FC2ブログ
cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

フランスで玄米

日本に居るときから玄米派だったcoco。
フランスでも美味しくて安全な玄米を食べたいと思い
一応日本から10kg運んだんだけれど、まだ手を付け
てません
coco炊飯はお鍋でやってるんだけれど、luluが先日
実家からお鍋を運んでくれたのでパリでも炊飯を試して
みることに。
目を付けていた玄米をBIOショップで購入。
DSC02169.jpg

イタリア産の玄米です。
お米の種類は長細いのとか黄色いのとか香米とかいろ
いろあるけれど、これは日本のにとても似てます。
小粒でぷっくりしてる感じ。
水で溶いてると日本の玄米よりゴミというか籾殻の
残りだと思うんだけれどそういうのが結構浮いてくる
ので日本だと2.3回くらいささっと洗ってただけがもう
ちょっと丁寧に洗いましたよ。

IHでの炊飯は慣れませんが・・・何とか蟹穴と呼ばれる
ものも綺麗に出来て上手に炊飯出来た証拠かと
DSC02205.jpg

この夜は伯母さんが旅行から帰ってくるし、cocoも
金曜の授業の後にluluの実家に行くので冷蔵庫を
片つけようと余り物の掃除。
玉ねぎとにんにくをじっくり炒めて人参と白菜とトマト
を投入。
白菜の水分だけでじっくり煮てカレー粉で味付けし
豆乳でクリーミーにしてちょっと醤油をたらす。
和風なカレーの完成です!!
DSC02207.jpg

肝心のご飯の味はと言うと。。。美味しい~♡
フランスで白米を買うと大抵はちょっと粉っぽかった
り、ちょっと臭いを感じたりと微妙なのです。
(精米技術の問題だと以前聞きました)
そして結構高い。スーパーでお寿司用のお米も売って
るし、日本食材店にも売ってるのは前にも紹介した
けれど安心安全の美味しいお米が食べたい。BIO
ショップ本当に楽しいです。そしてお手ごろ。
“日本食だよ~”とか“日本のお米だよ~”って
売ると付加価値が高くつけられるだけあって割高なん
だよね。。。

ここで玄米のお話をちょっと。
以前のブログにも買いたけれど、玄米ってのは白米と
比べて精米してない。つまり栄養もたっぷり残って
いるけれど、その分残留農薬も心配。なのでやっぱり
無農薬や有機肥料などこだわりのある商品を選びたい
ところ。
さらに、炊飯についてですが普通白米はといだ後30分
くらい水にさらすけれど玄米は一昼夜。つまり12時間
はさらしてくださいね。
以前講習を受けた時に詳しく説明して貰ってとても
納得できる内容でした。簡単にこちらに書いて
あるので良かったら読んでみてくださいね。
玄米の浸水時間と圧力鍋のお話

さて、今回の炊飯を覚書として残しておきます。
【材料】
玄米 2合
水 400cc(1合180ccに大して200ccのお水)

【炊き方】Staub鍋使用
・お米の汚れをとってざっと洗ったら12時間浸水
(心配なら冷蔵庫の中で-夏は必須)
IHの場合
・お鍋に蓋をしないで一番強より1段階低い強さにする
・沸騰したらスプーンでぐるっとひと混ぜ
・全体がぶくぶくし、お米が踊り始めたら蓋をして一番
 弱い強さに変えてそのまま30~35分炊飯。
・炊飯が終了したら熱からはずして15分蒸らす
 ここまで絶対蓋を開けないこと
・蒸らしが終わったらさっくり混ぜて出来上がり

cocoはポロポロじゃなくてやわらかめが好きなので
こんな感じです。それでもまだ玄米のぷちぷちっと
した感触は残ってますよ。

さて、これでフランスの玄米事情は問題なしと判明。
白米を食べたいメニューの日もあるので白米の研究も
しますかね。。。
今度は日本から運んだ玄米の話をしま~す!


スポンサーサイト



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/03/21 23:49】 | 美容と健康 | コメント(4)

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる