cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

食のバラエティ

先日お昼にご飯を食べて、それが結構余ったので
簡単に味付けをしてファルシにしました。
DSC01982.jpg

ファルシと言えばミンチを詰めるのが一般的であり例に
もれずこちらの家も(作るとしたら)そうなのだけれど
cocoはご飯を詰めた。ソースLoveな仏人の為に肉汁も
出ないので簡単なトマトソースを作って下に敷いてみ
たんだけれど、この1品がまた大変喜ばれて

cocoが何を作っても本当に本当に喜んでくれるので
cocoも嬉しいです。お世話になりっぱなしで自称料理
が好きではないというママちゃんは1日中キッチンに
立ってるんだけれど、cocoが作れば好きな事も出来る
しcocoも時間を持て余してるのでいいかなぁと。
しすぎない程度に参加してます。
何か作ってと言われてもアジアンな物をつくるには
調味料や材料が足り無すぎるしあまり使わないものを
このキッチンにおいて貰うのも忍びない。それで洋食
系が多くなるんだけれどそれでも美味しいと喜んでく
れ、不思議なものに出会った様な表情をする。

cocoからすれば、それはそちらの文化の方が近いの
では???と思うんだけれどそうでもないみたい。
特別お料理好き、色々なお料理にチャレンジしてる
って家は多分そんなに多くはなくて、一般的には
lulu家の様に決まった野菜やお肉を決まったように
焼いたり煮たり。先日常備野菜や常備焼き菓子がある
って言ったけれどそれもここ2ヶ月ずっと同じものを
見てる。なぜか飽きるものではなく何となく食べちゃ
うシンプルなもので良いけれど新しいものは滅多に
登場しないのがcocoには不思議。

日本の家庭だと一般的な家庭なら和食ばかりって事
はないよね?そもそも和食のくくりが既に大きいかも
しれないけれど、もはや国民食のカレーライスに
カレー味の○○とか、中華もかなりの種類が食卓に
登場するだろうしステーキやハンバーグが出る事も
あればこれももはや和食と言えるトンカツなんかも
定番品。頑張る家ならちょっとしたメキシカンとか
スパニッシュ、ロシアンなんかもそう珍しくはない
よね?最近では南アメリカ料理なんてのも流行って
たみたいし。
国際色豊かなフランスだから伯父さんの家に行けば
パートナーがアルジェリア出身なので北アフリカ料理
も出るけれどそれは新しいものにチャレンジしたって
意味ではない。
ヨーロッパは陸続きで文化も入り乱れるのは容易い
事だと思うのになぜ家庭内の食卓はこんなに頑ななん
だろう??
luluに聞いたらそれは家の両親が歳だからだよって。
それでも色んな国の料理を食べに行ってるじゃない?
色んなものにチャレンジしてるみたいし。でも家の
中は別?? 若者の家庭って言ってもcocoの周りで
知る範囲もわりと保守的。同じく外食ならばとても
不思議なものを食べに行く。誰かを招くときはちょっ
と趣向を凝らすって場合はあるけれどねって答え。
何か変わったものを作る必要はなく定番品がやっぱ
り落ち着いていいとかなのかなぁ~?
cocoは毎日和食、毎日イタリアン、とかよりも
今日は揚げ物したから明日は野菜たっぷりスープ
とかしばらく洋食だから久々に中華とか言う具合
にころころ変えるのが好き
単に飽きっぽいだけか・・・
スポンサーサイト

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2013/02/05 23:43】 | 日々のこと | コメント(6)
<<春が来る | home/a> | 便利&無駄>>

