cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

牛乳を考える

事の始まりは“フランスでは紅茶が不味い”
とcocoが発したが為に起こりました。
事実美味しくないの。。。
あんなに紅茶好きだったのにここでは朝の習慣として
1杯は飲むけれど、途中で嫌になっちゃうし紅茶を飲む
って事を楽しめない。

問題は水か?
でも日本でも最後はヴォルヴィックを使用してたし
こちらでも同じ物もしくは近い高度・PH値の物を選んで
使っているので水の違いではなさそう。

茶葉の問題か??
確かにフランスではcocoが大好きなアッサムが手に入り
にくいけれどそれでも色々試してるけれど、いい茶葉
だと思っても飲んでいると満足感に欠ける。

牛乳か???
そうかなって思ってたけれど伯母さんの家も義両親宅
も決まったものを使ってるので私だけ変えてみるわと
は言えなかった。
けれど、今朝そんな話をしていてluluママがだったら
別のを試してみようって言い出したのでいざっ!
スーパーへ
まずはフランスの牛乳売り場のご紹介
こちら近所のカルフールです。
柱を挟んで右にズラーっと端から端まで3段全て
DSC02560.jpg

そして左にこれまたズラーっと
DSC02561.jpg

これ全て常温コーナーです。
そして冷蔵コーナーには
チョロっとね。下2段のみ。しかも牛乳意外もここに
混ざってるので牛乳はわずかだけ。その他全部クリー
ム類だし。。。
DSC02562.jpg

ここでちょっと牛乳について説明
違ってたらすみません
【乳脂肪】
①全乳    3.5%以上
②低脂肪牛乳 0.5~1.5%以下
③無脂肪牛乳 0.5%未満

【殺菌方法】(色々ありますが特筆すべき物だけ)
①低温保持殺菌 65~68℃  30分
②低温殺菌   72~78℃  15秒
③超高温瞬間殺菌120~135℃ 3秒
④UHT滅菌法 135~150℃ 3秒

フランスでは牛乳やクリームの類は色別で乳脂肪分が
分けられていて赤は全乳、青は低脂肪、緑は無脂肪。
コレステロールの問題がある方などには分かりやすくて
いいですね。

cocoは一日の取る牛乳はわずか。紅茶に入れるだけ
ですから。luluも朝のコーヒーに入れるだけ。
料理にはほぼ豆乳を仕様し、たまにフレッシュクリー
ムを使用するくらい。
今のところ健康に問題の無い二人は摂取量もわずか
なので日本では全乳の3.5牛乳でした。
滅菌法はといえば日本は企業的利益の為に③がとられ
てますのでcocoも自然とそちらを選択。
好き、嫌いの問題よりは慣れだったかもしれないなぁ
と思う。低脂肪は好きじゃなかったし、あえてそこまで
気にした事もなかったし。
でも今回は紅茶の味を考える一因としてよーく調べて
みました。

それでcocoが買ったのは左の赤キャップ。
伯母さんや義両親も購入しているのは右のタイプ。
DSC02567.jpg

水はボトルのを仕様。茶葉はアッサムとセイロンを
用意。二つの牛乳、二つの茶葉で4通り試したところ
間違いなく赤キャップの牛乳で美味しく飲める事が
判明!!!アッサムが好みだけれどセイロンでもそれ
なりに納得な味に。
という事はやっぱり原因は牛乳だったかっ!!

義両親達が使っているのはブルーですから低脂肪乳。
そして④のUHT滅菌法。所謂ロングライフミルクっ
て呼ばれるもので封を切らなければ常温で3ヶ月もち
ます。滅菌の特徴としては高温の為に既にたんぱく質
もビタミン類も壊れてしまっています。(そもそも
あるのかどうか分からないけれど)
それで言うと日本主流の③も同じですね。

cocoが今回買ったのは赤色なので全乳。
滅菌は②です。たんぱく質の変質は抑えられてるので
牛乳の風味はまだ生きてるって事らしい。
事実飲み比べするとこちらの方がほのかに甘みのある
優しい味です。封を切らなければ日持ちは約10日。

