパートナーを誘って雛祭をしましょう!

今回是非作りたかったのははまぐりの潮汁。
ところがはまぐりが手に入らない・・・
しょうがないのであきらめたけれどこれはどうしても
欲しかったなぁ~!!!

テーブルもかわいく雛祭風に飾り付けられました
DSC02103.jpg


さて、ではおもてなしのメニューをご紹介。
食前のおつまみ・アペリティフにはカニカマとカブの
千枚漬。千枚漬初めて作りましたがメチャ簡単なのね。
また今度作ろう!
DSC02098.jpg

汁物は海老と白身魚のつみれ汁 
昆布と鰹節で丁寧に出汁をとりました♪
DSC02104.jpg

メインはインゲンの胡麻和えと鮭の西京焼
これが両方大大好評でみんなにレシピをくれと
言われました。インゲンは以前も紹介したとおり
歯ごたえ重視です
DSC02099.jpg
DSC02105.jpg

そしてちらし寿司。
中はシンプルにきゅうりを軽く塩もみしたものと
人参、ゴマの酢飯です。
イクラは漬けにしておきました。
DSC02100.jpg

そしてデザートは杏仁豆腐。義姉はグルテンアレルギ
ーだし、十分ボリュームあるからこれくらいでかなり
満足かと。
DSC02101.jpg
で、これが大切。
キーウィとフランボワーズソース。
DSC02102.jpg

菱餅もないしイメージだけね
和食と言えば焼き鳥とか中華とごっちゃになったイメージ
しか湧かないみたいけれど、本当は優しい味の食事
なんだってのが分かったみたい。それと油を全然使わな
い食事なんだってことや砂糖を沢山使うのでデザートが
欲しくならないんだよってのも理解できたみたい。

なんにせ、みんなとっても満足してくれたのでcoco
もほんとに嬉しい。義母はその後数日間ずっと千枚
漬けを食べ続けてます。作り方をメモってたので
これもそうとう気に入ったんでしょう~。
良かった

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/03 23:58】 | おうちごはん-和 | コメント(6)

Porc Pane とんかつ

他にタイムリーにupしたい記事があるんだけれど・・・
先日も書いたとおりカメラのケーブルがパリなので
写真がぁぁぁ。

と言う訳でちょっと古い話しなんだけれど。
先日luluと2人だけの夜にトンカツを揚げました♪
日本から持参した愛しい品をまたひとつ開封。
DSC02065.jpg

以前豚フィレを使って料理をしたのがまだ余っていた
ので解凍して美味しく頂きました。
DSC02069.jpg

ご飯の横にそえてあるのは先日お友達より頂いた
きくらげの佃煮。んまか~
トンカツソースの味も懐かしや。
以前Operaの食材店で見つけたときこのブルドッグが
なんと7€でした。高級品じゃー!!

ところで、cocoだけでなく日本ではかなり当たり前な
このインゲン。さっと塩茹でしてフライパンでこれま
たさっと炒めただけにちょいと塩コショウ。
これ普通によく食べますよねぇ?
ところがフランスではかなり珍しいらしくこのつけ
合わせを出すと歯ごたえがいいので喜ばれます。
じゃあどうやっていつも食べてるの?ってきくと
くたくたになるまで茹でるんだとか・・・
まぁ、確かにこちらは野菜って生で食べるか、正体
も味も分からなくなるまで茹でるかのどちらかの様な
気がします。(家庭によって違うだろうけれど)
cocoはこの食べ方が一番好きだけれどねー♡

因みに豚フィレってフランス語でfilet mignonって
言うんですよね?これすっごくかわいい名前でかなり
お気に入りです

もうひとつ、今回知ったのはPANEという料理。
パン粉をまぶす事を言うらしいけれどさらにそれを香ば
しく焼き上げた料理の事をも指すみたい。
なのでトンカツはPorc Paneですね

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

【2013/03/03 06:14】 | おうちごはん-洋 | コメント(6)

只今ヴァカンス中なり

ただいま学校2週間のヴァカンス中です。
え???始まったばかりなのにぃ~でしょ??
初めにスケジュールもらったときはびっくりしました。
パリ市の学校スケジュールに沿ったクラスなので普通の
学校の子供同様、3月に2週間・5月に2週間・7.8.9月は
まるまるヴァカンス~
と言ってもcocoのクラスは7月末までだから実質は6月末
までという事ですな。フランスの子供ってお休みたっぷ
りあるんだね~。
初めは物足りないわぁと思ったんだけれど体調も悪く
て帰ってきてから復習とかとても元気がなかったのと
色々予定がはいったりもしたのでこのお2週間でがっち
り自習します!!!

