cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

謎だらけのサーモン

DSC053051.jpg

先日ニンニクを食べて元気になったはずのcocoですがすぐに
ぶり返し、今は鼻タレ小僧です。この冬はよく風邪引くな・・・・

さて、とっても食べたくなって久しぶりに西京焼きなど。
味噌に漬け込んで4日目。中までしっとりトロトロ。
あわせて作ったインゲンのきんぴら風炒めも好評。どうやらluluは
春のインゲンがお好きな様子。おかわりもしてくれました。
サーモンも初めはクリームソースではないと宣言するとがっかり
していたけれどどれも美味しいと完食。しばらく前までは凝った物
を頑張って作っていたけれど、どれもイマイチ。(ハリキリ過ぎた
か。。)
意外とluluはシンプルな物がお好きな様で。
助かると言えば助かるのだけれどあまり基本を知らないcoco。
実はシンプルな料理は結構苦手だったりします。

さて、そんな美味しくて大好きなサーモン。
フランスでは時々ドキュメント番組のネタになります。
日本だと北海道天然鮭 なんて売出しがされます。どの程度
"天然"なのかな?そういう事全然知りませんが、お弁当や市販
のおにぎりなどに入っている“鮭”は“鱒”だという記事を以前
読んだ事もあるし、日本において鮭と鱒の区別は実はきっちり
されていないとも。(coco鱒も好きなので文句ないけど)

さて、フランスにもっとも流通しているサーモンは
ノルウェー産、スコットランド産、アラスカ産
この3つです。
今回購入したのはスコットランド産。
こちらにどんな問題があるのかは知らないけれど、少なくとも
ノルウェー産はEU全体で禁止されている薬品を養殖施設で
バンバン使われており(職員はガスマスク着用)なぜかノルウェー
だけには使用許可が下りているとの事。
ノルウェー政府はもちろん安全だと言うけれど、当の現地の方は
サーモンを食べるのならば月1程度に留めて置くべきとの考えが
根付いているのだとか。(番組なので誇張かもしれないけれど)

スモークサーモンはそれに加え亜硝酸塩などの酸化防止剤が
加えられる事が常なのでもっと注意が必要との事。

“天然物”と書かれていても天然のサーモンより産卵させた卵
を養殖所で育て上げればそれは“天然物”と謳えるんだとか。

もうむちゃくちゃですね。
信じる、信じないはそれぞれの判断だしはっきり言えば今のこの
世界で完全なる天然物、無添加なんて存在しないのかもしれな
いけれど一度そういう事を聞くと完全無視出来ないというもの。

我が家は大好きなサーモンも月1回(以下)になっちゃいました。
luluも食べれる新たなお魚の開拓をしなくては、、
そしてもっと大好きなスモークサーモン。たまに人のお宅や誰か
を招いた際にはアペロにしたりカナッペにしたり。夏になれば
オードブルと登場回数の多いフランスですがそれでも年間を
通せばわずかな、、と思いそこまで気にしない事に。
何事も“過ぎ”でなければいいんじゃないの、とこういう時は自分に
甘い都合の良さ

こちらではあまり見ないけれど日本ではチリなどの南米産も
よく出回っていますがこちらは更に注意が必要だそうで。
是非、害の少ない美味しいサーモンを見つけてくださいね!



スポンサーサイト
【2016/03/30 15:58】 | おうちごはん-和 | コメント(0)

L'asperge verte / グリーンアスパラ

1355 006

昨日の夜中より夏時間に変更したフランス。
眠るときに時計の針を1時間早めました。
これで日本との時差は7時間に。

段々日が長くなってきた上にこの1時間のズレですから日没は
ますます遅くなります。 日本も導入すればいいのになぁと思う
けれど色々問題あるのかな?

さて、春になるとマルシェでバーンと大きな顔をしだすのは
アスパラガス。
我が家ではあまり好まれない野菜なのだけれど、お友達の
ブログを見たらついつい食べたくなっちゃってつい購入して
しまいました。季節だし食べておかないとね~なんて。

luluはそのまま出すと絶対食べないので残念ながら近日
ポタージュに変身。さっと下茹して冷凍しておきます。
でもその前にcocoはそのまま味わいたいので下茹でした
その日にお昼はパスタとして頂きました。
1355 010

マッシュルームと軽くバターソテーし、ざく切りトマトを
入れてひと混ぜしたらすぐに火を落とします。
あとはスパゲティと和えるだけ。

春は野菜がとっても美味しいですね。
次回はホワイトアスパラに挑戦してみようかな。。。実はちょっと
coco自身が苦手なのですが。

そう言えば、昨日のニンニクが効いたのか、luluの風邪初期症状
がなくなってました。実はcocoも寝るときのどがいがらっぽいなとあ 
思っていたのだけれど今朝はすっきり!
ニンニクパワーだと今回も信じておきましょう!

