cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

思い出の味

東京にいた頃、家からの便も良かったのでよくこの
お店に行ってました。
ババガンプシュリンプ
冷凍庫に以前入れておいたむきえびを発見したので今夜
はこれを作りました。
DSC02352.jpg

実はあの味が食べたいなぁ~と思って。
それが先に紹介したお店で食べられるこのパスタ。
レモンガーリックバターソースにケイパーと海老が
たっぷり入ったリングイーネ。
聞いただけで美味しそうでしょう???
でもトマトが冷蔵庫に沢山あったのでちょいと軽め
にアレンジしました。
実はケイパーが好きではないcoco。これも冷蔵庫に
あったけれど入れません。
オリーブ油ででゆっくりガーリックを炒めて海老を
投入。香りをゆっくり移してからトマトを入れ、さっ
と炒めたらレモン汁小さめ1個分を入れたらぐるっと
混ぜて直に火を止めます。パセリをばっさり入れて
塩・こしょうし、茹でたてパスタに絡めて出来上がり。
レモンの酸味がいい感じです
チキンで作っても美味しいかも!!
スポンサーサイト

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

【2013/04/30 21:18】 | おうちごはん-洋 | コメント(2)

ヴァカンス真っ只中

C君のお誕生日からluluの家に帰宅したのは
もう明け方。道中キツネや鹿、猪に出会うというのも
田舎ならではの楽しみ。しばし動物と見つめ合いなかな
か帰路につけないcoco達でした

ヴァカンスと言えど、今週は天気も悪く10度を下回り
寒々しいパリ北部。ですが心が軽いcocoです。
luluの両親は先週からスペインに行っちゃって留守
なのでしばし広いお家でのびのび。
luluと二人好きなものを食べたり、ご飯食べながら
ドラマみたりと自由にしてます。

伯母さんの家にはレンジはあれどオーブンがないので
(料理しないから)ずっとお菓子を作りたかったんだ
けれど出来なくてやっとクッキーが焼けました。
今回はチョコチップたっぷり♪
DSC02350.jpg

luluが市販のクッキーばかり食べてるのを見るのが
本当に嫌だったんですよねぇ。。。
東京にいた頃は甘いものはチョコ以外ほとんど作り置い
ていたのでさすがに今の状況はないんじゃないと思う程。
luluはこういうもの我慢出来ない人だからせめて手作り
をしたいところです。(ご飯は食べなくても平気。。。)
それがやっと出来たのでなんだか気分がいいスタートです!

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/29 20:48】 | 日々のこと | コメント(4)

お誕生日会

luluの実家はパリから30km程北に行った所。
さらに北へ行くとChantilly(シャンティ)という美
しい町があります。さらに北へ20分程行った場所にlulu
の昔からのお友達が住んでます。正確にはluluのお兄ち
ゃんの同級生なのでluluなんてチビの頃からお世話に
なってる人たち。
今回の主役C君は素敵なレストランでシェフとして働い
てます。そして弟のP君はパティシエ学校の先生。
つまり美味しいものを知ってる一家なのです
今回呼ばれたみんなウキウキしながら出発。

残念ながら写真はないのですが。。。
本当にどれもこれも美味しかった。
人数が多いのですごく手の込んだものなんてないの
だけれど、美味しいものを知ってる人ってのは素敵だ
なぁ~とタメ息。ビュッフェ形式だったんだけれど
手作りのパテやリエット、本物のハムやチーズなどが並べ
られていて、みんながっつく、がっつく!!
サラダも何種類も“普通”のものが置かれているんだけれ
ど、なぜか“普通”ではない味がするんですよね~!!
料理が好きなcocoにC君はいつもうれしそうに説明
してくれます。このヴィネガーはこれを使ったんだよ
とか、このスパイスで下味をつけたんだとか。
あぁ~、弟子入りしたい!!!!!!
この冬婚約したパートナーとcocoは2年前から知り合い
なのだけれどもともとぽっちゃりな彼女がなんだかどん
どん大きくなっていくね、と帰り道みんなに話してたら
“やっぱりそう思う??”
って。いや~、弟子入りはしないほうがいいかもね

そしてcocoを含めパリから向かったみんなの共通の
思い、それは・・・
部屋が広い!!!!!
来年の結婚に向けて引越しをしたC君。アパートは
100㎡以上+駐車スペース2台分+美しい中庭。
これでパリの1/3価格。。。。。。
家かと思うようなゆったりスペースでリフォームも
完璧にされた素敵な内装。大きくて田舎風なダイニング
テーブルにこれまた大振りなお皿がとても似合います。
料理するのももてなすのも好きなC君。とてもじゃ
ないけれどパリになんて住めないと。そうだろう、そう
だろう。第一C君が2m近くある大男だもんね。

便利さと都会の楽しみを取るか、ちょっと離れた郊外
で自然の楽しみを見つけるか。。。みんな30代半ばら辺
なので未来を考えているようでした。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/28 20:19】 | 日々のこと | コメント(0)

Mister MINIT

日本にいるときからかなりお世話になっていたのが
ミスターミニット
cocoの足はちょっと面倒な足でして。。。
偏平足で、甲が低いので薄っぺらな足。
そして幅が狭くてAorB幅。平均的な日本人女性はE
とかEE辺りだそうです。
そして親指は両方巻爪ぎみ。

はっきり言ってサンダルの季節LOVE。
とはいえ年中サンダルってわけには行かないのできちん
と靴を履くんだけれど、こんな足なのできちんと合った
靴にめぐり会うとうれしくて少々高くても購入。そして
一度買ったら大切に大切に履きます。

一番修理が必要なのは靴底。
そこでミスターミニットの出番です。
ヒールの角部分を付け替えたり補強したり、靴底は傷み
難い様に購入したその足でソールを張替えに持って行き
ます。そして磨り減ったら何度でも張り替える。

日本ならデパートの靴売り場の一角や、地下鉄の構内
などあちこちで出会うことが出来るこのお店。
フランスに行ったらどうしよう。。。と思ってました。

時々、靴修理のお店を街中で発見します。たいてい合鍵
を作ってくれるお店と一緒になって。でも、引き取りに
来るまで待ってる靴たちはうずたかく積まれててなんだ
か粗末な扱いを受けてる。。。近所にあるお店もそんな
感じ。大切な靴がこんな中に詰まれてたり、修理段階で
傷つけられてもフランスではクレームも出来ないでしょ
うね。
伯母さんに相談するとリュクサンブール公園の近くに
いいお店があるわよと修理した靴を見せてくれたけれど
ヒール底が釘打ちされた
釘ってどうよ。。。
何人か知り合いに聞いてみると友達の近所になんとミス
ターミニットがあると!!
合鍵を作ってもらったことがあるけれどとても親切だ
ったとの事で早速向かいました。

店長さんと思わしき人が本当に本当に親切に対応
してくれて、今履いてるブーツ底を見せてこういうの
で、、と言ったらこれの事ねと直に商品を見せてくれ
て理解してくれました。どこでこれ直したのって聞か
れて日本でって言ったら日本にもあるのこの店??と
驚かれた。驚いたのはこっち。!!だってフランスの
お店のマークは白地に赤い日の丸だからてっきり日本の
お店かと思ったらベルギー発なんだって。
20分ほどで直せるからぶらぶらしててと言われて近所を
散策。ちょっと早いけれど戻ったら案の定待っててと
言われ店内&お客を観察。
スタッフが何人もいる中でほんと店長がんばります。
役に立たない、口半開きの店番坊主は横に立ってる
だけでてきぱき笑顔で対応。
店長さんがにこやか&スマートなので次々に来るお客
さんもみんな笑顔でいい感じ。
ところが、あぁまたかという感じの年配のクレーマーマ
ダム登場。フランスはこういうおばさん良くいますねぇ
その途中cocoのが出来上がったので呼ばれました。
どう、これで大丈夫??と聞かれチェックすると日本
でしてもらってたのと全く変わらず丁寧な出来。クレー
マーマダムが順番抜かしされたと思ってかジロジロみる
もんだから笑顔で“完璧ですよ、大満足!!本当にありが
とう”と愛想振りまいときました。

