FC2ブログ
cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

Creperie St Malo

パリの伯母さんは一人暮らし。
もともとluluが住んでいたアパルトマンなのでluluの部
屋が残されたまま。そこに今はcocoが滞在してます。
時々(今のところ結構)luluもやってきてくれるので
3人で食事をする事が多いのだけれど、毎週水曜日は
パートナーが訪ねてくる日。金曜から日曜日も来てる
んだけれど、coco達週末は友達の家かluluの実家って
パターンだからあまり気にしないんだけれど、水曜は
邪魔したくないなぁってcoco達の考え。
と言っても彼らの夕食は10時頃なので誘われてもお断り
するんだけれど。。。
余談ですが、60歳も超えて10時に夕食って大丈夫??

で、この日はクレープ久しぶりに食べに行かない?って
luluと2人外で夕食にする事にしました。
行ってきたのはRue du Montparnasse。通称クレープ
通りってくらい細い道を挟んで両側クレープ屋さんが
軒を連ねてます。月島のもんじゃストリートと同じ
ようなもんですよ。
人気店もあれば人の入りがそれほどでもないお店まで。

外でクレープって久しぶりなので折角だから美味しいの
にありつきたい♡ この通りにはフィガロにも取り上げ
られた"パリで一番美味しい"と有名なお店もあります。
店名は la creperie de Josselin
cocoここに行きたいわぁ~って意気込んでいたんだけれ
ど、行ってみると長蛇の列・・・しかも日本人と思わし
きグループがガイドブック片手に。。。あ、日本人以外
も居ましたけれどね。
中を覗くと非常に明るい。そして音楽が結構大きい。
更には込み合ってて会話も賑やかで窮屈そう。
luluに却下されました。こんなところで食べたくないと。
う~、う~微妙に腹立たしい。折角なんだからちょっと
混んでてもいいじゃんかーと思ったけれどやかましい
のはcocoも嫌。と言う訳でこの通りを往復し、程ほど
に盛況で美味しそうに食べてるお店に決めました。
lulu曰く、そもそもクレープはレストランならどこで食
べても美味しいしまずくなりようがないんだよっ!だっ
て。ふ~ん

外観取り忘れたのでwebから拝借
Creperie St Malo
DSC_0303.jpg

coco達が入った19:30はお客さんは50%くらい。
ほの暗い店内と気持ちのいい音楽でとってもリラックス。
店員さんはサーブ&調理のおじさん一人ずつのこじんま
りで過剰サービスもなく常に機嫌が良さそうで程よく丁
寧なサービスだいい感じ。
常連さんなのか何人か一人で食べに来てる人居ました。
クレープリーって一人で入るイメージはないんだけれど
きちんとシードルと食事クレープ、デザートクレープを
完食して退散。満足げでした

店内はこんな感じ。ごつごつっとしたのがまた可愛らし
いですね。
DSC02120.jpg
DSC02119.jpg
さて、以前フランスのクレープリーに行った時は
満腹でデザートにありつけなかったので今回は軽い
ものをと思い、ハム・チーズ・マッシュルームの
シンプルなガレット。
DSC02121.jpg
luluは毎度お馴染みコンプレ(卵・ハム・チーズ)と
こちらも軽め。ところが・・・2人とも半分食べた所で
限界ギリギリ
このお店、とってもカリっとそしてモチっとしてて
すごく美味しいです。でも完食するのが辛かった・・
ほんとギリギリでもう残そうかと思ったくらい。
それでも何とか食べ終わるもののデザートは断念。
しかしメニューを見つめながらluluが悔しそうにあれ
が食べたかった・・・と嘆いております。
cocoはシオバターキャラメルって決めてたのに!
残念・無念・・・
coco達が帰るときにはお客さんは90%位になってまし
た。皆さん夕食遅いのね。
Creperie St Malo
53 rue du Montparnasse, Paris

さて、"cocoのご飯を食べてると外のものあんまり食べ
られなくなっちゃった”とはluluの言葉。嬉しいかな
悲しいかな。
たまには美味しく外食もしたいけあれど、確かにフラン
スでのご飯は量がとっても多い、油分・塩分がふんだん
だとか自分で調整できないのが辛い。美味しい不味いだ
けではなくて○○過ぎってのは感動も薄れますね。
それと、luluがフランスのものに夢見すぎてたのかも。
8年離れている間にあんなものやこんなもの・・・なん
て懐かしい味を想像してはがっつくのを楽しみにして
たのに食べてみたらそうでもなかったっていう感じ
でしょうかね。
10年も前の外食と比べてもしかしたら今の外食産業の
クオリティが下がったっていうのもあるかもしれない
けれど、結局自分達のお好みの味付けで食べたい分だ
けで済ませるのが一番"美味しい"を感じるのかしらね
ぇ~。とは言えやっぱり外の味も色々試したい

さて、暖かな夜だったので(多分12度)久しぶりに
ゆっくりと周りを観察しながらの帰宅。どのお店もテラ
ス席には人がいっぱい。みんな楽しそうに友人達と飲ん
だり食べたり。
地下鉄でも道でもみんなむっつりした顔で足早に過ぎて
いくけれど、気持ちのいい夜、友達との時間にアルコー
ル。みんなとっても幸せそうでしたよ。
coco達も気持ちのいい夜の散歩と食べすぎだけれど満足
なお腹を抱えて幸せに帰宅しました

スポンサーサイト



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/06 23:23】 | 外ごはん | コメント(2)