【2016/03/27 21:12】 | 素材 | コメント(2)

にんにく

2310 002

昨夜は遅い時間に帰宅。
暖かいとも言えないけれど寒くも無い不思議な夜でした。
お友達が近所でとっても美味しいタイビストロを見つけたから
行こう行こうと。総勢8人で予約を入れて行ってきました。
(写真はありませーん)
http://www.parisfood.fr/lechappee-bistrot-thai/

coco達の予約は20時半。もう店内は一杯の人で食べ終わって
出て行く人も。2回転ぐらいしてて大繁盛。
店員さんもとーっても気さくで親切。お料理も文句なし!
cocoは前菜に魚介のレモングラススープ
メインにエビのココナッツグリーンカレー。
luluはチキンの串焼きサテソース
メインに牛肉のバジル&コショウ炒め。
他の人が食べてる前菜のサラダやメインもちょっとずつ味見
させてもらったけれどどれも本当に美味しい!
また行きたいけれど我が家からは結構遠い・・・
(お近くの方オススメ致します)
デザートはお値段の割りに普通かな・・・という感じだけれど
cocoは外ではあまりデザート食べないのでここはポイント外。
近所の友人宅に上がりこんで食後酒とお喋りを楽しみ、電車が
無くなってからの帰宅。
暖かくなるこれから、ますます外出が増えそうですね。

さて、そんな翌日。
数日前からちょっと怪しいな、という感じだったのだけれど益々
風邪っぽくなってきたlulu。
本格的にこじらせる前にこりゃガッツリとにんにくを食べておか
ないと!!
上の写真がそれ。
メインは鶏肉とポテトのアヒーリョ。スペインのお料理(風)で
これでもか!のにんにく。
オーブンで1時間じっくり焼いたトマト。こちらもにんにくスライス
を乗せてあります。

オーブンを1時間フル稼働させるとあって本当は揚げ焼きにする
ポテトを一緒にオーブンでロースト。隙間にその他の野菜を詰めて
それらも一緒に。じっくり低温で焼き上げた野菜はびっくりする位
甘くて美味しく仕上がりました。
はじめに"トマトにバジルを乗せるならモッツァレラも乗せようよ"
とぐずぐず言ったluluですがどれも美味しいとペロリと完食してくれ
ました。本当はトマトあんまり好きじゃないのだけれど調理法によ
っては好んで食べてくれます。

明日は誰にも会う予定もないしにんにく臭も気にせず楽しめた
夕食でした


【2016/03/26 23:25】 | おうちごはん-洋 | コメント(0)

お砂糖加減

1834 006

先日ケーキを失敗してふて寝したと書きましたが(こちらで
えへへ、今度は成功しました、レモンケーキ。
焼きあがりもしっかり中まで確認し、1晩寝かせてしっとり♡
砂糖の分量は随分減らしたので、luluにもうちょっと甘くても
いいと言われたけれど美味しく食べてくれてる様子。
"甘く無くて美味しい"は日本人の発想の様で、仏人にお菓子を
出すときはしっかりと甘さがないとやはり喜ばれない様子。
かと言って突き抜けるような甘さも不評。(当たり前か)

それでもluluはcocoが作るお菓子に慣れてるので控えめでも
それなりに喜んでくれるけれど減らしすぎるとやっぱり手が出な
いという正直さ。

今回のケーキの場合、cocoは朝ごはんに食べるので控えめが
良いけれど、luluはデザートにするのできちんと甘くないと、
という具合。
むずかしいですね。。。
【2016/03/24 23:47】 | おうちごはん-sweets | コメント(8)

早起きで疲労

1424 002

先日のソーセージの煮込みが余ったので、たっぷりの白菜と豆乳
で一人のお昼ご飯に。こちらのリメイクの方が実は好みでした
こういう曇り空でちょっと薄ら寒い日には暖かいお昼ご飯が嬉しい。

せっかく撮ったのでこちらもご紹介。
2147 003

先日たっぷりのアマランサスをまたもや明太子風に調理して
偽明太子スパ。穀物だけじゃぁね、、、とマッシュルームや
ほうれん草を加えてみましたがこうすると食べ応えも十分あって
腹持ちがいい♪ パスタをお昼にした時はいつもすぐにおやつが
食べたくなります。しかも重めの・・・

ここしばらく早起きをする機会があります。
毎日ならもう生活をずらしてしまえばいいのだけれど、毎日ではなく
たまにちょっとした用事が入るものですから。
冬の間は朝8時を過ぎても真っ暗、なんて事もあったけれど、
さすがにもう冬とは呼べないようですね。随分早くから明るく
なって来ました。
昨日は引き篭もりだったけれど、今日はずらせない予定が
あったのでまた早起きしておでかけ。睡眠時間が狂ってしまい
日中もボーっと集中力なくもったいない時間を過ごしてます。
今夜は早く寝ようと思っても体力的には疲れてないのであっさり
と眠りにつく事ができずまた睡眠時間がおかしなことに。
こうやって疲れた顔で行きつけのファーマシーに行き、帰宅後
袋をチェックすると入っている試供品が
2302 001

アンチエイジングだとか目元のシワケアとか・・・
そんなに酷い顔してますかね?
まぁ、試供品大好きな義姉の元へ回るだけでcocoはお試しは
滅多につかいません。
喜ばれると思うのでありがたくkeep!