ちなみに日本でのお値段2000円程。フランスでは13€
でした。
ちょっと遠いけれど友達のところ行くついでがあるとき
なんかは今度からここに来ようっと♪

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/28 19:41】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(4)

またまた vacances~ ヽ( ´¬`)ノ

昨日、一昨日とまた夏のようにじりじりと暑いパリ。
こうなるともうみんな真夏の様な格好して気持ち良さそう!

coco達も夜にお出かけしました。
またか。。。と思われそうだけれどムール貝を食べに
というべきか美味しいビールを飲みにと言うべきか。
DSC02340.jpg

予約は8時。テラス席をお願いしました。折角のお天気
だもんね。以前から書いてる通り8時なんてまだまだ
真昼間な明るさなので席についてから1時間程してよう
やく陽が沈み始めました。

今回は大好きなムールと
DSC02347.jpg

みんなで摘もうとシャキュトリーの盛り合わせ。
すみません、結構食べ散らかした後です。。。
DSC02346.jpg
白いハムやら赤いハム、サラミもソフトなものやかなり
ドライなもの。後はパテ・ド・カンパーニュも3種類程
乗ってました。これだけでいいかも
ってくらいどれも美味しい!!cocoにはよく分からない
けれど、これはスペインのだとか、これはバスクのだな
とかみんな凄い!!食べただけで分かるんだね?!
どちらかと言うと白ハムが好みのcocoは“分かってない”
らしい。ま、それは納得なんだけれどね。。。そのうち
ね、きっと。

さて、こんな夏のような日をすごした翌日の今日はコート
とマフラーを巻いて出かけるほど寒い。。
日が落ちたら6℃?!凄い差ですね。
実はちょっとノドが痛い。。なんとか持ち直そうと朝から
果物ガツガツ食べるcocoです。遅いかな

今日はヴァカンス前の最後の学校。代理で2週間だけ違う
先生が来ていたんだけれど、彼女ともお別れ。
みんな名残惜しく授業が終わっても彼女を囲んでお喋り。
cocoはいつもの先生よりも教え方が上手で好きだったの
で寂しかったなぁ~。
そんな寂しい思いを残したまま先生は去り、coco達は
休み中に是非パーティを開こうと誓い合いお別れ。
なんらかみんな予定が入ってるので難しそうだけど。。。

へへへ、そんなわけで2週間のヴァカンスの始まり始まり
~!天気が悪いようですがcocoは明日からパリを離れま
す。luluの実家より更に北に行ったところに住んでる
友達のお誕生日会があるのでそれに参加。
1週間はパリを脱出です。車で友達が迎えにきてくれる
ので分厚いダウンなんか持って帰ろうかなぁ~。

ではでは皆さん良い週末を~
続きを読む

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/26 23:52】 | 日々のこと | コメント(8)

confiture/ ジャム

暑い暑い!
ちょっと肌寒いなって日が続いたんだけれどまたガーン
と気温は上がって22度。
陽が長くなったフランスは不思議な事に暖かくなる時間
もずれちゃうんだね?
日本は大体14時くらいがピークで暑くない??
今のところcocoが感じるのは16時位がピークの様な。。
そんでもって夕方遅くまで結構ジリジリと陽がさして
いるような。。
翌日も暑いとの予報が出ていて予定が入っていたので
本日は良い天気ながらも家で宿題と復習の格闘。

先日伯母さんが思い出したように出してくれたコレで
ベランダで勉強しました
DSC02339.jpg

アペロ用のテーブルセット。
こんなのあったんだね~

伯母さん曰く、ここは8階でちょっと風が強いのであんま
り出さないんだけどねって。ふふふ、そうでもないですよ。
これに座って勉強してると黒い頭がじりじりと・・・
隣の部屋のお姉さんは半裸で日光浴してるし後ろの部屋の
男性はビーチベッドを広げ水着で日光浴。みんな太陽が
恋しかったんだね~。
しかし、cocoは太陽に向かうのではなく、背中に浴びなが
ら座ってました。こっちの年配の方の肌の感じを見てると
太陽に浴びすぎたんだなぁ。。とちょっと心配になっちゃ
います。気をつけないとね。

さてさて、日光浴ではなく今日はジャムの話。
ついついジャムと言っちゃうんだけれどフランスでの名称
はコンフィチュール。
今日は最近cocoがはまってるジャム、じゃなくてコンフィ
チュールを紹介。
じゃじゃん!!
DSC02296.jpg
DSC02298.jpg

このMIXがすごく美味しいの!!
スーパーでもBIO物は買えますがBIOショップに行けば
チョイスは多い
別に果物がBIOの方がいいと思って買ってるわけでは
ないのです。普通に売ってるジャムはペクチン(科学
由来の)が入っていたり防腐剤が入っていたりと気持ち
が悪いので。。スーパーに行けばフランスでも日本でも
人気のボンヌ・ママンのジャムが、じゃなくてコンフィ
チュールがこの半値位で買えちゃいますがあれはどうも
甘すぎでダメです。普段白いお砂糖食べない人は分かる
と思うけれど、あのノドに刺さるような甘さが何を食べ
てるのか分からん!!と思っちゃう。

添加物の話をしたけどそれと同じくらい大切なのが砂糖。
BIOショップの商品はどんな砂糖を使っているかきちんと
書かれています。未精製のお砂糖です。
毎日食べるけれどそんなに大量に食べるものでないなら、
そして値段がべらぼうに高い!というのでなければ極力
こだわって購入したいですね。

因みにパリに来てから使ってる砂糖はこちら。
DSC02247.jpg

スーパーで大人気のピンクのパッケージの砂糖よりは
随分高いけれど、カフェでビールを1杯飲むことを考え
れば全然高い買い物ではありません。
それを高い&無意味だと非難する人も周りにちらほら
いるけれど負けません!!
幸いluluは理解してくれてるので二人がこれでいいなら
良しでしょう。
高級なレストランで食事、お洒落でステキなサロンでお茶
もいいだろうけれど、もうちょっと身の回りの食材に目を
むけてみたらどうだろうね??

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/24 08:34】 | 美容と健康 | コメント(4)

時間を忘れる

最近地下鉄の駅でよく見かける広告
DSC02319.jpg

やっと撮影成功
人が多すぎると何となく恥ずかしくて・・・とか、
何となくこの駅は・・と危険を感じてカメラを出せなか
ったり。注意深いのか小心なのかってところで写真を
取れないこともしばしば。。。
さて、これはおすし屋さんの広告。ランチで13€はちと
高くないですか?しかもきっと貧相なお寿司しか入って
ないんだろうなぁ。
それもさて置き、この巻き寿司をこんな風に並べて広告
にするって日本人にはあんまり発想ないですよね。
これ、携帯のQRコードですよね??
こういうとき、凝り固まった定義が一つもない人達の方
が斬新だったりしてユニークさを感じる事がしばしば。
変わった見方が出来て楽しいです。

話は変わりまして・・・
明日は学校がお休み。日本人のお友達から夕食に招待さ
れ、デザートを持っていそいそ出かけてきました。
何が食べたいと聞かれてお肉意外と答えると、美味しい
カレイの蒸し焼きを出してくれました。
幸せ~
残念ながらカメラ忘れです

のんびりご飯を食べながらゆっくりお話をします。
お酒もないのに共通の母国語で話せると言うだけで
恐ろしく話が弾みました。久しぶりにぶわーっと喋った
と思う。気が合うのはもちろんだけれど、微妙なニュアン
スが伝わる、相手の話す事の行間も読める、終いまで言わ
ずとも察する事が出来る。そういう全てが気持ちよくて
話は止まりません。そして2人ともここに住む事が好きで
フランス人に関して好意的であるにしろ、やっぱり日本人
独特の“これってどうかね??”という日々の疑問などを
率直に話せる嬉しさ。お互いのパートナーさえ理解して
くれないそのもやもやを理解し合える良さという特別な
気持ちよさを感じつつ話したい事を山程抱える二人。
そんなこんなであっという間に12時も過ぎちゃって慌て
て帰宅。アラームでもかけないとだめかしら??