luluママは牛乳が大好きなんだって。
一日に何度もがぶ飲みするくらい。(見たことないけれ
ど)でもコレステロールの問題があるので低脂肪を買う
らしい。伯母さんも同じ。
じゃあなぜロングライフをわざわざ買うのかと聞くと
多くのフランス人がそうであるように買い溜めをする
からだって。事実地下室には20本くらい常備してあ
ります。毎日スーパーに行ってるのに。。。
でも棚の大きさを見て分かるとおりフランスの主流は
こちらです。大きな違いはもう一つ。値段がこちらの
ほうがほぼ半額。日持ちもするし、買い置きできるし
安いしでそりゃみんなこっちを買うよねぇ。
でも、cocoは今回買ったものが非常に気に入ったのと
色々調べてみてこっちの方がいいなぁって感じたので
二人暮らし開始したらこのタイプを買う事になると
思います。
ロングライフについてもずっと気になってたので(どう
してこんなに日持ちするのか)いい機会だったかもね。

因みにluluパパは牛乳を料理に仕様する以外は一切
口にしません。ママちゃんがアレルギーなのよって
言ってたけれど症状を聞くとそれはアレルギーでは
なく、cocoもそうであるように乳糖不耐性だと思う。
70%の日本人がそうだと言われているように(特に
冷たい)牛乳を飲むとお腹がグルグルしちゃうって
やつです。乳糖を分解する酵素を持っていないが為に
起こる現象です。
なのでluluパパは気にしてヨーグルトやチーズをたっぷり
食べてます。カルシウムの為なんだって。このあたりcoco
は色々思うところがあるのですが今回はまだまだ長く
なっちゃうので止めておきます。

ホルモン剤の問題等々もあるので次回はこのタイプの
BIOを探してみよっと。









スポンサーサイト

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/07/10 23:43】 | 美容と健康 | コメント(8)
<<在外投票 | home/a> | 暑い最中ではございますが>>

コメント

★tonyさん

へぇ~、その変質したたんぱく質っての興味あります。
調べてみよっと。こういうの調べだすと芋づる式に色んな
情報が出てきて頭こんがらかっちゃうんですよね(辛)
しかもいろんな人が色んな説を言ってるのでどれが正しくてどれを
信じたらいいのかも???になっちゃうし。。。でも楽しい・・・

私は子供の頃から乳製品が苦手でチーズも泣くほど苦手だった。
(今は好きだけどお腹も垂れるからたまにちょこっと頂きます)
でも以前参加した穀物の講座で講師の方が言ってたの聞いて納得
した。子供が嫌がるものはよく観察をして与えたり控えたりした
方がいいって。子供は自分の体にとってそれが不調を訴える原因
になると分かっているので嫌がるんですよって。
灰汁の強いものが苦手だったり、私みたいに牛乳がダメだったりと
味覚だけではない何かがあるみたいですねぇ~。
因みにヨーグルトはゴロゴロしないんですよ。
なんででしょうね??

無殺菌牛乳。。飲む前はドキドキしますね。。
【2013/07/16 17:59】 URL | petitecoco #-[ 編集]
LLの赤キャップもたぶん
全乳(lait entier)のタイプだと思います。

そうそう、牛乳を飲んでお腹がゆるくなるのは
乳糖不耐性と一般的には言われていますが
実は加熱殺菌によって変質したたんぱく質が
悪さをしているようですよ~。

私は子供のころ、
毎日飲んでいたので全く気がつきませんでしたが…。
大人になって、特にマクロビと出会ってからあまり飲まなくなり、
そのせいかたまに飲むとお腹があれれ?ということがあり
もしかして私も乳糖不耐性だったのかしら、と
思っていました。

あるとき、“想いやり生乳”という
無殺菌の生乳を口にする機会が。
http://www.omoiyari.com/cgi/txttohtm.cgi?def=items/webdiary.cfg&text=yg100009&text2=index.txt&temp=maintemp.html&startofs=0

不安いっぱいで飲みましたが
恐れていた事態にはなりませんでしたよ~。

乳糖不耐性は殺菌によって
人間の手で作りだしてしまったものなのかもしれません。

日本での電気の使い方、もうちょっと工夫できそうですね♪
【2013/07/16 03:07】 URL | tony #mQop/nM.[ 編集]
★Mちゃん

我が家も日本に居たときは同じ量開けてたよ。luluが毎朝カフェオレを2杯飲んでたから
そんなもんよね。たまに3本目は週をまたいでたけれど。
牛乳は飲まないに越した事ないんだけれどやっぱり朝の準備に欠かせないからね^^;
でもどうせ飲むなら少しはいいものを摂りたいなって思うよねー。