そう言えば今週末は夏時間への移行がありますね。
(日本との時差8時間から7時間へ)
また寝不足の日が数日。。。

【2016/03/23 16:52】 | 未分類 | コメント(6)

この冬さいごの

2141 004

週間天気予報意よると、本日よりぐっと気温が上がるとの事でし
た。外れの多い仏天気予報ですが見事に的中。多分12度を超
えたんじゃないかな? 太陽も顔を出していた!!

そんなわけでそろそろ食べちゃわないと、、と思っていた日本より
持ち帰ったこれ
imgf1881868zikezj.jpeg

冷凍庫で保管していたので賞味期限もまぁ。。。ね。
日本から持ち帰った大切な乾物や既製品に関しては保存状態に
よるけれど賞味期限や消費期限があってないような海外生活。
とは言えそろそろねぇと言う時に食べておかないと食べられなく
なっては困ります!

そろそろ気温もリミットだろうという昨夜、とうとう最後の1個を
食べる事に。こねるうどんにも気合が入ります
美味しくぺろりと頂きました。
スープが少し残ったので近日お昼に一人鍋かなぁ~
多分今夜出していたら鍋の気分では無かった事でしょう・・
タイミングもばっちりでした。

お天気も良いというのに今日は外出を控えました。
朝から憂鬱なニュースが飛び込んで来たので。。



【2016/03/22 19:10】 | おうちごはん-和 | コメント(2)

新装オープン

2141 002

我が家が常用しているスーパー、近所でとっても便利に使ってい
たのだけれど昨年の11月末に改装の為一時閉店してしまい本当
に不便な思いをしてました。
生鮮類はマルシェや専門店で購入するので問題はないのだけれど
重いもの、水やら牛乳それに鼻タレの我が家はティッシュ消費が酷
いのでこういったかさばる物なんかも他所で調達しなければ・・・
寒い季節な上に体調も崩しがちだったcocoにとってお買い物は
本当に大変だったこの数ヶ月。

予定より1ヶ月遅れでやっとオープンのお知らせが来ました。
いつものんびりしていた工事の人たちも(やっと)真剣に働き出した
ようで前日は夜遅くまで工事の音が

さてオープンから初の週末、ワクワクの初来店♡
お客さんも一杯なのにまだ内装工事の人がはしご持ってうろうろ
してる終わらなかったんだ・・・

luluと色々チェックしながら見て周ります。新しいスーパーは
楽しいなぁ~と思うのもつかの間、慣れない配置でちょっと疲労。
しかも値段だけ張り出して空っぽの棚ばかりだし、よく購入して
いたワインは2€近く値上がりしてる、新装開店なのにセールの
ひとつもしてないどころか値上がりだらけ、食材は高級路線に
走ったのか品揃えも変わりお気に入りの物が無くなっていたり
もしてました。併設のお肉屋さんはBIO肉が大半で当然少し値
が張るもののどうみても美味しそうではない。

なんともLUX(風)なスーパーに生まれ変わったご近所さん。
慣れてないだけか楽しさ半減。まぁ、便利だから使うけれどね。
そうでなくともパリは物価が高いのにデパ地下風に改装された
だけで物が変わらず値段のみが上げられるとは不に落ちない。。

そんな中、素敵なショーケースと愛想のいいお肉屋さんにつられ
てluluがソーセージ久しぶりに食べたい、と言うので3種購入。
(また破裂させた)
montbeliard/francfort/strasbourg
2141 003

日曜は根菜とこれだけお鍋に放り込んだ手抜きな夕食。
(後はサラダだけというホントに手抜き)
お味はと言うと・・・2度目はナシだな。

そしてオープンから1週間経ってもまだバックヤード側は生コンク
リートを運びこんだりガーガーと工事の真っ最中。
いつ終わるのかしら・・・・
重たい水類が近所で買えるだけでも良しとするか








【2016/03/20 13:15】 | 日々のこと | コメント(4)

La madeleine / マドレーヌ

002 002

朝ごはんを食べないcocoですが最近はちょっとだけつまんだり、
バゲットでタルティーヌにしたりとにかく甘いものを好んで食べて
ます。
色々お菓子は作る事はあるけれど今回初めて作ったのが
多分お菓子作り初歩中の初歩(?)であろうマドレーヌ。
先日ご紹介した本を制覇すべくトライ!

明らかにこれ砂糖多すぎだろうって分量だったので砂糖だけ減らし
て作ってみると、丁度良いくらい。個人的にはまだ少なくてもいい
けれどあまり少なくすると寂しがる人がいるもんで。。。

で、肝心のluluの反応は
"美味しいけれどBonne Mamanはもっとしっとり&ジューシーだよ
ね"だって。確かにあれ美味しいけれど・・・
71KU.jpg


そんなわけで今日スーパーに行ったついでに成分確認して来たんだ
けれど、糖分は砂糖とシロップをあわせて45%以上でした。
肝心の油分を見忘れたけれどまぁ市販品なんてこんなもんよね。
比べられても困るけれど、ペロッと平らげていたのでこれで良かった
んじゃないかしら、、と。お気に召さないものには手が伸びない正直
な人なので。。
【2016/03/19 01:22】 | おうちごはん-sweets | コメント(4)

大豆製品と健康について



先日、偶然にも観たTV番組です、興味のある方はどうぞ。

肉食文化なフランスをはじめ欧州でもお肉の取りすぎ?なんて
論争がたびたびなされてますが、実際それを受けて自分の
食生活を見直してる人はcocoの周りにはそうも多くないながらも、
肉代用商品が普通のスーパーでも市販されてるところを見ると
需要はそれなりにあるようですよね。

お肉を食べない理由として挙げられるのが、
体に良くない
自然に良くない
食べたいけれど体質に合わない
肉そのものよりも生産過程に問題がある
動物愛護の観点から口にしたくない
宗教上の問題

などなど理由は様々。
こういう理由を聞いて馬鹿にするような人も居ますが、cocoは
それぞれが自分の思考や意思で食べる物を選べばいいと思って
いるのでそれぞれの意見を尊重したいと思ってます。

さて、話はcocoの生活に。
もともとお肉にあまり興味のなかったcocoですが肉食のluluと
生活を始めてからお肉も調理するようになりました。
それでもお肉の食べる量はぐっと少なく、luluは体調を崩しやすく
なったしよく風邪も引いていた。
野菜はもちろんの事バランスの良い食事を取るようになってから
はそんな事もなくなったけれど。
そのバランスの良い食事というのがお肉の摂取量。
(この動画によればWHOが提示する1日のお肉摂取量は100g
だとか、フランス人の平均は240gだそうです)
やっぱりプロテインの摂取は大切かなぁ、なんて。

cocoも大豆製品にはお世話になっています。
ただしお肉の代用としてではなく、単に食べたいからなんだけれ
ど。
先日記事にした中国食材店で手に入るお豆腐。
硫酸カルシウム

cocoもフランスに来たての時に1度購入してます。
生産はフランス国内だけれど、大豆は遺伝子組み換えでない
としながらも産地は記載されていません。またにがりの代わりに
凝固材として硫酸カルシウムが使われてます。その他にも色々
添加物も入ってるのもあって1度きりで購入をやめました。

パッケージを撮り忘れたのだけれど、その後はBIOショップで
みつけたお豆腐を1度。
14 013

見た目から硬そうでしょ?
かなりしっかりめで口当たりもザラっとしています。
多分肉豆腐みたいに煮込んで食べる分にはまだいけそうです
が、豆腐ステーキにしてもちょっと寂しい舌触り。

そして最近ずっとお世話になっているのが、この絹豆腐
2147 007
2147 010

原料はフランス産の遺伝子組み換えでない大豆に水とにがりだけ
という当たり前にシンプルなお豆腐です。
(最近は日本のスーパーでも怪しいお豆腐しか置いてないお店も
あるけれど)
難点は柔らかすぎるという事でしょうか・・・
そのまま食べても美味しいけれど水切りが難しいくらい柔らかい!

そして同じメーカーの豆乳を愛用しています。
2147 012
2147 013

こちらも水と同じく仏産の大豆使用。
大豆の割合は8.2%と日本で定める"豆乳の定義8%以上"に
当てはまります。実は以前は9%の物を好んで買っていたの
だけれど大豆の出所が書かれていなかったのでこちらに替え
ました。
毎日のスープやポタージュ、また最近はココアを飲んでいるので
それらに大活躍の豆乳です。

義母曰く、以前は滅多に見かけなかったという大豆製品。
スーパーでもちょくちょく、そしてBIOショップなら探すのは今の
フランスではたやすい事になり、日本人として本当にありがたい
事ですが、産地や原材料をよくチェックしないで商品名だけを見て
手を出しちゃうと"大丈夫かしら?"と別の不安が浮かびます。

上の動画でも言っているけれど、大豆製品に関しては産地の謎
が多いし気をつけなくちゃね。
また動画にはないけれど、TVでは番組の最後に番組スタッフが
みんなで試食しながら雑談する場面があったのだけれど、その内
の一人、栄養学士の方が言っていた事に本当に共感を覚えまし
た。
"環境に配慮してお肉を食べないという人も居るけれど工場生産
品である出所不明の大豆製品はフードマイレージの観点から言え
ば決してエコではないしお肉の食べ過ぎだと言うならそんなもの
ばかり食べてないで他で栄養を取る工夫をしたらいい"と。
本当にその通り。
質のいいお肉を少しと沢山の野菜を摂取する事が理想的じゃない
かなぁって。まぁ、理想であってcocoもジャンクな味を求める時も
あるし食べたいものを食べるのが一番幸福だったりするんだけれど






【2016/03/18 23:13】 | 素材 | コメント(2)

麻婆豆腐

2147 015

大好きな麻婆豆腐。
以前義従兄弟カップルの家に遊びに行き夕食前には退散する
はずがいつもながらついつい長居。
何か食べに行こうかと言うので簡単にでいいならcocoが作ると
申し出、彼らの家の近所にある小さな中華食材屋で材料調達。
こんな時は添加物やら産地やらもうどうだっていい。美味しく皆で
楽しむことが大切と辛いもの大好きな彼らに麻婆豆腐を作りました。
ソースは例のレトルトパウチに入った中国産麻婆豆腐の素
中国産のちょっと硬いお豆腐
タイ産のニラ
どこ産かも不明なありえない位安い豚ミンチ
義従兄弟家にあったお米"SHINODE"

野菜もないとね、と青梗菜も購入したっぷりのにんにくで青菜炒
も作りました。日本人ならなんてことの無いテキトー料理もアジアン
好きの彼らにとってはびっくりの美味しさ。なんたってグルタミン酸
ナトリウムたっぷりですから!