色んな意味で先輩なのでこれからcocoが経験して味わって
行く事をすでに知っているからこそなアドバイスもしば
しば頂けます。
本当に楽しい夜だったなぁ~。でもやっぱりもうちょっと
早く帰らないとね!!! 気をつけます。

DSC02336.jpg

先日のチキンラグーソース。
少し余ったので日本風キャベツを煮込んだものを足し、
豆乳で丸みを出してスープに変身。
茹でアスパラも添えました。一人ランチです


テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/23 00:51】 | 日々のこと | コメント(4)

Tartine/ タルティーヌ

最近すっかりはまってる食べ物があります。
それはタルティーヌ。
タルティーヌってなんぞや??と一応調べてみるとパン
にバターやらジャムやらを塗ったものの事を指したのが
本来の意味らしいんだけれど、現在では何やらちょこ
ちょこと乗せたオープンサンドの事を言ったりもするみ
たいです。(間違ってたらすみません)
仏語の動詞でtartiner(塗る)というのがその原型だと
かなんだとか。。。

先日食べたアボカドサラダを乗せたこんなものもタルティ
ーヌですね。
DSC02301.jpg

cocoのイメージだとこれはクロスティーニって言葉が
ぴったり来るんだけれどイタリア語は仏人使いません
よね、きっと
そんじゃ、カナッペ???
こういう違いってよく分かりません。。。

でも、cocoが今回紹介したいのはこんな小洒落た物
ではなくてこれっ!!
DSC02302.jpg
そう、バゲットを半分に切って軽くトーストし、バター
とジャムをたっぷり塗った物です

こんな簡単な食べ物がめっぽうウマい!!
この存在を知っていたもののご存知滅多に朝食を摂らない
cocoですから得に食べる機会もなく参りました。。。

しかし!!!
先日ふらりと4時くらいに入ったカフェでお腹もさして
空いてないけれど何か食べたいなぁ~と思ったら入り口
にいた人が食べていたものが頭を過る。あれメニューに
ないねってluluと探したけれど見つからず店員さんに
聞くとメニューにないけれど頼まれたら出してるのって。
サイズはバゲット半分くらいのbigサイズにたっぷり
バターが塗ってありジャムが別皿にたっぷり添えてあり
ました。寒い日だったのでcocoがオーダーしたのは
ホットショコラ。これとまぁ~なんとも言えない相性
でして!!
それからはずっと学校から帰ってきてからほぼ毎日
これを食べてます。
眠たくなると嫌なのでお昼も食べないで出かけるんだ
けれど帰ってきたらお腹ぺこぺこ
これと熱々の紅茶で癒される毎日です。
今度またお気に入りのジャムなど紹介しますね。

それにしてもフランスではバゲットって何にでも使用
されますね。大抵はこのタルティーヌ、朝ご飯として
登場。お昼ご飯にはバゲットでサンドイッチのお弁当。
おやつにには板チョコ挟んでチョコパン、夜ご飯もつけ
そえ程度にパンは登場。もちろんチーズのお供に。
パーティがあればカナッペとしても登場するしどの場面
でも登場するフランス人の常備食ですね。

気をつけないと小麦粉摂取量が多すぎですな。。。
といいつつパスタも大好きなcoco。
先日のプレロティ、沢山余ったのでココット鍋にお水
ひたひた入れてたっぷりスープを取りました。これは
後日のお楽しみ。
出がらしの身は綺麗に骨からはずしてトマトソースと
香味野菜、旨味を足すためにベーコンも加えてラグー
ソースに変身。他の方のブログを見てからずっと食べた
いと思っていたのでやっと達成!!
DSC02335.jpg

美味しい画像を見ているだけなんて到底無理な話です!
このほろほろになった柔らかで味わい深いソースは
伯母さん・luluにも大絶賛でした♡

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

【2013/04/22 23:24】 | おうちごはん-その他 | コメント(4)

同性婚

今朝は久しぶりヴィエノワズリで朝ご飯

DSC02323.jpg

お皿が汚れているのはこれの前にクロワッサン&ジャム
を食べたから
伯母さんはいつもたっぷり美味しいパンを買ってきて
くれるんだけれどcocoはお断りしたんです。
毎朝食べないんだけれど、見るとどうしても食べたく
なるから買わないで欲しいと。
伯母さんは意図をわかってくれてるのだけれど、coco
が疲れてる時とか元気ない時なんかはこっそり置いて
あります。多分昨日の講習で疲れてるでしょうって
意味だと思います。昼近くに起きたら山積みでした

朝ご飯を食べながら待ってましたとばかりに伯母さん
が話し始めました。
フランスで燃えに燃えてる話題は常に山程ある様な
気がしますが、今日は2月に下院を可決した“同性婚”
の反対派、賛成派がそれぞれ集結して行進。
もう何回目でしょうか?
もうそろそろ(確か5月だったと。。。)法的に同性婚が
合法となるようです。

伯母さん曰く、今朝のニュースでコースを発表してた
から散歩がてら様子を見てくればって、地図まで持ち
出して説明。
彼女、こういう事にとっても燃えます。
弱い者、マイノリティな人々を助ける仕事をずっと
してたのとアンチ宗教なので反対派に対してはかなり
厳しい意見。cocoはどう?と聞かれます。
正直言うと反対でもないし戦ってまで賛成ですと言う
程燃えてるわけでもない。通過すれば良いと思って
ます。じゃあぁ自分の家族や子供、身近な人が同性婚
を求めたら?と聞かれてもそれには反対する理由は
どこにもない。当人が幸せなのが一番大切な事だと
思うから。
そんな話をしてたら外が騒がしくなってきた。
反対派の人達の行進スタート地点は家を通過した
Denfert-Rochereauからなのでそこへ向かって歩く人
が。
DSC02328.jpg
このピンクの旗が彼らのシンボル。
“家族”ってのはお父さん・お母さんが居て初めて
子供なのだと。。。
上から眺めてると伯母さんが気持ち悪いでしょう
って。白人しか居ないでしょ?このパリでこんな
比率はありえないと。比率もなにも有色人種が一人も
いない。言われないと気が付かなかったな。。
主にはカトリック教会の“僕”なんだって。
それだけではないと思うけれど宗教がらみは確かだよ
ね。

でも残念。cocoは賛成派の集結を見たかったなぁ。
出発はBastilleなんだって。何だかいいね、その場所
がさ。

さてさて、これらを見に行くわけではないけれど折角の
お天気ですからuluと2人でお散歩へ。
と思ったら行進が始まっちゃって道をふさがれちゃい
ましたが何のそので横切ります。
武装はしてないものの警備が凄いので写真を。。と思っ
たら一人の警官は“俺を撮れ”と言わんばかりにポーズ
までとりました
いいよ、いいよ撮ってあげるよ
DSC02334.jpg

今日はセーヌの方まで行って見ましょうとリュクサン
ブール公園を突っ切ります。こちらも先週引き続き
凄い人なのでささーっとね。
でも完全に春真っ盛りの様子にしばし景色を堪能。
DSC02330.jpg

DSC02331.jpg

このままセーヌ沿いを歩いてノートルダムの方まで
行ったんだけれど、すっごい人人人!!!
つまり観光客です。
とっても美しい景色を是非写真に収めたかったんだけ
れど立ち止まれないほど。
土日はいつも同じかしら??
今度は平日に出てみようか。。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/21 00:31】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(4)

へとへとだけれど・・・

今回2回目にて最後のOFII(移民局)指定講座を受けてきました。
場所は前回と同じ。時間も同じく早朝から。家から少々
遠いので早起きは辛いです

前回はフランスについての歴史的な事が主な内容だった
けれど、今回はもうちょっと具体的。フランスで暮らす
には・・・ってお題です。
健康保険の手続きやらアパート探しの方法。また仕事
がない、生活が苦しい等のときに得る国からの援助シス
テム一式。(生活保護、家賃補助、パリ市内交通機関の
チケット購入補助etc)、それに仕事の探し方などなど。
今回は日本語の翻訳なしで英語翻訳でした。
そのため、前列の方はフランス語が分かる方、後方は
coco同様フランス語理解が出来ない、難しい人が集まり
英語の翻訳者を囲んでの楽しい会となりました。

前回同様ぐったり疲れちゃったけれど今回は楽しい仲間
に囲まれて翻訳者とも和気藹々。お菓子をつまみながら
ゆるりと進められました。
みんなとたっぷりお喋りする時間があったんだけれど
出身国は様々。来仏理由も様々。シリアやパレスチナ
出身の人が居たんだけれど、自国ではジャーナリスト。
コメンテーターとして出演してる番組などもyoutubeで
見せて貰いました!!
もう国には帰れないんだって。。フランス政府から政治
移民として特別に滞在許可を得てるらしくまた来て数ヶ
月なのに長期のVISAや保険証なども得てました。
またチベットの方もまだ来て数ヶ月なのだけれど、
フランス政府が中国政府に“反対”する姿勢の表れと
して長期滞在を許可されているらしくこの方もすぐに
特別なVISA交付されてました。他にはバングラディッ
シュとフランスで別居婚してたけれど赤ちゃんが病気
になり、自国の病院ではどれだけ検査しても原因が分
からなかった為フランスに移ってきたんだという若い
ママちゃんも居ました。
普通には知り合わない人達と出会えて本当に有意義で
楽しい一日だった。(あ、本来の目的もちゃんとね
話だけ聞いてるとものすごくシリアスそうでしょ?
でもみんな思いっきり笑顔で明るくて冗談もいっぱい
なの。どうしてそんなにポジティブで居られるの?
ってくらい。
そのジャーナリストの人に聞いたの。どうしてそん
なに楽しそうにしてるのって。彼曰く、僕はこの安全
な場所に居られるだけで幸せだと。世界は常に悲惨な
状況なんだよ、だって。。
ははは、cocoなりにナーバスになりますが私の問題
など取るに足らないちっぽけなものなのでしょうね
きっと。

今日出会った皆とは最後にお茶して帰り、連絡先を
交換し合い、みんなまだ仕事ないんだから早めに
また集まろうねとお別れをしました。
友達とはまだ呼べないけれどステキな知り合いが
出来たなぁ~
前回に引き続きへとへとですが来て良かったなと
思える“大変な”一日でした。

帰ったら伯母さんが立派なプレロティ(鳥の丸焼き)
を購入してくれてました。
そのまま食べてもいいんだろけれど、折角だから
ポテトや玉ねぎをロースとして一緒に軽くココット
で暖めて鳥のジュースがたっぷりしみしみした野菜
を一緒にほおばりました。
シンプルな料理はシンプルにウマイ!!
DSC02322.jpg

cocoとluluはしっとりとした胸肉を頂き、伯母さん
は軟骨や小骨がいっぱいの足や手羽を好んで食べて
ました。伯母さん曰く、あなた達本当に美味しい所を
分かってないわね~、だって。。きっと本当の肉食
と言うのはこういう人種なんでしょうね。


テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/20 21:31】 | 手続き関連 | コメント(4)

Parc de la Villette

暖かくなると皆予定を入れたくなるのかな?
平日も週末も○○行かない?とかカフェに行かないとか
軽いお誘いを受ける事が多くなりました。
気持ちは分からなくもない。急に浮かれたくなる様な
陽気にいつまでも明るい空。冬が長かったもんねぇ。

とは言えcocoは翌日学校があるのに予定を入れるのは
あんまり気が進まないので殆ど火曜か週末のみにして
ます。明日学校だし、、と断っても“私も仕事で6時置き
だよ”なんて言われたり。。。みなさんタフです

さて、金曜の夜はcocoとしてはちょっと異色なshowを
見に行って来ました。
luluのお友達に誘われてストリートshow。
4ブロックに構成されててその中のトップバッターが
HIP HOPチームだったんだけれどテーマがあって音楽
もライティングも効果的で素晴らしかったです。
全然違うけれど今回出演された方達のほかの動画が
あったのでこんな感じ。


特に興味があったわけではなかったのだけれどライブ
の魅力もあいまって本当に楽しめました♪

そしてこのshowを見に行ったのがパリの北方にある
こんなステキなところ。
(パリ観光局よりお写真拝借)
parc1.jpg

中にステージがあるんだけれどそれ以外の場所は色々
装飾されていて上手に無駄遣いされていましたよ。
無駄遣いスペースの一例
DSC02318.jpg

DSC02317.jpg

会場の周りは公園として開放されていて芝生が敷き詰
めてありこんなお天気ならでは皆さん思い思いに寛いで
ました。 この辺は今開発が凄い進んでいてステキな
図書館が出来ていたりダークだった街の雰囲気も一新
され人気エリアになりつつあるらしいです。
ちょっと地下鉄に乗ればまた違ったパリがありますね

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/19 20:54】 | 映画・音楽・アート・本 | コメント(0)

久しぶりの回鍋肉

昨日はlulu夕方にパリ到着。
ご飯何食べたい?って前もって聞いておいたら野菜と
果物がたっぷり食べたいって。
そっか、実家でまた食べられそうなもの出してもらえな
かったんだね。。。
野菜好きではないのに野菜を摂る生活に慣れてしまった
のでしばらく摂らないと不調を感じるみたい。。

というわけで今のうちだとリピ買いしてる例のキャベツ
を山程使って回鍋肉!!
DSC02309.jpg
アスパラを小さく切ってチャーハンも
DSC02311.jpg
そしてサラダと食後にオレンジ。

残念ながら電気調理台は火力がイマイチで中華を作る
のにはやっぱり物足りない。ガス台が恋しいなぁ~。

さてさて、この回鍋肉(とマーボー)を食べたくて買っ
たテンメンジャン(の代用品)ですが感想はやっぱりちょ
っと甘い。そして味が優しすぎる。学校に行って中国人の
クラスメイトに話すと“北京ダックのソース?!甘いで
しょソレ!!”と驚かれた。。やっぱりね。。。

とは言え代用品としては今のところ十分。調味料を合わせ
るときに少し工夫しましょうかね。。

テーマ:おうちごはん - ジャンル:グルメ

【2013/04/18 16:42】 | おうちごはん-アジアン・エスニック | コメント(4)

回鍋肉

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2013/04/18 13:45】 | おうちごはん-アジアン・エスニック

テンメンジャンを求めて

ふぅ~、23時を過ぎてもまだ20度越えのパリです。
寝苦しそうだわ~。

水曜日は学校がないのですが、気温が25度と予想が出て
いて、運動不足解消の目的もあり、歩いて13区の中華街
まで行ってみました。初めての道も通るのでゆっくりと
歩きながら気になるお店があれば向こう側へ渡ってみた
り、また戻ってみたりと太陽をたっぷり浴びながらの道

40分程して目的の街に到着。途中13区に入った辺りか
らなんだか治安がちょっと・・・
びしっとスーツのサラリーマン達が優雅にカフェで
ランチを取ってる道のベンチでは裸足のアフリカン衣装
に身を包んだ人達が何をするでもなくぼんやりしてたり
と異様な光景でした。写真撮りたいものもちらほらと
あったんだけれど、カメラ出すのも気をつけないと・・
って感じ。とは言え真昼間の大通りなので何事もないと
は思うんだけれどね。。。

これはまだ14区Place Denfert-Rochereau前
パリではあまりお目にかからない達前を発見!
DSC02303.jpg
こんなペラペラで大丈夫なのかしら??とちょいと
心配に。。しかし暑い中よく働きますね!!