そっかぁ、スーパーにも最近ロングライフおいてあるんだね?
日本は買い溜めの習慣ないのに不思議だねぇ。消費者ニーズとも言うべきかもしれない
けれどどちらかというと企業利益の方が大きいと思うの。低温殺菌牛乳は検査も厳しく
基準も厳しいらしいから質のいい牛乳しか使えないけれど、LLはもうちょっと質落ち
したものでも大丈夫らしいから。。
後はホルモン剤の影響をどう考えるかだよね。。。

お財布が底なしなら迷いもせずとりあえずBIO買っておこうっと。って思うんだけれどね。
その信憑性なんかも考えると色々悩むわ。。。
【2013/07/15 23:27】 URL | petitecoco #-[ 編集]
うちは大人二人なのに一週間で3パック開けるんだけど、以前にcocoちゃんが書いてたのを読んで、それまで何も考えず、安い高温殺菌のを買っていたけど、それからは低温殺菌に変えたよ。今の家の近所のスーパーにはないから週末3本纏め買い。昔中国で賞味期限1ヶ月って表示見て、物凄く驚いたけど、最近は日本のスーパーでも見かけるようになっちゃったもんね。これって後退してるって事かしら。
【2013/07/15 02:29】 URL | M #-[ 編集]
★tonyさん

やっぱり業務用だときちんと在庫確保が出来るLLになるのかもしれない
ですねぇ。
因みにLLの赤キャップはどういう味なんでしょうね?やっぱ違うのかし
ら???

うん、luluママも言ってたけれどフランスでは牛乳が余りすぎてるから
海外から入ってくるわけがないって。(加工品はそうではないと思う
けれど)

東京はマンションが多いからあの朝までエントランスや廊下が明るく
照らされてるのをずらーっと見ると異常だなと思うけれど、それでも
震災のときの節電されて真っ暗な国道を歩いて帰るときとかは不安
だったなぁ。防犯面ではいいかもしれないけれど場所によっては
工夫をした方がいい面は沢山あるよねっ!

【2013/07/12 09:56】 URL | petitecoco #-[ 編集]
私も赤いキャップの冷蔵タイプしか買いません~!

でも仕事で使うのは
基本的にロングライフタイプなことが多い。。。

酪農大国のフランス、
バターやチーズが美味しいので
牛乳もさぞかし美味しいだろうと思っていると
常温の牛乳売り場、本当に驚きますよね~。

でも、LL牛乳が一般的なのは
物を無駄にしない国民性が発揮されているのかな、とも思います。
消費期限が長ければ捨てなくてはいけない分も減るでしょうし…。

パリで暮らし、働いてみると、
お水や電気を大切にする国民性に感心しました。
特に電気。 公共のトイレは基本的に電気消えていますよね。
使う時に使う人が点ける、という。。。
アパートの共用廊下もそう。

それに比べると日本は湯水のように使っていますね。
【2013/07/12 04:04】 URL | tony #mQop/nM.[ 編集]
★もんじちゃん

私も学生時代1年バイトした事あるの、ミスドで!!
なんという奇遇♡

そっか、そう言えばその時は気にしたことなかった
けれど常温で倉庫にたっぷり置いてあったよね。
あれがそうなのねぇ。中身はたしかアルミだったよ
ねぇ。
業者なんかは利便性を考えて使うのは分かるけれど、
一般家庭で必要ないんじゃない?なんて勝手な事
思っちゃう。
イーちゃんは牛乳飲むの?

【2013/07/11 10:24】 URL | petitecoco #-[ 編集]
うちにも丁度おなじ牛乳があるよ~!
常温で保存するやつと比べると、味がやっぱり美味しいよね。
そういえば、高校生の時、ミスドでバイトしてたんだけど、そこの牛乳はこのフランスによくある低温殺菌のやつだったなぁ。
ミスドの牛乳を飲んだことある人は、知らず知らずのうちに、低温殺菌のを飲んでるんだよね・・。
【2013/07/11 08:16】 URL | もんじ #YrGnQh/o[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。