それから2年。
何度彼らの家でこれをご馳走になったか
人を呼ぶときには結構彼らは作り続けてます。
簡単な上にたっぷり作れて、メインとして誰もが大満足。

実は先日もご馳走になりました。
従兄弟に関しては日本の柔らかいお豆腐よりもあの中華のしっか
り固めのお豆腐がいいんだって。
なんたってしっかり味と食感がある!と。
なんでcocoはあの中華のお豆腐を買わないの?と聞かれたのだ
けれど、やっぱり心配なのは大豆の出所、そして凝固材として
にがりを使ったものにこだわりがあるのだと伝えましたが、すでに
添加物漬けの若いカップルにはそんな事はどうだっていいのです。

実はluluも従兄弟が作る麻婆豆腐のファン。
義従兄弟も言うようにお豆腐に食感があること、そして味の素が
好きなluluにとってはやっぱりしっかり"うまみ"があるあちらの
お味が好きなようで。。。
手作り派はこういう時どうしたって勝てません。
味の素入りのチャーハンや餃子を本物だと信じている彼らにとっ
て何を言っても無駄。既にチャーハンとは、餃子とはこういう味なの
だと思い込んでいるのだから。
こうなると手作りも自己満足で終わってしまうのでしょうか

何とか美味しいものをと今まで作っていたレシピではなくネットで
発見した陳健一さんのレシピを拝借。
coco的には感動の美味しさだったのだけれどlulu曰く
"美味しいけど味が足りない"とな・・・
どうでもいいわ。cocoの好物なのだからcocoが満足する番だわ
と思う事に。
そういうcocoは最近塩分とりすぎかなぁと思い始めてます。
これも、これで気をつけないとね。

次回は大豆製品意ついてちょいと書きます。


【2016/03/16 22:51】 | おうちごはん-アジアン・エスニック | コメント(2)

恐れていた事が

002 002

近所のお花屋さんに最近お目見えした巨大なアヒル君。
実は他数箇所でも発見したのですよ。もしかして今流行って
いたりしますか?coco流行物に疎いので全然知らないのだけ
れど・・・
春のお花に囲まれて可愛かったので撮っちゃいました。

本題。
フランスに来てから歯科だけは行きたくないと思いながらも
チェックには通っていました。
知り合いに紹介してもらったので我が家からは随分遠く対岸の
端っこ。かろうじてパリっという場所。腕は確かだと聞いてるし
先生も受付兼助手さんもとっても親切。たまにお掃除に通って
いますがやっぱり治療は受けたくないなぁと思ってました。

2週間前、いつもどおりフロス(糸楊枝かな?)をかけてるとポロ
っと何かが口の中に落ちた。。。
なんと詰め物が取れちゃった><
記憶では中学生の時に入れた箇所。フロスで簡単に取れちゃうと
いう事は下は虫歯になっているのかもしれない。

翌日は土曜だけれど午前くらいはやってるかもと望みを託して電話
するとなんと"2週間ヴァカンスに出ております"と悲しいメッセージ。

2週間はせっせと歯磨きに勤しみ休み明けに慌てて電話。
やっと今日行ってきました。

結果虫歯にはなっておらずまた詰めてあったものをきれいにして
戻しただけなのだけれど本当に大丈夫かしら?と失礼ながらも
疑いが。
設備といい、丁寧なチェックといい、やっぱり歯科は日本の方が
技術は高いんじゃ、、と勝手に思ってます。
最後まで自分の歯で美味しく食事がしたいですね
【2016/03/15 00:12】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(8)

ケーキ陥没、気分ちも沈む

2302 009

日本にも進出しているフランスのパン屋さん、メゾン・ド・カイザー。
こちらでパン職人として働いている方とお話をする機会があって
カイザーから出してるタルトの本、本当に美味しく出来るかなぁ?
って聞いて見た所、その本は知らないけれどパンは結構正確な
分量で載ってたからあれは上手く出来そうな気がする、とのお答え。

実は家の近所に出来た小さな本屋さんで見つけて以来気になって
いたので早速購入。

前半はタルト、後半はその他のお茶菓子。
その中からなぜかトップバッターにタルトではなくケーキをチョイス

ミニケーキの材料をパウンドケーキ型でドンと1つ焼いてみた所
上手く出来て大喜び。ところが時間が経ってくると漫画みたいに
真ん中が陥没
それでも美味しかったので満足していると真ん中へ食べ進めた
luluが“真ん中がとろりと出てきて美味しいね”と訳のわからん
事を言っていたので“しっとりしてるって意味かしら”と勝手に
解釈。後から見てみるとまさかの生焼け
慌ててもう一度火を入れたのだけれどしっとり仕上がったはず
のケーキは表面がサクサクに。。。がっかりしてしばらくふて寝。
よく考えるとミニケーキ用のレシピ。焼き時間も短いはずよね・・・
きちんと中に串を刺して確認すべきでした。綺麗に膨らんだから
てっきり出来てるものと・・・結局は横着したcocoの責任。
またリベンジしてみよっと。