さてさて、学校実はとってもとっても楽しいです。
内容的にはまだまだ簡単で基本のer動詞の変換とか
ってレベルだからテキストでちょいちょい独学してた
cocoにとっては優しいレベル。でもね先生すっごく
話すの早いの。だから説明とかは全然追えないけれど
じゃあやってみましょう~ってテキストやプリントに
取り掛かると出来ちゃうって具合。反対にクラスの人
はもう4年もフランスに住んでる人とかフランス語に
親しんだ国の人などが多いので聞き取りはかなり出来
るしウルサーイって先生が言うくらい発言するんだけ
れど読み書きが全然出来ないんですね。。。。
こういうのすごく不思議です。cocoにとって話すと読み
書きって同時進行なイメージなんだけれど母国語さえ話せ
るのに読めないとかっていう国もあるって聞いてたのが
何となくイメージできた感じ。
先生はフランスでゆっくり話してくれる人なんて殆ど
居ないからこのスピードに慣れてねって。でもわからな
ければどんどん手を上げて都度質問してと。
とってもサンパな先生です。

クラスは20人ほどなんだけれどいつも来るのは15人位。
全然フランス語話せない組とは英語で話をして英語が
出来ない人とはフラ語で無理やりトーク
これがまた楽しいのなんのって!!
何となく仲良しさんも固まり始めてcocoはなぜか、やか
まし組みに居ます。ビズ(ほっぺにチュチュっと挨拶)
するくら仲良くなる子も何人か出来ました。
みんな遠慮がなくずうずうしくて好きです
因みに日本人はcocoだけでアジア人は中国人の男女が
一人ずつ。この彼女がまたいい人でいつもぴったり
くっついて来ます。カワイイ

短期の間に色んな個性が見えて学校に行くのが別の
意味で楽しいです。
さて最後まで残るのは何人になるかなぁ~。
またちょいちょい学校の話しますね。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/02 11:53】 | 日々のこと | コメント(4)

風邪っぴき~(´_`。)

更新が1週間以上も滞ってご心配をおかけしました
2週間前にリフォームしてる友の家に遊びに行ったって
書いたんだけれど、その時の隣の席のカップルが風邪を
引いてまして、な~んか嫌な予感がするわと思っていた
ら、学校の説明に行った日の夜から何だか怪しくなり
学校が始まった木曜から激しく咳き込み始めてあっと
言う間に風邪っぴき。学校も始まったばかりでこりゃ
イカンとさっさと薬を飲んだのがまたダメだったみたい
で強過ぎて眼球に激しい痛みと体の弱い部分(耳の端
とか)がしびれてもう大変でした。
因みに摂ったのはParacetamol 500mg
(アセトアミノフェン:日本)
paracetamol.jpg

以前の風邪でも昨年フランス来たときに引いた生まれ
て初めてくらいの酷い風邪のときもこの薬の後に同じ
症状になったからもうこれは摂らないで置こう。

2時間だけ、二日だけと思って頑張って学校に行き、
luluの実家に帰ってきたらluluの同窓会パーティが
あったのでそれに付き合ったりして全然リラックス
出来ない週末を送り、月曜はパリに行くのが難しくて
学校を休んじゃった。
火曜日にはかなりよくなったので朝からパリに出発!
それでもだるさとか集中力のなさは相変わらずで
すっきりしないながらも少しずつよくなり1週間を
終えて金曜日にやっとまた実家に帰宅。
色々イベント目白押しで良くなったとは言えのんびり
出来ない日々を送ってました。
しかもPCを持っていく元気がなかったので金曜日に
帰ってきてやっと日本語のキーボードに再会です!!

ちょびちょび荷物をパリに運んでいるのでどっちに
居てもあれがないコレがないと何かと不便ですが
それでも伯母さんの家で好きにさせてもらっていて
気楽な毎日を送ってます。
カメラのケーブルがパリなのでまた少しずつ色々up
しますね。
とりあえず全て上手く行ってます!!

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/02 00:38】 | 日々のこと | コメント(8)

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。