cocoのこころ~フランス便り
お料理大好き♡頭の中はいつも食べ物の事ばかり!!偏食のフレンチ夫、luluとの日々の生活をご紹介。 料理する事、食べる事を大切に、ゆるぅくナチュラルなものを取り入れながら生活してます。      非公開記事は遠く離れている家族の為に顔写真などを掲載した物になるのでご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

難儀なレストラン選び

1617 001

義両親は常に新しいレストランを探して回っています。
久し振りに南から帰ってきたと思ったらしばらく会ってないから
会いましょうよ~とお誘いを頂きました。
どっちがついでかわからないんだけれど、我が家の近所に行きた
いレストランがあるからそこで待ち合わせしましょうとの事。

何でもミシュランガイドによると、星付レストランから独立した
2人のシェフとパティシエさんが立ち上げたばかりのレストラン
で星獲得も時間の問題だろうと書かれてあったそうな。
luluママはこういうのが大好きで、星を獲得する前に“自分で”
発見しておきたい人。だから早く行かなくっちゃ!!と意気込んで
おりました。
小さなお店なので問題はluluが食べれる物があるかどうかと言う
心配。もともと昼食べない人なのでコース料理なんてムリムリって
感じだったんだけれど、家から近いし行ってみるかという具合で。

本当に小さな店内だけれどcocoの個人的な感想は、清潔にされ
てるし飾りつけもテーブルなどもシンプルで好きな部類。
ただ、先にセッティングされていたカトラリーが安っぽいなぁ。。。

後からやってきた義両親。さっと店内を観察する義母。
あ、ここはダメだわと小さく一言。(え?!)
いつもならお店を出ようという彼女だけれど、この日は義伯母さん
カップルも招待してたので大人しくしてました。パートナーが杖を
持っていたのを察知してとの事。意外と抜かりないのね。

自家製のパンが出され結構美味しくてこちらは満足。
cocoの前菜はホロホロチョウ(pintade)のソーセージ。
1617 002

特にアクセントも無くはんぺんか?って位い。
皆さんは手長海老のスープ。そっちにしておけば良かったと軽く
後悔。海老の香りたっぷりのムースにこれまた濃厚なポタージュ
がたっぷりと。。。

メインはタラ(cabillaud)のグリルとソテーしたフダンソウ(blette)
に暖かいヤギのチーズソース。
1617 004

デザートはこれまたヤギのチーズを使用したNY風の濃厚チーズ
ケーキに軽くグリルしたパイナップルとハイビスカスソース
1617 005

お金の話をするのもなんですが、、、ワインも空けて1人40€近く
の計算です。

写真見てどう思います?
上品過ぎるサイズと大してキレイに飾り付けされたわけでも
ないお皿。メインにはソースもかかってない。オリーブオイルに
塩コショウだけ。
デザートは美味しかったけれど9€でこれか。。。。というもの。

正直レストランは高いもんですよ、特にパリ。
この界隈ならちらほらと美味しいケーキ屋さんは発見できる。
仏人マダムに招待されたってもっとステキなお皿を出してくれる
人もいる。味は美味しいけれど驚きも無い程度。

星獲得とか夢のまた夢でしょうって話。
luluママ曰くあんな小さなキッチンでソースなど作ることも出来な
いでしょうね。暖かく提供されただけでもラッキーだったと思わざる
をえないとかなり辛口評価。
こちらとしては招待してもらって星とか関係なしに美味しい物をご馳
走になったのだからありがとうと御礼をしたのだけれど、あんなお店
に招待したのも恥ずかしいわ、ごめんなさいと何度も謝られた
程。。。こっちが申し訳ないっつーのよ。

cocoはサービスのお姉さんもゆったりしてにこやかだったし
何より手作りとわかるものを美味しく頂いたので良かったけれど
自分ではバカらしくて選ばないだろうなというお店。
これはほーんとに難しいけれど値段と味、サービスのバランス
が取れたお店を見つけるのは至難の技。
冷凍品ではなかっただけでも良かったと思うしかないのかしらね、
今の世の中



【2015/04/04 17:16】 | 外ごはん | コメント(0)

Bo Bun / ボブン

1615 005

ベトナム料理と言えば、しょっちゅうフォーを食べに行くcocoです
が、他のテーブルではボブンとやらを食べてるのをよく見かけ
ます。結構食べてる人も多いし、美味しいのかしらね?と気に
なって以前とある小洒落たベトナム料理のレストランで注文して
みると、美味しくない・・・たっぷりの米から出来た春雨の上に
生のもやし、レタス、砕いたナッツ類、揚春巻きと海老が乗って
おりますが、底のほうにちょっと濃い目のタレがあるだけで一生
懸命まぜても大した量が無いため味もなくもそもそと山盛りの
米春雨を食べるのに苦戦した思い出のみ。
確かお値段13€程だったと。。
失礼な話だけれど、こういうものはもっと大衆的な値段で頂きた
いなぁと思う。たぬきうどんに1500円払うような悲しさ。

この話をお友達にすると、何々安くて美味しい人気のお店が
あるよと教えてもらったので早速わいわいと行って来ました。
それが上の写真。
マリネしたと思われる甘辛くソテーされた牛肉&玉葱と揚春巻き
に、キュウリがトッピング。同じく米春雨の下にはやっぱりもやし
とレタスが。それを付属の甘酸っぱいタレ(写真左)をかけて
まぜまぜして頂きます!

うんま~い
お店の人もとってもにこやかで親切。
待ち合わせは13時半だったけれどずっと席はほぼ満席状態
で、お昼ともなると外まで行列なんだとか。
お値段は6€ちょっとだったはず。
これこれ、こういう値段ですよね、こういう食べ物はさ。
本当にお腹一杯になって夕食もあまり進まないほどでした。
美味しかったのは間違いないんだけれど、自分の好みとして、また
食べに来るか、と言うとどうかな?
う~ん、やっぱりフォーの方を選んじゃうかも♡
でもさ、熱~い季節になったら食べたくなっちゃうかもね。
そもそも熱~い日がパリに来るとまた外食を控えちゃうような
気もするけれど。(過去記事をご覧ください)
【2015/03/14 22:34】 | 外ごはん | コメント(0)

初めてのロシアレストラン

1618 001

本日、初めてロシアン料理を食べてきました。

オススメを確認して、cocoはお昼なので軽くご存知ボルシチと
ピロシキをオーダー。どちらも味付けは優しいのにしっかりと
野菜の旨味があって体も温まりました♡
ピロシキはお肉のではなくキャベツのものがオススメとの事。
しっかりあめ色に炒められたキャベツは玉葱の様に甘くて
美味しかったです

今日の集いは先日終わったクラスのお友達と。
学校が終わったら何だかんだで疎遠になるかなぁ~と思ってい
たけれど、しょっちゅう電話やメールをしてます。
“今日○○とランチ&映画に行くけれど一緒にどう?”とか
“用事でそっちの方に行くけれどお茶でもどう?”とか。それから
“このレシピどう思う?”なんてほんとたわいもない内容で。

今日のレストランはロシア料理に興味深々だった女性が選ん
だお店。愛想ナシだけれど意外と優しいロシアン美女がサービス
してくれました。(多分学生さんかな?)
一緒に行った中にはロシア・ラトヴィア・ウクライナ・モルドバ人
が居てみんなロシア語のメニューが読める!暗い歴史はひとま
ずとして、ロシアの勢力を改めて感じる瞬間でした。

Le restaurant Vatrouchka
145,Boulevard du Montparnasse
75006 Paris
09 84 01 45 19
【2015/03/06 17:20】 | 外ごはん | コメント(0)

らーめん

1522 001

小雨降る肌寒い日にお友達とラーメン食べて来ました
パリにお住まいの方はご存知、こってりで有名なお店です。
今回で三度目!
一度目は大好きな味噌を頼み失敗。相当しょっぱい。
二度目は安定の醤油を頼んだけれど脂を少なめとお願いしたの
に結構乗っていて他のお皿に脂だけ移しながら食べた物。
そして慣れたもので三度目!背脂極少なめでと懇願したらこの
通り
サービスの薄めるスープも頂いて、最後まで美味しく頂きました。
(相変わらずチャーシューはお友達に引き取ってもらったけれど)
日本に住んでた時はラーメン屋さんなんて年に1度行くか行かない
かってくらいだったのに、なんでこっちに来てわざわざチョイスの
少ないラーメン屋さんに行くのか自分でも不思議。
【2015/02/25 09:47】 | 外ごはん | コメント(0)

意外と難しい

揚げ鶏のレモンソース。美味しそうでしょ?
1552 002

牛肉入り焼きそば。これも美味しそうでしょ~?
1552 001

出てきた時は"おっ!"と期待したんですよね~。
近所にあったなんちゃって日本レストランがステキな中華料理
屋さんに変身!内装もなかなかで新しいからか清潔感もある。
お昼も夜もいつも満席だし、外にあるメニューを除いていたらいつも
控えめながら人懐っこい店員さんが声をかけてくる。
でもこのお料理にこの値段かぁぁとちょっと渋る微妙な値段。

お昼はとってもお手頃なので週末にluluと行ってみましたが、
2度目はないなというのが正直なところ。
luluが頼んだレモンソースはなにやら業務用インスタント的なものを
水で溶いたんじゃないかなって想像出来る味だったし、一緒に提供
されるご飯はなべ底とかによくある、コゲではないけれどちょっと色
が付いて硬くなってるところが混ざってて日本人的には気持ち悪い。
(luluも同じくこれキライ)
cocoの焼きそばはまずまずだけれど、たっぷり入った肝心の牛肉
が本当に牛??どこの部位?っていう代物。色的には子牛みたい
でもしかしたらどこか内臓かしら??と気味が悪くなって結局お肉
は全て残しちゃった。

こんなもんか?とはいえなくないけれどこの地区の平均的な値段に
吊り上げてあるので中華街なんかで食べるよりはぐっと高めの設定。

意外と中華レストランが多いパリだけれど味と値段のバランスで、
ここぞ!と思える所は未だに出会ってないなぁ。

スタッフも丁寧な対応で気持ちの良いお店。常連さんらしき人もいる
し、中国好きのちょっとインテリな方々が知った顔で中国人の店員さ
んにあれこれと(答えを知ってて)質問してる話が聞こえてきたり、
中国旅行の思い出話を話していたりと皆さんの欲求を満たしている
お店のようですが、単に舌を満足させたいだけのcocoには物足りな
い結果となりました。

結局家に帰って作った自作の日本人向け中華が一番落ち着けたり
して
久々のマーボーと好みのご飯に舌鼓。
2020 002

今、中国人のお友達からオススメのお手頃中華情報収集中なので
またこのご報告をっ!


【2015/01/31 23:40】 | 外ごはん | コメント(4)
前へ 次へ

プロフィール

金沢出身、フランス暮らしのcocoです。 大好きなお料理や日々の事を綴ります。

petitecoco

Author:petitecoco

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

今日の天気

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。