この先は暗いお話
↓ ↓ ↓
続きを読む
【2016/03/14 23:35】 | 日々のこと | コメント(10)

春もすぐそこ

1737 005

今日は用事が重なってしまい北へ南へと慌てて移動となりました
がせっかくだし、ちょっと覗こうと近くの公園を突っ切りました。

1737 001

太陽こそは出てないもののお天気もまずまず。手袋無しでも
問題ないくらい。いつの間にか桜も花を咲かせ、お花屋さんにも
今は大きい顔して鎮座してる水仙も、それから木蓮も大きな蕾を
つけて確実に春はやってきていました。
1737 003

さて、先日久しぶりにクッキーを焼きました。
2207 001

いつもは全粒粉を使って焼くのだけれど、ちょっと量が足りなかっ
たので久しぶりに、、と小麦粉を使って。
そうするとluluの食いつきが全然違った!!
いつもはザックリな仕上がりですがやっぱり小麦粉だと口当た
りがよくしっとり感も。“永遠に食べていられる”と言われて嬉しい
やら複雑やら・・・ でも、それは困る。
やっぱり白いもの(白い砂糖・ご飯・小麦粉)は誘惑の多い食べ物で
すねぇ。気をつけないと・・・と思いつつもこんなに喜ぶならたまには
いいかなぁ~なんて。





【2016/03/10 21:29】 | 日々のこと | コメント(2)

manifestation / デモ行進

1754 002

労働法改正に反対すべく大きなデモ行進が計画されました。
家に居るだけのcocoですからこれは行かねばと思っていたけれ
ど前日に天気の確認をすると雨70%で気温も低い。
天気予報では風も強いと言っていた。
本日お昼前までどうしようかと迷っていたけれどお昼からパーっと
太陽が照りだして、これは行かねば!と決心。

luluの兄弟、友達皆誘い合わせての参加。
求職中の人、雇用状態がよくない人もいれば良いポジションで
働く人もいる。サラリーマン、個人事業主と立場も違う。
会社を休んだ人、会社の労組として参加した人も。
一人ふらりとやってきた人、cocoの様にパートナーと参加した人、
ベビーカーを押して来た人、子供の手を引いて来た人も居る。
我が5歳の甥っ子も今回デモ行進初参加。

皆状況は全然違う。
それでも思いはただひとつ。
“自分の親やその上の世代が努力して勝ちえた権利を簡単に
手放しはしない!”
という事。そうでなくても年々条件は悪くなるばかり。
自分達はもとより、次の世代にはいったいどうなる事やら、と。

RépubliqueからスタートしてNationまでゆっくり2時間。
距離は大した事もないのだけれど、何せ凄い人ですからのろのろ
と行進は続きます。
警察公式発表は22万人
主催者側発表は50万人。
まぁ、この中間を取った数字が正解かもね。(フランス全土です)

今回声高々と叫んだのは高校生、大学生でした。
当然、自分達が直面する不利益な問題として黙っちゃおれん!!
という事だけれど、参加者は定年したお年寄りまでと様々。
こうやって声を上げる必要性をcocoも感じての参加。
人の力の大きさをフランスに来て肌で感じて居ます。

私が参加しなくても変わらないだろう、誰かがやってくれるだろう
という考えの人がcocoの周りの仏人には居ない事を誇に感じ
ます。こういうのを見てると“個人主義、自分勝手、ご都合主義”
などと言われるフランス人ですが、実のところ何かあったら一番
に駆け付けてくれるのがフランス人の友人ではないかなと思って
います。

上の写真はOberkampfを出たところからもう行進の先頭が見えたの
で思わず
この後はもうもみくちゃなのでカメラを出す事もはばかれる状態。
先頭は鼻息荒い方々もいるけれど、行進はコーヒーやビールを
飲みながら、サンドイッチを食べながらと皆さんゆる~く参加。
行ってみたかったけれど。。。と思われた方、行進は決して
危険なものじゃないので人数に入りたいと思うなら是非参加
してみて下さいね。私達には未来への責任がある。
今回アジア系の人をたった一人しか見かけなかった事に少なか
らずショック。。。でした。
表現の方法がきっと違うのだけれど、フランスではこの方法で
ないと!!