ホントの第一歩

本日朝早くに起床してバスティーユまで行って来ました。
DSC02107.jpg

起きたときはまだ外が真っ暗でシャッター開けたよね
っと確認してしまったほど。
そう、今日は待ちに待ったお約束の日。
DSC02106.jpg

移民局出頭の日です。
忘れ物はなし、必要書類は全てそろってます。
時間前に行ったら既に行列だった、OFIIのスタッフは
対応が悪い&冷たいなどなど聞いていたのでかなりの
意気込みでgo!と言いたいところですがぐうたらな
cocoは寒い外で並ぶくらいなら中で何時間も待たされ
たほうがマシだわさ、と思いのらりくらりと出発。
15分くらい前でいいやと思って着いたらまだ30分以上
前でした。並んでいたのは二人の中国人と思わしき
女性のみ。その後ろに並ぶcoco。そのうちバラバラと
人は集まりなぜか入り口を取り囲むように待機。
おいおい、並べよあんたら。と思ったら中から職員が
顔を出してこっちの方向に1列に並んでねと。
案の定そばに居たカバほど大きな黒人女性が一番前に
勝手に並んだ
想定通りでおかしくなったけれど、その一番に並んで
た中国人女性は何も言わない。。。cocoならフランス
語でなくとも突っかかるけれど意外と皆さん平和主義
なのね。。。。
まぁ良しとイライラしながらも待ってたら後からその
黒人女性の家族が3人も来て前に並び、その後の中国
人女性の友達が2人現れてあっという間に前方に人が
増えたという摩訶不思議な状態。
まぁ、外は寒くもないし(この日10度越えです
大した差もないだろうとぐっと我慢。
後ろのいかついオジサンも何にも言わないもんねぇ。。

外国人のフランスにおけるマナーなどまた機会が
あったら書いてみます。今はちょっと書くのにまだ
躊躇しちゃう感じなので・・・

さて、とうとう時間になって入り口で受付を済ませ、
フランス人の配偶者がいる人とそうでない人に分けら
れて(多分)お部屋も説明も別々。
まずはいっせいに簡単なミニ紹介映画。"フランスって
こんな国なんですよ~"を見てから係りの女性が入室
し、今後の事や社会保障制度について簡単に説明。
その後、お部屋の後ろに設置してあるスナックコーナー
で飲み食いしながら個別に始まる面談に呼ばれるのを
待ちます。
luluについてきて貰ったcocoはここからluluと合流。
因みにミニ映画はちんぷんかんぷん
映像とわずかな単語を拾っての想像ストーリーでした。
さて、面談では今後フリーの学校に行けるためのレベル
チェックの日取り(今日ではない・・・)を相談して
フランスの歴史を学ぶ日(日本語あり)とフランスって
国の紹介(英語)の日取りをそれぞれ決めて今後フラン
スで働きたいか、今までどんな仕事をしてきたかなど
詳しくお話します。後はluluが色々気になってることを
聞いてくれていったん終了。
その後健康診断へ。目の検査、身長・体重・レントゲン
と簡単な問診をしてまた待ち。
レントゲン以外はみんなすごく気さくで優しくて楽し
い人ばかりでした。問診のお医者さんはフランスで
困る事はなに?の質問から食事が重いんですって話を
したら"私もアジア旅行から帰ってきて2週間はフランス
の食事に慣れるまでに大変"って始まって季節にそった
野菜や穀物と野菜、お肉のパーセンテージの話や砂糖の
種類といった事を20分程も長話してしまった
若いお医者さんは新しい知識があっていいですね~。

さて、全ての健康診断が終わってまた面談の女性と
お話。最後にフランスでちゃんと暮らしますよーって
書類にサインをして1年間のVISAをget!!

1年間・・・には落とし穴が。
cocoがフランスに来たのは11/30なので5~4ヶ月前
には次の滞在許可書の為の手続きを始めてねと。
え~っと、という事は6月の終わりにはまた次の
VISAの準備???短いぃぃ

ま、いっか。
悪名高きフランス移民局。皆さんニコニコスマイル
で英語も話すしジョークも飛ばすし親切丁寧。
いつも"大丈夫?""分かる?""ちゃんとあなたのフラン
ス語分かるわよ"って色々元気付けてくれる。(実は
ダメダメなのだけれど希望を持たせてくれると言うか
・・・・)
そんなに働きたいならフランス語頑張ってって見送っ
てくれました。
帰ってきてふと思い出したのは日本の入国管理局の
随分ぞんざいで偉そうな対応の事。日本人には丁寧
だったけれど外国人には電話でも直接でもゴミみたい
な対応だったなぁ~と。しかも日本語一点張り。
どんだけ言っても日本語理解してない人にはわからない
のにドンドンいらいらをエスカレートさせて大声で
わめく。大きな声で言ったってわからんもんは、わから
んっちゅーに(怒)
cocoがゆっくり考えながら話してたら外国人だと思った
みたいで偉く対応が悪いので主人の話しで私は日本人
ですけれどと言った途端の手のひら返しは凄かった
なぁぁぁ。

さて、なんだか朝も早くて列ではイライラしてたし疲れ
ちゃったけれど12時前には地下鉄に乗り込んでたし、
スタッフは親切だし帰ってきたら伯母さんが朝のコー
ヒーも取らず出かけたcoco達のためにかご一杯のクロ
ワッサンとパンオレザンを用意してくれてたので暖かい
部屋でぬくぬくと楽しんでます。
フランス生活、みんな親切

何はともあれ、オフィシャルに滞在許可もらえたので
春に向けて色々始まる感じだな~。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/06 17:00】 | 手続き関連 | コメント(10)

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる