cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

所変われば・・・

写真がないのが本当に残念でなりませんが・・・

フランス生活において“所変われば”なんて何にでも当てはまる
ぐらい色々な違いを発見するけれども、今日も新たな驚きが1つ。

機会ありまして、建設中のアパートを見学してきました。
まだエレベーターも動いておらず、コンクリート打ちっぱなしに
窓がついて雨風はしのいでいる、という様な状態です。
工事の方が作業真っ最中であちこちに木屑やら何かの
カバーを引っぺがしたビニールやら紐やらが散乱。
まぁ、当然の事ですね。

見学のお部屋は6階。日本式に言えば7階を非常階段で
えっちらおっちらと登るのですが・・・
もうギョッとしちゃいました。
もろもろのごみに混ざってタバコのポイ捨て、殻になったタバコ
の箱やお菓子の袋が無造作に。。。
おやおや・・と思いながら目的のお部屋に入ると、飲み残しが
入ったままの1.5Lファンタのペットボトルがごろん。誰かが作業中
に飲んでるというわけではなく、明らかに数日前に飲んでポイ捨て
したなと思われる風でした。

まだまだ工事中ではあるものの、既に各部屋のドア枠のみが
はめ込んである状態なんだけれど、ところどころ浮いてる
つまり、壁とぴったりくっついてなくて、隙間がある所も。
聞くところによるとまだ壁を塗ってないから、との事だけれど
ペンキで埋めるつもりか?!
その他あちこちに???な突っ込みどころ満載です。
何千万も払ってこの仕上がりだと泣いちゃうよねぇ。
luluがこれぞフレンチクオリティと申しておりました。

ちょっと風が強く寒い1日でしたが、バルコンで作業している
方々は大した防寒着を着ているわけでもなく(作業してるから
寒くないのかな?)ヘルメットも軍手もしてなかった。(6階です)
風貌は皆さん東欧系。これは予想ですが皆さん恐らく専門職で
はなく、ブラック(保険なし・法定最低賃金以下)で働いている人
であろうと思います。
同情ではないけれどこういう作業でもしょうがない状態が出来上
がってしまうのかなぁと。
日本にしたって外の工事は日雇労働や季節労働的な場合が
多いだろうけれど、もうちょっとしっかり仕上がってるところを
みると違いはやっぱりあるんだろうなと思います。

実際、現在住んでる我が家は築13年程のアパートですが色々
ガタは来てます。床に埋め込んだ合わせ板はズレが生じて
ぱっかり開いてるところもあるし、キッチンはまっすぐ設置されて
おらずフライパンに油を乗せると向こう側に寄ってしまう
その他設置されてる物置の扉も少し隙間が開くように作られている
けれど上部の隙間と下部の隙間の幅が違うとか。もう笑っちゃう
ような仕上がり。義両親の南の家も確か築6年位だったと
思うけれどあちこちガタが来て大家さん組合で常日頃から見回り
をして都度不動産会社に苦情申し立てをしているようです。

相反して30年前に建てた義両親の家は何一つ問題がない。
建設中の写真を見たことがあるけれど、地元のフランス人業者を
使ったと言っていました。安い労働力とはそういう物なのかな?
今のアパートに入る前に3社リフォーム会社に見積もりをとった
のですがフランスの会社A・東欧人パトロンの会社B・アラブ人のC
を比較したところ、AはCの軽く3倍のお値段でバカンスを取るので
休み明けの1ヶ月後からのスタートといわれ断念。Cはちょっと
胡散臭かったので休みなく働くと言う愛想のよいBにしたところ
がっちり監視しないと大変な目に合う、そう感じた作業でした。
Aを選べば文句もない出来だったかどうかは今となってはわかり
ませんが。。。。

日本では新築を見に行くときはビー玉を持って行き傾きを確認する
なんて読んだ事もあるけれど、そんな事したらここではどこにも
住めないかもね

そう言えば、日本に住んでた頃フランスから来たお友達が、夕方
建設中マンションの前を通ったら作業員の方々が竹ぼうきや放水
をしてお掃除をしていると驚いていたのを思い出しました。
当時はそんな驚く事かねぇと思ったのをふと思い出した日であり
ました。

スポンサーサイト
【2016/01/05 23:48】 | フランス・フランス語・フランス人 | コメント(4)
<<料理熱 | home/a> | 2016年 明けましておめでとうございます>>

コメント

★tonyさん

こちらこそ、改めまして
明けましておめでとうございます。
今年も益々よろしくね。

ほんと、新年と供に一気に冷え込んだね~。朝、マルシェへ
買い物に出かけたんだけれど久しぶりに足の指がしびれるという
感覚を覚えましたよ!
体は・・・風邪はすっかりよくなったんだけれど色々あって
本調子ってわけではないかなぁ。まぁ、徐々にね。
Tonyさんのお引越しが終わる頃には元気になってますよ~、きっと♪
(行く気まんまん)

ちなみに、我が家も端に行くにしたがって床が盛り上がってますよ・・・
湿気とか木が縮むとかそういうの考えて建てられてないんでしょうね
きっと。
【2016/01/08 21:54】 URL | petitecoco #-[ 編集]
★rougeちゃん

意外と古い建物の方がしっかりしてたりするって話らしいよ。
友達夫婦がアパート探してた時にね、不動産屋に1970年代以前の
物件がお勧めですって言われたんだって。つまり40年前程??
もちろんリフォーム大前提の話だけれどね^^;

rougeちゃんは持ち家なんだ?
それならお引越しもそう簡単な話ではないよねぇ。
うちも狭くって・・・まぁ、パリは狭くても頑張ってる家族は
いっぱいいるけれど我が家は特にね。。。そろそろお引越しを
と思ってる矢先で、、の話。
【2016/01/08 21:50】 URL | petitecoco #-[ 編集]
明けましておめでとうございます。

また寒くなりましたね~。
あれからお身体の具合はいかがですか?

私も昨日、建設中のマンションが
ボコボコ建っているところに行く機会があったので
同じようなこと考えましたよ~。

中もそんな感じ(仕事ぶり)だったら
斜めに飛び出たような部分がある独創的な建物なんて本当に怖いですね。
(日本では考えられないような斬新すぎるデザインの建物多くないですか?)

こんど引っ越す新居も
築45年ぐらいの「新建築」なんですけど(笑)
床がまっすぐかどうかと言われると…
ところどころ盛り上がっています。
なかなか平らなところは見つからないですね…。(困)

ローズマリーちゃん、
娘の手の届かないところに置く予定です♪
キッチンに置けたらいいなぁ。。。

cocoさん、遅くなりましたが
本年もよろしくお願いいたします!
【2016/01/08 13:49】 URL | tony #mQop/nM.[ 編集]
そうなの??
家もかなり古いから隙間風はある笑
やっぱり適当建築なんだ。。。
なんとなく想像はつく汗

家の近所の人も暇さえあれば色々リフォームしてるな。やっぱり必要なんだろうね。

家はとにかく広さが足りないから引っ越ししたいけど。やはり売るのは時期とか諸々大変らしく全く話にもならず。とほほ
【2016/01/07 18:40】 URL | rouge #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。