【2016/03/09 22:38】 | 日々のこと | コメント(0)

ご近所さん

1826 001

しばらく前より覗かせて頂いていたブロガーさんから
“もしかしてご近所じゃないですか?”というコメントを頂きま
した。鈍感なcocoは全然気づいていなくて、過去記事をチェック。
おぉ、言われてみればこのお店は、あのパン屋さんは・・・とやっと
認識
近所でお茶しましょうか、とあっという間に話がまとまり今日彼女
が選んでくれたカフェへ。

お茶の種類が豊富な上に一人分に対したっぷり4杯は頂ける
大きなポットサービス。昼食後すぐだったのでお腹は空いていな
かったのだけれど、手作り感満載のケーキもとっても美味しそう
でした。次回は試してみたい!!
1826 002

店内はとってもガーリー。
天井が可愛いと良く見ると絵本のページが貼り付けてある
1826 003

お姉さんが一人で切り盛りしてるのんびりとした空間。
トイレも清潔でいう事なしです。

coco達の話も弾んで随分と長居してしまいました。
柔らかな彼女と違い相変わらずズケズケと質問したり一人で
まくし立てたフシはありますが、近所にお知り合いが出来て
とっても楽しい一日でした。
懲りずにまたお付き合いしてもらえるといいんだけれど

【2016/03/08 23:20】 | 日々のこと | コメント(2)

La courge butternut / バターナッツかぼちゃ

DSC05194-1.jpg

先日のマルシェでは薩摩芋(的なもの)も栗かぼちゃ(と似てる物)
も無かった。。今日は無いのかぁとがっかりしてるとおじさんがこれ
を勧めてきた。もっと美味しいから!と。
奇妙な形のコヤツ、何物だろうと思っていたけれどマルシェのご主
人とはもう2年程の付き合い。好みもすっかり理解してくれてるので
信じて購入してみる事に。
お名前はcourge butternutと書かれていたけれどこちらは英語との
造語のようで仏語ではLa doubeurreと言うらしい(wiki情報)。
ぱっくりと半分に切ってみると鮮やかなオレンジでしっかりと身が
詰まってる。
DSC05197-1.jpg

切ったり皮をむいたりと栗かぼちゃよりは扱いやすい割りに、こち
らのかぼちゃがべちゃっと水っぽいのに対しもっとしっかりとした
身のような感じ。
まずは初の使用なのでポタージュに。
DSC05201-1.jpg

我が家の前菜は真夏でもない限り95%ほぼポタージュ。
その時々で冷蔵庫にある野菜を5.6種使って豆乳で仕上げ
ていますが、今日は味のチェックの為にこれと玉ねぎだけの
シンプルなものに。

フランスの栗かぼちゃは日本のものと比べるともうちょっと野性味
があって甘みが少ないのに対して、このバターナッツは甘みが
あって濃厚!これからコレを買うっきゃないと思いました。

皆さんどんな風に食べてるのかなぁとフランスのサイトを検索
するとグラタンだったりパスタソースだったりと色々。ケーキの生地
に使用している方も。日本のかぼちゃと同じように使えばいいの
ね。luluはあまりかぼちゃ好きではないのだけれど色々ちょいと
試してみようかと思います。





【2016/03/07 22:21】 | 素材 | コメント(0)

久しぶりに日本風のカレー

2149 005

一日の中でコロコロ天気が変わる最近のパリ。
あまり当たらないとは言え、来週の週間天気予報を見ると後半は
少し気温も上がりそうなので少し期待♪
もう3月だもの、もうちょっと春らしさものぞかせて欲しいものです。

良く晴れた土曜の午後、平日は手のかかる年頃の双子ちゃんの
お世話に忙しいお友達もご主人に預けて外出して来てくれました。
久しぶりに会う友達との楽しいお喋りタイム!
cocoは色々勉強になったし、彼女には子供と離れてのリラックス
タイムになったかなぁ~?

何にも計画してなかったのでアイデアを貰おうと、帰り際に今夜の
夕食何するの?と聞くときのこたっぷりのハッシュドビーフだとか。
すっかりその言葉に魅了されるもcocoが以前作ったハッシュドビー
フの作り方だと6時間も煮込むものなのでこの日は時間が無くて
断念。それっぽいもので代用。
2352 006

レンズ豆とほうれん草をどっさり入れてルーからカレーを仕込んで
みました。辛くなったので最後にクリームを少し落としてまろやかに。
最近はインド風のカレーばかりだったので久々に日本っぽいカレー
に大満足

先日漬けたお漬物を添えると福神漬気分。
luluは何でカレーにそんなもの添えるの??と仰天してましたが
こういうのちょっとあるとぐっと雰囲気が増すなぁ~と思う辺りは
立派な日本人ですね
【2016/03/05 23:46】 | 未分類 | コメント(0)

何でもない1日でした

2149 004

昨日雷に続き、ぼた雪が降ったパリ。
今日の午前中は雨もしとしと。マルシェに行き雨に打たれてしま
ったけれど、午後から予定があったので再び外出するとご覧の
快晴!晴れただけでカメラを向けたくなる程嬉しいとは太陽の
力も偉大ですね!

今日は、日本に6年滞在した後帰国した仏人のお友達を訪問。
以前から餡子が懐かしいとつぶやいていたので炊いちゃいま
した。貴重な残りの小豆ですがcocoもしばらくぶりなので。
2.jpg

彼女の家に行って少し水を足して更にぐつぐつ。お餅も持参し
あつあつのぜんざいを堪能。小ぶりとは言え、昼食後に二つ
もお餅を食べてしまったので夕食を作る気もしない金曜の夜。
帰宅も遅かったし。。
幸い、luluは外食の予定があったので、更に遅い時間に一人
でお粥さん♡
1645 001

お米だけじゃぁね、、と罪悪感もあって白菜やネギ、わかめ等
をどっさり放り込みましたが“たまに”の一人の夜はこれで十分
でしょう!!