コメント

あ、そうそう。lulu家もチャレンジとしてたまに不思議な料理食べに行くけれどそれはレジャーって
感じで、本当に食事を楽しみたいときはフレンチのフルコース。家で食べられない繊細な味と
飾り付けを楽しみに、美味しいワインも発見しつつみたいな。
日本で美味しいもの食べに行こう=お寿司に行こうみたいな感じと同じかな??
P家と同じくちょっと違ったものを家庭でってなるとフランスの地方料理。
う~、やっぱりそういう年代なのかしらねぇ。
私が以前カルボナーラ作ったときそんなの作り方知らないとか、ゴルゴンゾーラパスタ
食べたって言ったらそんなパスタソースが存在するのかとか聞かれたwww
まぁ、パスタに関心ない人だからかも知れないけれど聞いた事もないってのは
さすがにびっくりしたなー。
【2013/02/08 12:03】 URL | petitecoco #-[ 編集]
P家にはそんなに長く滞在した事ないけど見た所ではやっぱり義両親のレパートリーはフレンチの同じようなメニューだな~料理のジャンルが変わるとしたら外国ではなくフランス国内の違う地方の料理になる位な変化。そして外食も大体フレンチだけど家庭では作れないものを食べに行くって感じ。
もうちょっと若い世代(50代くらい?)の家だとカルボナーラとかパエリア位は家庭のメニューで出てきてたかなぁ。
うちの母もやたらチャレンジャーだったよ~幼いころチリコンカーンとか出てきてなんじゃこりゃってなもんだった。。
【2013/02/08 10:58】 URL | caline #-[ 編集]
え???パスタだけ?ソースない??それってバター和えてあったりも
しないって事?????お家によってそれぞれだな・・・
そう、こちらも人が来るときは張り切るんだけれど“人が来た時用”も
レパートリー少ないからみんないつも同じもの食べてるけれど頻繁に
来るわけじゃないから此処にきたらアレが食べられるぅ的なお婆ちゃん
の味的になってると思う。じっくり煮込んであって美味しいし♪
でも常に一緒に居るほうは飽きるぅぅぅ
【2013/02/08 00:58】 URL | petitecoco #-[ 編集]
うちの旦那の実家は、極端だなぁ。
だれも来ない日、マミィが体調悪い、用事があるとかはもうすっごい簡単料理。こっちの人ってパスタはパスタだけしかない。ソースはどこ???みたいな。
でもそれ以外は、結構料理好きマミィはがんばってる気がするなぁ。でも若者が食べるような料理は嫌い。ケバブにハンバーガー。
【2013/02/07 23:30】 URL | mimi #-[ 編集]
あ、範囲広げすぎたね。。。中華、パスタとかその程度もlulu家は無いって事。
たまに登場するパスタは“コキエット(?)”とかいう小さいやつでしかも
フランスのスーパーのブランドもの。全然パスタのうまみがなくてプラスチック
みたいな・・・

お客さんが来るとシュークルーと、ポレンタを食べたいならポテとかの煮物
とかたまに赤肉が必要だと感じれば馬or牛のステーキ、ってくらいでほんと
バリエーションがない。ポテトも好きじゃないみたいで特別な日にしか付け合せ
で出ないのでポテトバリエーションも少ない。ほんとにワンパターンなんだけれ
どこてこてに味付けしないからなぜだか飽きるとかイヤとかいう感じではない
んだよねぇぇ。

ちなみに家の母は手作り大好き派&チャレンジーだから私が実家に居た頃は色々
不思議なものが登場してた。今は父と2人だから割と落ち着いてるけれどそれでも
たまにこれどうやって作ったの??って聞きたくなるようなものもある。
育った環境の違いかね。。。
【2013/02/07 11:30】 URL | petitecoco #-[ 編集]
あ、それうちの父親と祖父母もだよ!多分、luluさんが言ったとおり歳だからってことなんじゃない?
私が実家に住んでいた時は、父があまり新しい物を食べたがらなかったから父がいない時に、よく母と新しい物作って食べてたなー。今は定年して、父が料理を頑張っているみたいだけど(苦笑)
逆にcocoさんちは新しい物とかどんどん開拓するタイプだったの?団塊世代でそれは逆にすごいなって気がする。
と、ここまで書いてブログ読み返したんだけど、もっとluluさん実家の場合は料理の幅が狭いのかな?中華イタリアン和食くらいなら実家でも食べてたなぁ・・・。読解力なく書いたコメントだったらゴメンね。
【2013/02/06 23:32】 URL | もんじ #YrGnQh/o[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。