さて、やっと到着。今回の目的は一人じっくり中華
食材見学。(以前はluluが一緒だったから)
その中でもかなり購入意欲が高いのがテンメンジャン
です!!以前も書いたと思うけれどパリで見つからない
んですよ。。。ネットでも皆さん色々工夫されてる様子
を伺います。話によるとBellvilleにあるらしいけれど
家から遠いし、わざわざね。。。それに伯母さんに話し
たら一人で行っちゃダメよと言われたので何となく行け
ず仕舞いの街。興味あるんだけれどなぁ~。

さて、4つほど中華マーケットを見つけまして色々物色。
有名所、大きな中華スーパーチェーンのTan Freresは
やっぱりここ嫌だわという感想でさっさと退散。なぁ~
んか嫌なんですよねぇ、品揃えは多いんだけれど。。
2件目は親切な店員さんと一緒に商品を探してると華美
な中国マダムが他の店員と大喧嘩初めてイチゴ投げたり
すっごいアクセント悪いのにPワード連発で(英語なら
Fワードっつーんですかね?!)騒ぎ立てたりしてて
すっごい怖かったので退散。遠く離れてもまだ騒ぎ声
が聞こえて通行人も何事かと振り返ってました。お客
もその店員さんもかなりエキサイトしてましたよー。

さらに次の店へ行きましたが以前行った時ここはいいな
って思ったお店。商品について質問するとすごぉぉぉく
すごぉぉぉくむかつく店員だったのでしばらく物色して
退散。はっきり言うと中華系調味料って実はどこもほぼ
品揃えは同じだと思う。プラスいくつか違う会社の物が
おいてあったり、ちょっとだけ別なものがおいてあった
りとその程度。でもそのちょっと別のものの中にないか
なぁと思って渡り歩いてたわけですよ!!

そして最後のお店。ここがまぁ~、どの店員さんもとっ
ても親切で和気藹々ムード。結局ここにもテンメンジャ
ンはなかったんだけれどこれが代用になるかもとか
何を作りたいのとか言われて、それならこうやって作れ
ばいいとか色々教えてくれました。。。。が、やっぱり
欲しいのでその代用になりそうなもの等を購入。
因みに、中国の発音は日本のそれとは全然違うので今回
は紙に
甜麺醤・豆板醤・蠣味醤
って書いたものを見せました。
実は豆板醤も見つからなくて、でもこれかなぁ~って思
うものをつかんでレジに持って行き、一応これ豆板醤
ですかね~って聞いたら全然違うーって。残念。。。
ま、そんなに使わないのでこれはしばらくは他で代用。
で、長くなりましたが今回購入の品はこちら。
左がオイスターソースで右がスイートチリソース。
これらはスーパーで買えるけれど格段に13区が安いです!
DSC02306.jpg

テンメンジャン代用で選んだのは真ん中の北京ダック
用の味噌。
材料を見るとほぼテンメンジャンと同じってのが購入の
ポイントです! 
表示だけで言うと添加物はカラメル色素だけなのでまぁ
許容範囲ですね。

帰って来て舐めてみるとちと甘いような。。。
料理に使った感想は次回。

そして今回もうひとつ買ったのがお豆腐。
DSC02308.jpg

以前食べた事があって、ぎっしりと詰まった固めの木綿
豆腐のような感じでマーボーに最適!値段も手ごろで
大豆は遺伝子組替無し、フランス製造。中国産なんかも
売ってるのでそれと比べれば断然安心感があると思い
購入したんだけれど、帰ってよくみたらニガリのかわり
に硫酸カルシウムだった・・・
一度きりという事で。。。
やっぱお豆腐はBIOショップで探そうっと。。。

別に中国産がいけないと言ってるわけではないです。
中華調味料なんかはcocoの食卓には最低限のものが
必要だしここではお世話になることも多いでしょう。
でも添加物認可の厳しさで言えばフランス産の方がまだ
ましだと思う。輸入品だって当然フランスで認可された
ものだけが入荷してるわけだけれど、信頼度は残念ながら
やっぱり低いです。

しっかし、どのお店にもないテンメンジャンや豆板醤。
店員さんはみんな知ってるのにどうして取り扱いがないん
だろう??
【2013/04/17 23:48】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(6)

Asperge

日曜から気温は下がったものの、もう冬の上着は要らない!
薄手の服に首になにやらちょっと巻くだけで十分な暖か
さです。このまま暖かい日が続くのかと喜んでいたら
これからまたびっくりするくらい寒い日が来て夏はどこ?
って事もありうるのよ~っと伯母さん。
ま、今のところこれで大満足なcocoです。昼間は窓を
開け放してても気持ちのいいくらい

昨夜伯母さんとホワイトアスパラをちらほら見るけれど
グリーンはいつ頃でしょうね~?と聞くと、イチゴの旬と
同じくらいの時期よ、と。この場合のイチゴはフランス産
を指すのでもうちょっと先という事ですな。。

そう思ってたら、今日帰宅するとグリーンアスパラが置い
てあった。伯母さんがこんな早く出てきたわと思ってふら
っと買ったらスペイン産だったわ、しかもかなり南のっと
舌打ちまでした。。"フランス産"にかける思いは強いよう
ですね

とは言え新鮮なうちに頂きましょうかね~
cocoが一番好きな食べ方はこれっ!!
DSC02295.jpg
さっと茹でただけのアスパラに目玉焼きをonしてコショウ
とパルミジャーノチーズをかけただけ。
黄身を崩しながらつけつけして食べちゃいます。ついでに
パンもつけつけ
伯母さんはマスタードつけるだけが好きっと言ってまし
たがいいんです、cocoが作るので!!

フランスのアスパラは固いと他の人から聞いていたけれ
ど、根元をちょこっと切っただけで後はピーラーで少し
皮を向いたけれど、思ったよりやわらかくて瑞々しかっ
たからびっくり。
もったいないけれど大量だったのでさっと茹でて余りは
冷凍庫へ。

そして今夜のサラダはよそ様のブログを見てからずっと
食べたいと思っていたアボカドのサラダ。
DSC02293.jpg

そろそろ終わりそうだったトマトを入れたりして随分
思い描いた"まったり感"から遠くなったけれど、まいっ

伯母さんがすっぱい好きなのでたっぷりレモンを絞って
入れてあります。あとはちょーっとだけ、スプーンの
先端くらいわずかな量の醤油をたらしました。

明日からluluが来るので伯母さんと食べたいものは
今のうちに!!って合言葉になってます。。。
luluはアスパラ、アボカド、海老。どれも嫌いです。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/16 19:37】 | 日々のこと | コメント(4)

初夏?!