ところでこの右の赤いの。なんだと思います?
実物の写真を取り忘れたのでネットより拝借。
s-l225.jpg

仏名はRouge radis もしくは Watermelon radis
和名は紅心大根らしいです。
でも教えてもらった名前は違ったような???
先日お友達から頂いたのだけれど、とっても色が綺麗なので
さっと人参と共にお漬物にしちゃいました。
1356 005

蕪だとばかり思っていたのに大根とは・・
確かに香りも蕪ではないですよね。。。まだまだ色んな野菜が
存在するのですね。
Tさん、美味しくいただいてますよ、ありがとうございます!!

あ、“何でもない”楽しい1日でしたが帰宅するとちょっとウキっと
するメールが。
小さいながらもウキウキがあると平凡なcocoの毎日も
ちょっとは変化があるんだなぁと嬉しくなります。






【2016/03/04 23:35】 | 未分類 | コメント(4)

Musée de Montmartre / モンマルトル美術館

1905 001

我が家から18区モンマルトルまではちょっとした距離があるので
なかなか用事もないと行かない場所なのだけれど、ファンが多い
カルティエでもあります。派手でも華やかでもないパリらしさが残る
アーティスト達に愛されてきた街はそのアーティスト達のファンも
また好んで訪れたり、住んだりしたい街として人気もありますね。

アートには詳しくないcocoですが印象派の絵が実は好き。
そんな印象派の影響を受けてる画家Maurice Utrillo(モーリス・
ユトリロ)の展示会があるというので遠くここまでやってきました。
1905 002

彼の母であり画家であり、ロートレックやルノワールのモデルも勤
めたシュザンヌ・ヴァラドン、そしてこの二人と関わりのあったアン
ドレ・ユッテルの作品も展示されていました。
1905 004

ヴァラドンの作品には興味がなかったのですが、名前も聞いた事
のないユッテルの作品に心惹かれてしまいました。写真に写る
優しい笑顔通りの優しい作品。人柄が出るもんですねぇ~。
1905 005

午前中に行ったのでそこまで人が多くはないなぁと思っていた
けれど、最後のユトリロの展示室はさすがに混み合ってました
やっぱり好きだなぁこの人の作品。モンマルトルに非常に愛着
があり、風景画ばかり残しているのだけれど、もしcocoがもっと
このカルティエを良く知っていれば、あぁここは今も同じねとか
この道はあそこね、なんて別の楽しみ方が出来るのになぁと
思いました。それほどに道の名前も風景もあまり変わらないの
がパリの良いところかも知れないですねぇ。パリの風景ばかり
なので全体的に空も配色も暗いのが特徴なのだけれどとても
穏やかで落ち着く画ばかりなので興味のある方は検索してみ
てくださいね。フランスの美術館はどこでも作品の撮影をして
居る人がいますが、滅多にそういうことはしないcocoです。
また眺める事もないだろうなぁと思って。。。
1905 010

この美術館には中庭がいくつかあってルノワールがモデル
にした庭もあります。残念ながらこんな寒々しい季節で花も
緑もない次期だったのでまた興味のある展示会があれば
是非来たいなぁと思います。

1905 012

また、絵画以外の必見所としてユトリロの実際に使用していた
アトリエも残されています。
1905 011

当時のストーブや画材道具などがそのままに。
1905 014

展示室とは違ってとっても冷え冷えとしてて、ちょいちょい置いて
ある酒瓶を見ると、こういうの飲んで体温めていたのかなぁ、と
想像。実際彼はアル中でしたし。(神経衰弱でもあったとか)
1905 015

アトリエはよくある天井もガラスになっていてたっぷりと光が
入るタイプ。時々、このタイプのアパートをあちこちで見かける
けれど明るそうで羨ましい。。冬は本当に暗い我が家です。

12日まで開催しているので興味のある方は是非お早めに!
http://www.museedemontmartre.fr/musee-jardins





【2016/03/02 18:24】 | 映画・音楽・アート・本 | コメント(2)

Hail,Caesar! / ヘイル・シーザー




これ、観て来ました。
大好きなコーエン兄弟の新作です。

予告編はなんだかワクワク。実際は、残念な感じでした。
おもしろいと感じる部分はもちろんあったものの、コーエン兄弟の
作品としては物足りなさ感たっぷり。
話の筋もボケてたし、このエピソードいる?ってなパートもあった
し映画館で観るほどのものじゃないなぁという感想です。
ハリウッド黄金期へのオマージュ?って思わせる場面が多くて
監督業引退でもするつもりか、なんて思っちゃったぐらい。

因みにフランス語のタイトルは“Ave César”
ヨーロッパ圏で“Hail”はあまりいい印象を受けないでしょうね。
【2016/03/02 17:42】 | 映画・音楽・アート・本 | コメント(0)

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。