cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

食品の信憑性

日本から食品を持ち帰るとなったとき、自分の持てる重さ
には限りがあるので色々吟味しちゃいますよね。
フランスでも手に入りやすい物は買わないし、重たい
物も避けたい。それで言うと液体物ってかなり躊躇して
しまうけれど、本みりんはお手頃でいい品が手に入り
にくいので買っちゃいましたが醤油は断念。
もうすぐなくなりそうだったけれどリサーチしておいた
のでフランスでそちらを購入することに。
そして購入したのがこれ。
08 003

こちらのメーカーは他にもたまり醤油なんてのも出して
るしアジアン食材ってごっちゃになってなくて日本食材
をメインに扱ってるところ。梅干もありますよー!
原材料を見ていると特に怪しいものはなく強いて言えば
大豆の産地と加工所がどこかという事が気になる。
(問い合わせにも丁寧なお返事を頂きました)

でも明記されてる原材料とか産地とかってメーカーさん
を信用するしかないって事ですよね?
みんなこだわりを持って真剣に買い物してるのにそれを
裏切るような行為ってやっぱり許せないもの。

先日、南仏から来ていたお客さんって言うのはluluの
伯母さん夫婦で夏のヴァカンス時には随分お世話になる
方々なのだけれど彼らは二人揃ってお医者さんです。
食べ物にもそれなりの注意を払ってます。
伯父さんなんかは自分で小さな畑までやって無農薬野菜
作りを以前した経験がある人。
ところが、隣の畑から流れてくる農薬やそれによって汚染
された水に悩まされ有機ってなんだろうね。。。って
しょげてしまったそう。
それ以来、どうしても止められない牛乳に関してはBIO
製品を選ぶけれど、それ以外は都度質のよさそうな物を
見て買うに留めてるそう。

彼らが来る数週間前にcocoも実は同じような事を考えて
ました。きっかけは
フランスで見たニュース2つと日本の1つのニュース。

フランス1)
農薬をばら撒いてる村の子供の髪を検査したところ、国
として禁止されてる7種類もの農薬が検出されたとの事。

フランス2)
BIO商品として市場に出回っている食品を検査したところ
中国や東南アジア・東仏からの食品から農薬が検出された
事。
それを受けてスペイン産などもチェックに入ったところ
見事に検出された。フランス産については書かれてなかっ
たのでこの辺りはグレー。。。

日本1)
有機農産物を販売している会社の商品が実は有機栽培では
無かったという事が判明。
農水省はこの企業に“厳重注意”をしたとの事。

うそついて割高で商品販売していたにも拘らず厳重注意
のみってなにそれ?ですが、全体的に見ると何?ほとんど
がうそばっかり?という感想。
だったら私達が吟味して、それでも健康と節約を天秤に
かけて購入している商品っていったいなんだろう?と
思ってたところにこの伯母さん夫婦のお話。

因みにこれも最近観たニュースだけれど、“天然の鮭”
と記載された商品。この天然ってのは天然の鮭に卵を
生ませ、養殖所育てたものも天然と謳えるそうです。
なんだそりゃ・・・・・・

最近は野菜なんかはcocoも新鮮そうで質のよさそうな
物であればbioだのなんだのとこだわらないようにして
ますが、調味料や加工品なんかはやっぱりまだまだ
記載されているラベルを信じて買うようにしてます。
添加物なんかは極力避けたいところだけれど、これも
キャリーオーバーの仕組みなんかを知るともう何も
買えなくなっちゃうような事実だらけ。
こういう消費者の気持ちを踏みにじるような事して
ほしくないよね。。。







スポンサーサイト

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2014/05/07 21:06】 | 美容と健康 | コメント(6)
<<体調不良 | home/a> | 公園さんぽ>>

コメント

★akikoさん

なるほど。。。明日マルシェの日なので(天気が良ければ)見に行って
今までと違う視点で見てみようと思います!でも直接なのか、単に八百屋さんが
出てきてテント出してるだけかどちらなのかどうやって分かるんでしょうか??

そうそう、乾物や調味料はやっぱり基準のひとつとしてABラベルを選んじゃいます
よねぇ。それでも成分表示を見るしつこさっwww

【2014/05/10 11:31】 URL | petitecoco #-[ 編集]
私もBIOラベルをスーパーで買うのならば、市場で作っている人から直接買う方にプライオリティ置きますねー。
ただ野菜・果物はそれでよくても、乾物とかは難しい、、、
【2014/05/09 20:37】 URL | akiko #-[ 編集]
★mimiちゃん

私が信用してるbioショップの人参は昔の嫌いだった頃の人参の味がして、
カルフールbioの人参は味に大差がない。。。
なんか明確すぎるって思わない~!
もともと人参好きじゃないluluはもっと嫌悪感露で、食べないもんねbio
人参をっ!(こっそりポタージュにしてるけれど)
子供の頃って嫌な野菜だらけで好き嫌いが多くて全然食べなかったけれど
今のものってクセが全然なくて食べやすいよね。味覚が大人になったってのも
あるけれど、野菜そのものも変わってるんだよねー。
栄養価は私達が子供の頃の1/3も無いらしい。。。3倍食べるか。。なわけないね。

リンゴはしっかり皮をむくけれど、皮もないむき出しのレタスとかってやっぱり
考えちゃうよね。。。


【2014/05/08 19:32】 URL | petitecoco #-[ 編集]
★もんじちゃん

へ~?!なんでだろう?疫病とかリスクが大きすぎるからかなぁ?
“作れない”ってのはにわかに信じられないけれどこんなに出回ってる全てが
BIOではないってのは納得!!!細々とやってる農家さんでBIOはありえるような
気がするんだけれど、もんじちゃんも書いてるようにbioって一気に広がったから
吟味が必要だと思うしこんなに手軽な値段で買えないんじゃないの?って思う
のよね、正直なところ。
Rabel Rougeってお肉や卵では見るけれど農作物でもそういうのあるの?
なんかフランス語であれこれ調べられないから情報量が限られるのよね。。。

でも、チキンなんかは私もRabel Rouge買っちゃうなぁ。
食に手厳しくしまりやなluluまでさえも全然味が違うって言うくらいだし
そっちを買うようにしてるよ。。結構割高だけれどブロイラーと比べて値段違う
の当たり前だよねぇなんて。こういうのさえ偽られてたらどうしたらいいんじゃい?
と思っちゃうよね、トホホ。
【2014/05/08 19:27】 URL | petitecoco #-[ 編集]
こういうのって難しいよね。記載しないといくらでも隠せるし。
アグリ系のバイトして思ったんだけど。
たとえば、リンゴ。あれってすごい農薬がついてるの。洗わずに丸かぶりってできないよ。
お家でお野菜作って感じたのは、ニンジンはすごいわかりやすい。土臭さが残ってなんか懐かしい匂いがした。スーパーの人参って匂いないもんねぇ。
【2014/05/07 23:06】 URL | mimi #PgcBToXg[ 編集]
本当かどうかはわからないんだけど、私も人から聞いたことをそのまま言うね。
バイオか何かを研究していた人からの又聞きなんだけど、BIOってやっぱりものによっては怪しいらしいね。特に小麦粉は、BIOで作ることって不可能なんだって。(聞いたままなので、詳しくはわからないんだけど)
それとBIOは広がりすぎてるから、BIOよりはlabel rougeの方が質が安心できるとかなんとか・・。いろんな情報があるから、私も絶対そうって自信を持っては言えないんだけどね。本当に何が正しくて正しくないのか判断するのって難しいよね。
【2014/05/07 23:01】 URL | もんじ #YrGnQh/o[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。