ふぅ~
つい先日までなんだか肌寒いとこぼしていたのに、今日
は天気予報どおりの25℃!!!
暑いぃぃぃ!
日本人より暑がりの仏人にはきっと耐え難い暑さだった
でしょうね~。皆半そでやら半ズボンやら一気に夏!
あちこちアイスクリーム屋さんは長蛇の列でしたよ。
空がとっても高くて飛行機雲にうっとり。
DSC02283.jpg

さて、こんな日はリュクサンブール公園でのんびりと
っと思い暑い暑いと半バテのluluを引っ張ってお出か
けです。
有名なカフェなんかはいつでも人で一杯だけれど今日
は特にテラス席がにぎわいます。
DSC02284.jpg

有名でなくてもメイン通りにあるカフェはどこも人で
いっぱいです。
気持ちよくくつろうごうとしたら公園内も・・・
人人人
DSC02285.jpg
DSC02286.jpg

何だか行く道からどんどん人が多くなってたので
もしや。。。と思ったんだけれどみんなおんなじ事
考えますね~。
入り口はSWAT並みに武装したごっつい警官が入り口
をガードしてました。物々しいですなぁ。。。

さて、くつろごうにも人ごみから抜け出してきた
ばかりのcoco達にとってこの人出はややうんざり
するものがありましたので少し公園内をブラブラ
してから町の散歩に出かけました。
luluが向かったのは
DSC02287.jpg

オデオン。
大好きな従兄弟の家があるので子供の頃から通った
懐かしい場所。日陰方面の路地を選びながらの散歩。
いやいや、ほんと暑いんですよ、ホント!
そのまま家のほうまで帰ってくるも、luluはどうして
もテラスでビールが飲みたいと。。
大通りのカフェは好きじゃないのでまた裏道を回りなが
ら探すもやっぱりこの陽気。テラス席はどこも一杯。

結局家の近所のカフェに落ち着きました。
早くからハッピーアワーをやっていたので500mlの
Leffeがたったの5€でした!!これはいいところを見つ
けたとホクホクしたluluですが、cocoもcocoでいいとこ
ろを見つけたと思っちゃいました。
理由は
DSC02288.jpg

山盛りムールがお手ごろでかなり美味しかった事!
いつも行くお店にはないプロバンサル(プロバンス風)
があったのでこちらをチョイス。美味しかったぁ~。
オーダーしたときオジサンに"ホントはお腹空いてない
んでしょ?Gourmandis(食いしん坊だね~)"と言われ
てしまいました。。。事実その通り
ムールはcocoのお腹へ。フリットはluluのお腹へ。
夕食はなしです。。。

帰宅してからも19時なんてまだまだ暑く部屋は西日が
当たるのでベランダでくつろぎます。
輝くパンテオンがまぶしいくらい
DSC02292.jpg

たっぷりとお日様を浴びて歩いて気持ちのいい天気は
やっぱり人のムードも良くしてくれますね。
ステキな日曜日でした



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/14 21:42】 | 日々のこと | コメント(6)

Bercy


DSC02274.jpg

luluと一緒にゴスペルのコンサートに行ってきました。
舞台の上は100名のゴスペル隊とソリストが数名。
ものすごい迫力と人の声帯の力に感動しちゃいました。
こういう人達を"歌手"と言うんだなぁ~と惚れ惚れし
ちゃった。歌手であり素晴らしいエンターテナーだと
思います。TVで有名な歌手って何者でしょうね~なんて
会話をしながらの帰宅。

さて、コンサートは夜からだったんだけれど、都市開発
されたかわいい町だから早めに行って見ようと出かけま
したがあいにく途中から小雨が。とは言え誰も傘をさし
てない程度だったけれど・・・

ここBercy(ベルシー)はホントかわいい街でした。
パリの中ではセーヌの端っこにあたるこの街はゆったり
と川が流れ、ボートが行きかい、さらにボートをレスト
ランやバーにしたお店が川岸にずらりとならびとっても
ロマンチックな感じでした。川に浮かぶクラブもありましたよ
bercyvillage.jpg

こんな風に昔倉庫として使われていた場所は今はレスト
ランやお店が立ち並びのんびりムード満点。

kvefr1573s.jpg

ステキな公園やデッキスペースは駆け回る子供と犬で
いっぱい。周りのマンション(って言葉がぴったりの新
型ばかり)は広めにバルコニーを取ってあるものばかり
でBBQセットやパラソルがささった部屋が目立ちました。

今回のコンサートがあったところは東京ドームみたい
な場所で今回のお客さんは2000人くらい。
外観は
La_palais_omnisport_de_Paris_Bercy.jpg

芝生がびっしり生えたピラミッド!!ちゃんとスプリン
クラーも回ってたよ

ライブが終わって日が暮れてるとまたステキな感じに
なってました。
DSC02277.jpg

因みにこの街は地下鉄が地上にでるのでこういう橋型の
線路。これも街灯がまたステキになってました。
metro_pont_de_bercy.jpg

のんびり空気の街で郊外らしくガーデニングのお店
なんかも充実してて気持ちのいい場所でした。
カフェの店員さんものんびりにこやかでしたよ

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/13 19:51】 | 日々のこと | コメント(2)

暖かい♡

今日は朝から14度
なんて素晴らしい!! 数日降ったり止んだりのはっき
りしないお天気だったけれど、今のところ今日は大丈夫
だし曇りでもこのままでありますように!!!

冬の寒さとは違い、まだまだ寒いなんて言ってても確実
に体は次の季節のものを求め始めます。
今までもスーパーにイチゴが売ってたけれど香もあんまり
しなくて大きいだけのイマイチな感じ。
それが昨日は売り場に行っただけでイチゴ
って香がすっごい主張してて見ると小ぶりでとっても
かわいい♡ coco日本でもそうだったんだけれど大きい
イチゴ苦手なんですよ。有名な何チャラっていうのが
3Lサイズとかで売ってたりするけれど惹かれません。
見ると今回はフランス産でした。
うきうきとお買い上げして帰ると伯母さんがイチゴの
香がするっと敏感にかぎつけました。
香が良かったしフランス産だったからって言うと嬉しそ
うに私もスペイン産は買わない。と色々理由を言ってま
したが、この方料理もしないけれどフルーツには目がな
いのでいつもたっぷり果物がある家です。南のフルーツ
も置いてあるけれど常備してるのは"フランス産"の季節
のもの。この辺共感します。
因みにイチゴはもうちょっと待つとぐっと値段が下がる
けれどそうするともうそろそろ終わりだから気をつけ
ないとね、だって。

そして今朝の朝ご飯は
DSC02262.jpg

当然イチゴ。
中まで真っ赤でとっても美味しかったです♪

さて、luluが久しぶりにタコライスを食べたいって言う
ので昨夜は伯母さんも居ないし快く作ってみました。
DSC02263.jpg

あぁ~、やっぱこういうご飯どーん、おかずも一緒に
って食事気持ちいいなぁ~。なんだか"食べた"って
気になります。
こちらに要るとおかずがドーン、炭水化物は添え物的
なのがちょっと寂しい。。。

さて、タコライス。寒いluluの実家に居た頃は絶対
食べたくなかった料理。でもこうやって生レタスや
トマトをご飯に混ぜ込んで食べれるっていうのは
やっぱり季節が移ってる証拠ですね~。
このほかにも生野菜のサラダをたっぷり摂りました。
cocoの体も冬のおしまいを感じてるようです

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/11 10:06】 | 日々のこと | コメント(4)

タコライス

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2013/04/11 09:47】 | おうちごはん-アジアン・エスニック

CHOUDOU

月曜から気温は10℃前後に・・・・と週間予報に
書いてあった。なんでも最高12度とか?!ひゃっほーい
と喜んだものの結局6℃くらいだったような。。。
でも、暗くなるまい!!明日はきっと暖かいさという
希望がなんだかあるのだ。だって日曜には19℃って書い
てあるよ♪ 伯母さんに曰く春はゆっくりよと言われ
た。。。いやいや期待してます!!

さて、さて~、日本とフランスの野菜は何だか全然違う
なぁ~ってのがいっぱいあるんだけれど(基本的に大振り)
これはちょっと・・・ってのがキャベツ。
coco結構キャベツ好きなんだけれど(生は苦手)フランス
のキャベツは本当に苦手。クタクタに煮込んだヤツなら
食べられるけれど自ら手は伸ばさないなぁ。
ちりめんキャベツ(サヴォアって言うのかな?)も苦手
だけれど、淡いグリーンの日本のっぽいのはこれまた期待
はずれ。ボーリング玉みたいに硬くて殴られたら倒れると
思うってくらいごっつい。生でかじってみたり、炒めたり
したけれどこれはよろしくないなぁという具合。
ところが、ところが!!!
フランス在住の方はもうご存知だと思うけれどモノプリ
でこれを発見!!
DSC02246.jpg

その名もやわらかいキャベツ!(甘いかな?どっち??)
サブタイトルが“キャベツが好きになる新しいキャベツ”
だって!!!!今日こそ買うぞ!と出かけてgetした時
は感動しました。
帰って来てまず葉っぱをかじってみます。あぁ~日本の
と同じタイプだ。しかも春キャベツですから柔らかい♡
伯母さんが、“何々中国のキャベツ?(白菜の事)”
って言うから違うよこれは日本のだよとウソぶいてしま
いました。後で訂正したけれど。

明日からluluが来るので今日はluluの嫌いなものに
しようと相談。スープかパスタかで迷ったところで、
パスタになりましたがキャベツをたっぷり食べたいの
でパスタは一人50gだけ。それでも具沢山ですごいボリュ
ームになりました。
DSC02257.jpg

にんにくのオイルベースにちょいとベーコンとサーモン
を入れてパスタと茹でたキャベツ投入。
美味い~
サット茹でただけなのにやわらかい。その上きゅっきゅ
っとした歯ごたえが残ってる
あぁ~幸せ。しばらくパリ滞在なのでこれ使い切っても
また買っちゃおうっと!!!きっと今だけだもんね

お値段は2.90€。
妥当かな??

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/08 22:47】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(4)

出不精で引っ込み思案

伯母さん何でも喜んで食べてくれるので作り甲斐があり
ます!
食べる量は小鳥程ってところがちょっと悲しいけれど、
それはレストランに行ってもそうなのでcocoの料理の
問題ではないでしょう。。。多分。
そんなわけでlulu実家に眠っている醤油ストックを1本
持って来ました。
DSC02244.jpg

週末はlulu実家に戻ってたんだけれど友達も来てたので
毎度ながらちょっと食べすぎちゃいました。今週は少し
調整しましょうかね~とアジアンを作るためにとりあえ
ずな感じで醤油を持参。とは言えアイデアあんまりない
んだけれどね。。。

さて、先週の木曜。用事があったので学校の帰りに日本
大使館へ。
大使館から家までの間に小さい赤ちゃんがいる友達の
家があるのでお茶しに寄っていい?って電話すると今夜
は友達が3人くるから良かったら一緒に夕食を食べてって
よと誘ってくれました。cocoという人間は何でも始めに
知っておきたいものだけれど今夜はあえて何も聞きま
せんでした。“友達って誰? 日本人?”
こういうの聞いて違うよとか知らない人だよって言われ
ると何となく億劫になって“じゃあ、別の日に寄せて
もらうね”ってなるのは自分でも分かってるので最近
は知らない人でも言葉が怪しげでもそこに参加する
様にしてます。だって、行ったら行ったでいつもかなり
楽しむ事ができるから。

夕食の時間まで2人だったので日本語でブワーっとおしゃ
べりを3時間くらい楽しめました。
その後ポツポツと現れたのが2人は知り合いのフランス人
でした。そしてもう一人は初対面のスペイン人女性。
そしてこのお友達夫婦とでとっても楽しい夜になりま
した。遅くならないように帰るはずがとっても遅くに
なってしまう程。行ってよかった
luluが要るときはよく出かけるけれど一人の時はわりと
家に居ます。出かけても近所だし。第一宿題が多すぎ
ですし!!
というのも一つの言い訳か・・・ 家に要る方が楽~。
明日も学校だし大変だもんね~って頭があるから平日は
まったりしてるほうが好き。でも意外に平日のお誘いが
多いのがパリ。ちょっとしたパーティするから来ない?
とかアペロしに来ない?とかただ単に一緒に夕食どう?
とか。。。
こういのってスタートが8時からで終わりは途中抜け出さ
ないと12時過ぎまでは余裕な感じ。でもみんな慣れてる
様子。。cocoはそういう生活は20代まででしたね。
そんな考えを知ってか知らずか、今回の夫婦には帰り際
に、家も近いんだからもっと来てね。大体毎週誰か呼んで
夕食してるからさって。子供が小さいので自分達が出る
よりは自分達が招く側になったのよと彼女は言ってた。
本当は出かけたいのかもね。。。
そんならフットワーク軽いうちはもうちょっと出ておこ
うかねぇ。

因みに翌朝伯母さんに帰りが遅かったわね~。いい事よ
いい事よ!!と喜ばれた。“若い”cocoが友達と出かけ
ない事を心配してるんだって。
パリジェンヌって元気やねぇ。。。



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/07 23:32】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(2)

へとへと

今日はOFII(移民局)の指定講座の一つを受けてきました。
お題は“フランスの歴史”
朝9時から17時までランチ支給のびっちり8時間。
ちょいと遠いところにあるので朝も久しぶりの早起き。
今回は日本語の通訳の方が居たのですっかり理解でき
そのため日本人の参加者も多くて通訳の方を含め色々
有意義な話も聞けました。状況様々。皆さん色々大変
ですね・・・
講師の方もとっても優しく茶目っ気たっぷりのフランス
人女性。OFIIのスタッフではなく法律家らしいのでトラ
ブルや心配な事があればこの後相談にのるから気軽に
相談してくださいと管轄外の申し出までしてくれました。
アフリカ系の方も沢山居たのでその後何人かが順番待ち
していました。こちらも皆さん大変ですね。。。

さて、話の内容はフランスという国の始まりからフラン
ス語が洗練されていく歴史的背景、それから今の政治
体系に至った背景や政治制度など。その他今の法律や欧
州連合に加盟するに至った経緯などを話し、さらにはフ
ランス人、フランスのへ移民として与えられる権限や
権利など詳しく聞きました。
こんな長時間もめんどくさいなぁと思ってたんだけれど
今日の説明で彼女は“フランスがあなた達を移民として
受け入れると決めたのだから十分な権利を与えここでの
生活に困らないように導いてあげる義務があるのです”
と言ってました。なるほどね。
日本の滞在許可は一年4千円です。ここでは1年目にはそ
の約10倍支払いました。色々な講習を受けたり、語学力
の足りないものには勉強の機会が与えられる。
やろうとしてる事は立派なんだよね~。
(ただ上手に運営できてないけれど・・・)

さて、どっと疲れて帰宅。
アパートの中庭は既に春でした。
DSC02236.jpg
癒されます

でも水仙ってこんなに寒くても咲くんだね。。

今夜は伯母さんお出かけ。luluも夕方には旅立ったの
で一人の夜ご飯
深皿をごそごそ探してるとなんだかステキな器を発見。
DSC02237.jpg

しばらく使ってない様子なので洗ってフキフキしてると、
あら?日本製??
DSC02238.jpg

後で聞いたところこれはluluのお婆さんの物らしい。
彼女はアジア好きだったので色々アジアチックな物が
あります。
ちょっと不似合いですがこれで今夜の夜ご飯。
DSC02240.jpg

玄米ご飯を冷凍庫から降ろし、マッシュルームと人参
トマト、玉ねぎ、にんにく、豆乳でクリームカレー
美味なり。

食べ終わってお皿を洗う20:45の光景なり。
DSC02239.jpg

嬉しいけれど感覚がおかしくなりそうだわ。。。

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/03 23:29】 | 手続き関連 | コメント(8)

ちょっと気の毒な先生

基礎クラスにもかかわらず、先生はかなりハイレベル
な仏語を多様します。単語もしかり、動詞も文法も。
読み書きは苦手としてもなんせ話せる人は沢山いるの
でどんどん質問をぶつけてきます。
そしてノートを写したり、じっと先生のいう事を聞いて
るという授業の受け方は望ましくないといいます。
そんなのは小学生のやる事。あなた達はここでどんどん
発言しないさいと。

ただ、上にも書いた通りあまりにもレベルの高い人に
レベルを合わせてる為、質問も何言ってるかさっぱりわ
からないって人も多い。cocoもその一人。
じっくり文章眺めて問題を解く。こういうのはいいけれ
どたっぷりリエゾンして知らない言葉がてんこ盛り。
まだ勉強もしてない文法や過去形を使った動詞の変形を
されても分かるわけがない。

どんどん質問しなさいよー。今の文章で分からない単語
沢山あるでしょ??と先生がちょっと声を荒げてしまっ
た事から今日はちょっとした騒動となった。
これに反撃したのは殆どフランス語が出来ないレバノン
人のM君。“そんな事言ったって質問されてる意味さえ
分からないのにこちらから何を発言するって言うのさ。
ヴァカンス後からは英語も使っちゃダメだって言うし
このクラスは基礎クラスのはずなのに難しすぎますよ”
って。こちらも声を荒げた。(この人短気君です)
それでいつもはおとなしい同じくフランス語ダメな
アルバニア人のEちゃんが“いつも発言が上手く出来
ないともっと勉強してきなさいよと言って私をダメな
生徒のように扱うのは止めて欲しい。分からないから
基礎コースに来てるのよ。出来るように説明するのが
あなたの役目じゃないの?”とこれまた静かに反撃。
実は文句こそ直接言わないまでも同じような事をcoco
も思ってた。あまりにもこのクラスは難しすぎる。
何のために基礎コースを選択したか分からないじゃな
いかと。詳しく書かないと何が不満かわからないと
思うけれどとにかく全てをぶっ飛ばしてるの。
基礎コースって何をもって“基礎”というのとだれも
が思ってるはず。
日本で日本語入門偏といえば、“空は青い”“お腹が
空きました”とかこのレベルの文法ですね。
こちらはいきなりのいきなり。もう普通にお店で店員
と会話を“楽しむ”レベルのスタートです。

とは言え、先生は難しい事でも毎日繰り返し同じフレー
ズを使うようにしてるしわからないならすぐさま手を
揚げてねと言ってくれてる。その国の言葉でこの言葉を
一から習うって事に経験がないのでcocoもどういう方法
が最適かなんてわからないけれどそれでも先生は自分が
正しいと思ったやり方で頑張っていたのに一番上達して
欲しいと思ってるレベルの人達からこういわれてはなん
だか悲しくなったみたいで“じゃあ、私はどうしたら
いいの。。。。クラスには違うレベルの人間が20人も
いるのよ。皆が英語を分かるわけではないし全てを通訳
しながら授業を進めるなんて無理なのよ。。。”としょ
ぼんとしちゃいました。cocoはそれももっともな事だと
思ったんだけれどそれでも容赦のない人達はガンガンと
反撃に出る。
なんだか先生がかわいそうになってきてみんなキツイ
なぁ~と思っちゃいました。
遅刻してきたり、宿題もしてこなかったり、無断欠席を
したりと好き勝手してるんだから自分達にも非がある
だろうに。。。

とは言えポジティブな先生はま、しょうがないでしょ。
これしか方法はないのよ。さ、次ぎ行きましょーっと
こっちも強かった

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/02 22:53】 | 日々のこと | コメント(6)

cocoは“分かってない”だとさっ!

3/29日から30日夜中の0時
日付か変わったところでフランスは夏時間へと移りまし
た。時計の針を1時間進めて就寝。
起きたら1時間失ってるという状態。。。。
まだ体が慣れませんがいきなり学校の日じゃなくて良か
ったぁ。お腹も空かなければ眠くもならないという困っ
た数日を過ごしました。
日本との時差は8時間から7時間へと変更ですよー!

まだまだ寒くて暖かくても6~8℃が精一杯のパリ。
春はそこまでと言いながら冷たい風にほっぺを真っ赤
にして歩いてます。
ところが日は確実に長くなり21時を過ぎてやっと日の
入り~。(9時に撮影)
DSC02235.jpg

夜ご飯を食べ終わってもまだベランダで読書が出来る
程です。感覚がおかしくなりそう~

さて、週末にluluの実家に帰ってたときのお話。
例の中国の豚さんプカプカ事件の話になりこんな所に
までニュースになってるのかと驚くとその病気の豚達
は既に多くが商品として市場へ欧州市場へも流れている
との事で関心が高まっているよう。
先日から冷凍食品の牛肉が実は馬肉と偽装されてたとか
似たような話がちらほらあがって“食の安全とは”という
話をあちこちで見聞きします。大統領に至っては“仏産を
食べましょう”って声高々に叫んでました。それも一つ
かもしれませんね。既に食の市場は規制出来ない程世界
を巻き込んで巨大化しすぎてしまっていると思います。

さてさて、そこでどこへ言ってもこの手のジョークを
聞きます。あ、これ馬肉入りだよ。美味しいでしょって
な感じ。
luluママちゃんと話していたときの事、アッシパルマン
ティエ(マッシュポテトと挽肉を重ねたグラタンの様な
仏家庭料理)なんて簡単何だから冷凍食品なんてかわな
くていいじゃないか。そんなに心配心配なんて言って、
自家製ならどこにも心配はないよねぇ?と発したcocoの
意見が納得出来なかったらしい。

議論好きなフランス人の事なので意見をぶつけてくるの
は大いに結構。でもここでカチンと来たのはcoco。
“あなたわかってないわよ~”から始まったから。
お互い英語は母国語じゃないという事で適切な言い方じ
ゃなかったかも知れないけれどどういう言い方をされよ
うが言いたかった事はそれだとあとの理由からも明らか。

ママちゃん曰く、その料理は全然簡単じゃないわよ。
働く女にとってそんなもの作ってる時間はない。でも
どうよ、冷凍食品を買ってくればレンジで4分もあれば
出来ちゃうじゃない?だって・・・・
レンジで4分のアッシパルマンティエ。。。
想像しただけでも食べたくない。

でもそんなに忙しいなら何もこの料理は食べる必要は
ないんじゃないの???それは週末のお楽しみにとって
おいて平日は時間をかけずとも美味しく食べられるもの
は山程あるはず。
働く女といったって、ママちゃんの時代は週35時間勤務
がほぼ当たり前だった。帰ってきてからご飯を作る時間
くらいあるだろうに。残業でへとへとになったcocoだって
時に手抜きしながらもしっかりご飯は作ってた。フランス
労働者にその時間がないわけがない。

結局作りたくないだけじゃないのか。。。と。
それを正当性を持って“働く女にとって”だなんて突っ込
んでくるところにカチーンとしたんですけれどねぇ。
結果いつもcocoが思うのはこの家で子供が2人とも
好き嫌い王子なのはレンジでチンの野菜ばっかり食べて
いたからに違いないという意地悪な考えに至るのです。。



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/04/02 22:24】 | 日々のこと | コメント(10)

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。